中川(学芸大学)は小料理のある小さな居酒屋。口は悪いが情に篤い"学大の姐御"が楽しいお店です。

nakagawaの画像

学芸大学駅から徒歩2分。西口を出て線路沿いを五本木方面へ行き、信号を渡った先、学大横丁の対面に中川という居酒屋? 小料理屋? があります。2015年7月4日にオープンしました。再開と言った方が正確かもしれません。

東口商店街に中瀬という居酒屋がありました。もう70年前の話です。その2号店が十字街にでき、これをおばあちゃんが買い取り、なぜか店名を中川とします(お客さんが命名したそう)。おばあちゃんが約45年店を切り盛りし、孫のりえちゃんが引き継いだのが約20年前(2019年時点)。ですから、創業は昭和30年頃(1955年頃)ということになります。

中川があったのは十字街のビル。深夜食堂 きんちゃんも同じビルでした。2014年、建物が取り壊されるに伴い移転を余儀なくされ、店を休むこと約1年、ようやく物件が見つかり、中川が復活します。場所は山もとがあったところです。学大横丁の居酒屋・海の家 あそなる~の前。

そもそもなぜここを知ったかと言いますと、だんだんのとみーさんから教わったから。「中川って店が再開するから、ひろぽん、今度、一緒に行こうよ」なんて誘われていました。だけど、我慢できず一人で訪問w

nakagawaの画像

中川のりえと言えば、学大が地元なら知らない人はいないくらいの方。隣にいたお父さん(御歳78歳)はこんなことを言ってました。

「ここの客で、りえのおしめ替えたという人もいるよ」

生まれた時から学大(&都立大学)。学大の人に愛され育ち、悪ガキになってそこら中を走り回り、大人になったら飲んだくれて、あっちこっちで遊びまわって、中川の客たちはりえの成長をずっと見てきて、そんなりえが店を継ぐ。ああ、なんて素敵。

きんかも行くの? ノブと同級生だよ。美好も? お父さん、ほんといい人だよねえ。信八って知ってる? いっつもオヤジんとこ世話になってんのよ。へー、いろいろ行ってるねぇ。今度、一緒に飲みに行こうよ」

口が悪いというのは自他共に認めてるところw けど、嫌な感じはぜんぜんしません。年下からするといい姐御といった雰囲気です。ご年配方からはかわいがられ、年下からは慕われる。そんな姐さん。そのことが一番よくわかるのがこちら。

nakagawaの画像
nakagawaの画像
nakagawaの画像

店の外にかけられている看板、店内に飾られている灯篭、マドラー、黒板、傘立て、テーブル、椅子、すべてお客さんのお手製です。

「○○が全部作ってくれたんだよ。ごっつい指してんのに細かい作業がほんと上手。その傘立ても作ってくれたんだよ。富田のオヤジ(だんだんのとみーさん)が灯篭を見て気に入って、ウチにも作ってくれってさ(笑)」

それはそれは嬉しそうに話すりえちゃん。いやーわかるなー。この人のために、なんかしてあげよう、そんなことを思わせる姐さんです。

nakagawaの画像

仕事の関係でちょうど一眼レフを持っていたので、いろいろ写真を撮りました。しょせん素人の写真です。だけど、感動して涙を浮かべます。

「なにこれ! ウチ、こんな綺麗なの? ○○に見せたら絶対喜ぶよ! なんか、○○より私の方が嬉しいんだけど」

口の悪い姐御は泣き上戸?w めんどくせー姐さんだw いえ、こんなことを言ってもぜんぜん大丈夫な方なのでw

さて。

nakagawaの画像

飲んでるだけでは申し訳ないし、料理も気になったので、卵焼きを頼みました(もちろん飲みに行くだけでも大丈夫です)。

nakagawaの画像

「普通の家庭料理だよ。甘めだから」

とてもおいしい卵焼きです。撮った写真を見せたら、また大喜び。なんてことをしていたら、娘さんがやって来ました。

「お兄ちゃん、卵焼きも撮ってくれたんだよ」

いつもの調子で酔っ払ってる母親を「はいはい」といった表情で受け流します。かわいい娘さんだ。いや、ほんとかわいい。店を手伝うつもりは一切ないと言い切るあたり、その気の強さ、芯の強さは母親譲りだろうなw

私には地元と呼べるような地元はありません。家族との関係も希薄です。そんな私にとってみると、こういう方々がとてもうらやましい。今度、写真を紙焼きにして持って行こう。

nakagawaの画像

「中川行ってきましたよ」

とみーさんに報告しにだんだんへ行きました。するとお母さんもいて、家族4人が勢ぞろい。お兄ちゃんの誕生日だったのです。家族水いらずの場に、なんて間の悪い……。

「ひろぽんはいいんだよ。飲んでいきなよ」

オヤジの特別な料理、ケーキもごちそうになり、2軒連続で家族の温かさを感じさせてもらいました。いいなぁ、こういうの。こっちが涙出そうだw

nakagawaの画像

その後、幾度となく足を運んでいます。

nakagawaの画像
一番奥はりえちゃんの長男

人を連れて行くこともしばしばで、楽しい、面白いとハマる奴が続出。その内の一人が後藤建築工房(下馬)の後藤大一郎。りえちゃんの気の強さ、口の悪さはこういう職人たちにもっともウケるのかもねw

nakagawaの画像
nakagawaの画像
nakagawaの画像

辛めの濃厚なカレー、ピリ辛のナス豚味噌炒め。何気に料理がうまい。

「りえちゃん、おいしいね。料理屋みたい」

料理屋だよ!という返しを期待してたのに、「ああ、そう?」だって。照れちゃってるw 俺に対してはなんだか妙に優しいんだよなぁw

nakagawaの画像

「あははは! 私より口が悪い人、初めて見た!」

と連れてったエリィもお気に入り。

「このテーブル、家の居間みたいで面白いねぇ」

nakagawaの画像
nakagawaの画像
nakagawaの画像

なんてことはない家庭料理の店。ワシワシ食うような店ではありません。酒だってそんなに種類はない。でも、とにかく面白い。最高。まあ学大に住んでいるなら、一度は中川に寄って、"学大の姐御"に挨拶でもしなされ。

DATA
店名中川
住所東京都目黒区鷹番3-9-6
営業時間16:30~23:30
定休日日曜日

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ