野菜巻き串 薄田商店(学芸大学)はボリューミーな野菜巻き串とホロホロジューシーなゆでタンが名物のてっぺん系居酒屋

学芸大学駅から徒歩30秒。東口を出てすぐ右に折れると、薄田商店(すすきだしょうてん)という野菜巻き串の居酒屋があります。中華料理店・二葉の先です。2019年11月11日にオープンしました。運営しているのは株式会社・・・

酉の市/とりのいち(武蔵小山)は怪しさ漂う焼き鳥屋。けど、おいしい料理、素敵なスタッフ、楽しい雰囲気は飲んべぇの心を鷲づかみにします。

武蔵小山駅から徒歩5分。パルム商店街のMARUSEI(丸清)のある角を左折すると……。私が武蔵小山で一番気になっていた店。いつか来てみたいとずっと思っていた店。焼き鳥屋・酉の市(とりのいち)。おそらく2014・・・

大衆酒場レインカラー(学芸大学)は熊料理や鹿ハンバーグもある舞台のような魅せる酒場。計算され尽した料理の数々に驚きの連続でした。

学芸大学駅から徒歩2分。西口商店街の一本裏手、飲食店が軒を連ねる裏路地に大衆酒場レインカラーというお店があります。ワイン食堂レインカラーの2号店です。店主は手島義朋さん。愛称・てっしー。2019年9月20日にオープン・・・

居酒屋まんぼう(学芸大学)の温もりのある肴と人。繊細さと大胆さのメリハリがある料理はどれもおいしく、瑞々しさを残した上品なアジフライが絶品でした。

静かな路地に灯るふたつの提灯。いい風情。学芸大学駅から徒歩3分。西口商店街の裏手に居酒屋まんぼうというお店があります。2019年9月8日にオープンしました。もともとはスタンドバインミーがあった物件です(スタン・・・

壱福商店(学芸大学)は昭和レトロな雰囲気のちょっとしたつまみがある飲み屋さん。駄菓子バーのような感じです。

学芸大学駅から徒歩2分。東口を出てすぐの恭文堂書店を曲がった筋に昭和ノスタルジック広場 壱福商店(いっぷくしょうてん)というお店があります。2019年7月13日にオープンしました。隣はやばい定食屋・ねこにこばん。・・・

焼酎Snack 桜島ノ寅(学芸大学)は圧倒されるほど種類豊富な鹿児島芋焼酎専門の焼酎バー。芋焼酎ブームをけん引してきた焼酎バーが学大に復活!

学芸大学駅から徒歩5分。駒沢通り沿い、ライブハウス・メイプルハウスのあるビルの1階に焼酎Snack 桜島ノ寅(さくらじまのとら)というお店があります。2019年5月1日にオープンしたのですが、本格的に営業を開始したの・・・

創作居酒屋 月とかえるのルフラン(学芸大学)~トラディショナルでオーソドックス。ここは"今どき"が苦手な酔いどれ共でも安心して帰って来られる酒源(みなもと)

学芸大学駅から徒歩1分。西口の日高屋を曲がった先に創作居酒屋 月とかえるというお店があります。東口商店街にある下町もんじゃ焼 らくらく(オーナー・柳楽詠人/なぎらえいと)の姉妹店です。2019年6月9日にオープンしま・・・

酒場 浮雲(学芸大学)は和洋、もつ煮と何でもあるふわふわとした白い雲のようなオシャレな居酒屋で、ふわふわとした気分に浸れます。というのは隠れ蓑。浮雲ではぐらかされているのですよ。本当は。

急な階段の先にはいい店があります。立地がいいとは言えない場所でもやれるということは、それだけ実力がある、人気があるということだから。経験的に見てもそうです。急な階段ですぐに思い出すのは、新宿のレンピッカ。学芸大学・・・

ま・めぞん(学芸大学)は名物・さんまライスロールが絶品!手打ちそばを食べれば、どの料理にも丁寧な仕事が施されていることがよくわかります

料理を見ただけでどの店かがわかる。そんな料理を持つ店はいい店です。大きな玉子焼きを見ればさいとう屋だとわかる。ランチの前菜を見ればSTELLA(ステラ)とわかる。ばんに至ってはレモンだけでわかる。そして、さんまが・・・

酒場 鳩乃湯/はとのゆ(学芸大学)の肴は日本酒が進み、オシャレな空間は軽やかで、どんな人でも行きやすい居酒屋です~学大の中目化・クセがないラムカツの必要性

わかる人にはわかるという程度のシニカルな言葉を紛れ込ませることになるかもしれない。そう思いながら扉を開けたのですが、私が負けました。だから罰を受けることにしました。学芸大学駅から徒歩2分。西口方面のバス通り沿・・・