かしわや 学芸大学店の春菊天もりそばはサクサク食感がたまらない。カツカレーは深くてスパイシー。チェーン店と侮れない見事な料理でした

学芸大学駅から徒歩1分。東口商店街沿いに立ち食いそば・うどん店「かしわや 学芸大学店」があります。2006年にオープンしました。運営は株式会社柏屋倉石商店(通称:かしわやグループ)。かしわやは鹿島田(1962年~・・・

名代 富士そば 学芸大学駅前店の無慈悲なかつ丼セットは酔っ払いに回避不能/富士そばの歴史、富士そばの外観が物語ること

学芸大学で飲み歩いていると、名代 富士そば 学芸大学駅前店の話がよく出てきます。東口商店街の立ち食いそば・かしわやの名前とともにw 駅前に富士そばができたことで、かしわやがやばいんじゃないかと。どうでしょうね。・・・

「千本ラブ」(学芸大学)の京都串カツは衣にダシがきいていて薄めで上品。一品料理はどれも味付けが濃い目。自分で作るポテサラがおいしかったです。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街方面の十字街に「千本ラブ」という串カツをメインとした居酒屋があります。2018年8月8日にオープンしました。中目黒の居酒屋・京家 KARASUMA(EXILE TRIBE STATI・・・

「福長(ふくなが)」(都立大学/柿の木坂)のとんかつは上品で繊細。丁寧に仕事が施されたロースかつは柔らかく、シャキシャキのキャベツもおいしかったです。

目黒通りの都立大学駅前交差点から北へ伸びる、環七・野沢交差点へと続く道は柿の木坂通りと呼ばれています。都立大学駅前からパーシモンあたりまでは飲食店を含む商店が軒を連ねていますが、パーシモンを越えた先は基本的に何もありませ・・・

「市川精肉店(中村屋食品センター内)」(学芸大学・祐天寺)のとんかつも煮物もコロッケも本物。弁当の域を越えたごまかさない料理は下馬の人々を魅了する宇宙です/絶滅寸前の昭和のストアー

「行きたい店リスト(行ってない店リスト)」を作ってます。店名を羅列しただけのリストですが、外食はできるだけここから選ぼうとしています。今回の昼食もリスト中の一軒。学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。東京学芸大学・・・

昭和39年創業「ふらい亭」(駒大・学大・三茶)のとんかつはザクッとした衣、しっとり柔らかい肉が絶品で、オリジナルソースが絶妙です~とんかつ、ライス、キャベツの幸せな三角関係

駒沢大学駅から徒歩約15分。学芸大学駅、三軒茶屋駅からは20分ほどでしょうか。龍雲寺通り沿いの龍雲寺前に「ふらい亭」というとんかつ屋があります。無性にとんかつが食べたくなったので行ってきました。約2年ぶり、2度目の訪・・・

「串カツ田中 学芸大店」(学芸大学)で串カツを腹いっぱい食おう!キャベツは取り皿に敷くべし!~キャンペーンがあれば串カツ全品100円だって!

学芸大学駅から徒歩5分。バス通りを抜けた先、駒沢通り沿いにある「串カツ田中 学芸大店」。「串カツ田中」を大規模フランチャイズ展開している(株)串カツ田中(旧(株)ノート)にとって、この学芸大店はFC1号店です。どうで・・・

学芸大学のとんかつ屋「かつよし」が刻むビートは、とんかつの喜びを表しています~「とんき」風のちょっと変わったとんかつは「アンパンマンのマーチ」で食うべし

程度と具合にもよりますが、二日酔いの日は無性に濃いものが食べたくなります。家系ラーメン、カレー、あるいはとんかつ。というわけで、前日の飲み過ぎを少々反省しつつ、学芸大学の「とんかつ専門店 かつよし」に行きました。・・・

とんかつ屋「勝よし」(西小山・学芸大学・武蔵小山)のオーソドックスなとんかつは地域に愛され続けていました~中華「ハルピン」前の妙なカーブの謎

もう、このまま終わっちゃうのかな。そう思いつつ、通るたびに開くことのないシャッターを見つめていたとんかつ屋「勝よし」。ところがある日、店の前を通りかかると……。おおおお。これは! もちろん行きました。初日に。・・・

西小山の「とんかつ 豚豚(とんとん)」はすべてがピッカピカで、とんかつもキャベツもすべてがおいしく、お父さんの顔もおいしそうでした

なんて楽しい西小山。今日も今日とて西小山。前から気になっていたとんかつ屋さんに行ってみました。西小山駅のロータリーから伸びる細い道を真っ直ぐ行くと「とんかつ 豚豚(とんとん)」があります。優しい笑顔のお父さんは顔・・・