3DEUX1/トロワドゥアン(学芸大学)の20種の具材から自分で選べるカスタムサンドウィッチはオシャレで本格的! - 肝臓公司(かんぞうこうし)

肝臓公司ロゴ

3DEUX1/トロワドゥアン(学芸大学)の20種の具材から自分で選べるカスタムサンドウィッチはオシャレで本格的!

3DEUX1(トロワドゥアン)のオシャレなサンドウィッチ

20種の具材から選ぶカスタムサンドウィッチ

3deux1の画像

学芸大学駅から徒歩1分。西口を出てすぐ右手に進み、ファミリーマートの角を曲がった先に3DEUX1(トロワドゥアン)というカスタムサンドウィッチのお店があります。東軒の向かいの路地です。2022年6月10日にオープンしました。

3deux1の画像

オーナーはネイルサロン・Nailsalon Torico(都立大学)代表の森京子さん。シェフはBALCÓN TOKYO(運営:zetton)で総料理長を務めていた植田篤さん。

3deux1の画像 3deux1の画像

バレエで「アン・ドゥ・トロワ」と言いますよね。店名の3DEUX1(トロワドゥアン)はそれと同じ。フランス語で3・2・1という意味です。ということは、さん・ドゥ・いち。サンドウィッチ。ダジャレです。ほんとにw

3deux1の画像 3deux1の画像

基本的にはテイクアウト。小さなテーブル席も1つあるのでイートインもできます(オープン直後はテイクアウトのみ)。

3deux1の画像 3deux1の画像

サンドウィッチは20種の具材から2種を選びます。すべてにレタス・トマト・マスタードバターが入るのですが、これに限らず、苦手なものがあれば抜いてもらえますし、逆に「こういうのがいい」「これが好き」と言えば、それに合わせて作ってもらえます。

料金は2つの合計ではなく高い方。たとえば、チキンオリジナルラグー(1350円)と赤玉ねぎのアチャール(800円)を選んだら1350円です。

最初に丁寧に説明してくれるのでご心配なく。

3deux1の画像

サンドウィッチのほかにもクリスピーフライドポテト、コンビネーションサラダ、ベジブロスミネストローネ、コーンポタージュ、そしてドリンクも。

※オープン直後の値段表記は税抜になっています。イートイン・テイクアウトの両方があるので表記が面倒なんですよね。この辺りは今後、ちゃんと表記してくれるはずです(オーナーさんもそうおっしゃってました)

3deux1の画像 3deux1の画像 3deux1の画像 3deux1の画像 3deux1の画像

ケース内に具材が並んでいて、それぞれの説明もあります。これらを眺めながら、いろいろ考えるのも楽しいでしょうね。

ただ、私は来る前から決めていました。ラムバーグパティ スパイスデュカと茄子のマリネ ババガヌーシュ。なぜなら一番好きな肉が羊、一番好きな野菜がナスだから。

調理工程を見てるだけでワクワク

3deux1の画像 3deux1の画像

オーダーが入ると、ひとつひとつ作っていきます。パンはその日のパンによって、あるいは具材によっても(?)、焼いたり焼かなかったりするようです。もちろんこちらの要望も聞いてもらえると思います。

3deux1の画像 3deux1の画像 3deux1の画像

ペーパーで包み、ナイフが入り、パカッ。できあがりを見せてもらえると気分が上がります。

3deux1の画像

「お二人はどういうつながりなんですか?」

「私(森さん)が食べに行ってたんです」

「で、引き抜いたと?」

「はい。うまくいきました(笑)」

少し話をさせて頂いただけですが、お二人とも明るくて親しみやすいお人柄でした。

3deux1の画像

会計は1600円×1.08=1728円。

オープン日は「バーコード決済がまだ準備が整っておりません。各種クレジット、交通系電子マネー、QUICPay、IDはご利用できます」とのことでした。

オシャレで本格的なサンドウィッチ

3deux1の画像

かわいい紙袋。植田さんがモチーフなんだとか。実物はお若いですけどねw

3deux1の画像

サンドウィッチはこんなケースに入れられています。

3deux1の画像

この配色は妖艶。

3deux1の画像

適当にサラダとスープを作ってランチ。

3deux1の画像

ラムバーグパティは子羊の肩ロース肉のハンバーグ。ミント、タイム、中東・北アフリカのミックススパイス・デュカが使われています。

茄子のマリネ ババガヌーシュは赤ワインビネガーでマリネした茄子とババガヌーシュ。ババガヌーシュはレバント地方などで食べられる、潰した焼き茄子・ごま・ハーブなどを合わせた前菜。

ふわりとエスニックな香りが漂います。ただ、そこまで強くはありません。広く受け入れられるであろう具合のスパイス感でしょう。しっかりとした塩味に支えられたラムはしっとり。クセはさほど強くないので、こちらも万人ウケしそうな味わいです。

ラム・スパイス・ハーブのエキゾチックな風味、トマトの酸味、シャクっとしたレタス、ふんわりみっちりで甘いパン。さまざまな味・香り・食感が折り重なり、食べていて楽しい一品に仕上がっています。いやー、おいしいなぁ。

私の好みとしては、マトンも大好きなので羊がもっとガッツリ感じられて、スパイスもハーブもききまくっていたほうがいいのですが、店で出すとしたら、この加減が正解なのかもしれません。

いずれにせよ、まだ初日ですから、客の反応を見て変えていくこともあるでしょうね。

3deux1の画像

ペーパーを開きながら食べられるので、手は汚れません。また、具材がポロポロとこぼれることもありません。食べやすいです。

一人で全部を食べられる量でした。ですが、サラダやスープをつけたら半分でもよかったです。何かを付け加えて、サンドウィッチは二人でシェア、でもいいかもしれません(私はそうしました)。

3deux1の画像

クオリティに見合った値段ではあるのでしょうけど、私にとっては高いかな。毎日でも食べたいくらいおいしいですが、毎日は買えないw ただ、いまのこの街にあっては、これくらいの価格も受け入れられるのかもしれません。隣にできた2軒と同じように。

3deux1の画像

手のかかった本格的な具材で作られる、オシャレで贅沢なカスタムサンドウィッチ。とてもおいしかったです。学大の名物テイクアウトになるといいですね。

DATA
店名3DEUX1(トロワドゥアン)
住所東京都目黒区鷹番3-8-10 第1寿美吉ビル103
電話番号03-6712-2262
営業時間8:00~21:00
※パンがなくなり次第終了
URLインスタグラム