沖縄料理やハワイ料理もある居酒屋「海の家 あそなる~」(学芸大学)は先代を上手に引き継いで元気にやってます。阿蘇のおいしい料理もそのまま!~好運な二代目になるための条件

学芸大学で長年親しまれてきた居酒屋「阿蘇」が2015年12月に閉店。2016年2月8日、大将の娘さんたちが同じ場所で「海の家 あそなる~」というお店をオープンさせました。オープン直後は「阿蘇」時代の常連さんたちでごったがえすでしょうから、少し間を置いて行ってみました。

asonaruの画像

学芸大学駅から徒歩2分ほど。線路下の学大横丁に「あそなる~」があります。

asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像

店内は「阿蘇」とほぼ同じ。変わったと言えば、テーブル席がひとつなくなり、南国風の装飾が施されていることでしょうか。

asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像
asonaruの画像

メニューがとてつもなく多いです。「阿蘇」テイストを引き継いでいる居酒屋メニューが7割、沖縄料理、ハワイ料理が3割。沖縄料理もある居酒屋というのが一番正確かもしれません。娘さんが南国が好きなんでしょうね。

asonaruの画像

お通しは海ぶどう。さすがにずっとこうではないでしょう。オープン間もないので、ちょいと奮発しているんじゃないでしょうかw

オープン記念で最初の一杯は無料。レモンサワーを頂きました。

asonaruの画像

おおう。こうやって出てくるんだ。中をおかわりする系? けど、無料なのに中を追加するってのもあれなので、これはこれで飲みきることにしました。

まずは新メニューと前から引き継いでいるであろうメニューをお願いしました。

asonaruの画像

ミミガー(ごま油)とポテトサラダ。うん、このポテサラは「阿蘇」と同じだ。念のため、自分のブログで写真を確認して……。

「ポテサラは前と同じだね」

偶然にもこのタイミングでカウンターの常連さんが娘さんにそう言いました。ほら、やっぱりねw このポテサラおいしいんだよなぁ。ミミガーもたっぷり、ガッツリでおいしいです。

ちなみに、つまみ系は少量ずつを3点盛りにしてもらえます。一人客には嬉しいですね。

asonaruの画像

続いてゴーヤチャンプル。こちらも味付けがしっかりしていてとてもおいしい。

と、ここでお隣さんがこんなことを。

「海老のタルタルフリットお願い」

相方と目が合います。なんですと!? そんな魅惑的メニューがあったとですか! すぐに注文を重ねるのはちょっと恥ずかしい。しばらく時間を置いてこちらも海老タルタルをお願いしました。

さて、続いては定点観測・アンチョビキャベツ。

asonaruの画像

煮ジルのが一番好きかな」

と相方。

「いや、うまいけどさ、あれは手のかけ方が違うから、比較するのはどうかねぇ。俺はNOSSOも捨てがたいけど、チャランかなぁ」

シンプルであるがゆえに、店によって差が出るアンチョビキャベツ。面白い料理ですね。

海老のタルタルフリットが出てくるので、もう一杯飲みましょうか。

asonaruの画像

ハワイ、コナビールの「BIG WAVE GOLDEN ALE(ビッグウェーブ・ゴールデンエール)」。初めて飲んだ。うまーい。

隣のテーブルの常連さんが、娘さんと話をしています。

「あそなる~ってどういう意味?」

これまたナイスなタイミング! お父さん、サンキュ! 俺も知りたかった!

「あそは前の店でしょ。ナルはハワイ語で波。活気があって波を起こすようなお店になればいいなぁと思って」

へー、そういうことなんだ。なるほど~。つーか、海老まだかな?w

「海老のタルタルフリット入ってます?」

「出てないですか? すみません! 今すぐ! 大丈夫ですか?」

「ええ、ぜんぜん。大丈夫ですよ」

「すぐ忘れちゃうんです。すみません、遅いって遠慮なく言って下さいね」

「はい(笑)」

隣とこちらで連続して海老タルタルが入ったから、これは勘違いしてしまうかもですよね。あるあるw

asonaruの画像

待たせたお詫びにとビールを一杯頂きました。プリプリの海老フリットもうま~。

asonaruの画像
asonaruの画像

別日に食べた天然ぶり刺し、アジ刺し。どちらも立派! もちろんうまい。魚がうまいのは前店同様。

asonaruの画像

その日はいらっしゃいませんでしたが、お姉さんも引き続き働いているそうです。お母さんもいます。お父さんだけが客になったとのことw

学芸大学で二代目が引き継いだ店と言えば、「彦市」「久慈川」あたりを思い出します。「あそなる~」も同様ですが、誤解を恐れずに言えば、好運だなぁと。先代と重なる期間が十分あって、常連さんがついてきてくれて、ずっと地元で、比較的小箱で家賃がバカ高くなくて。こういう条件が揃っていると、うまく代変わりできるんじゃないでしょうか。

もちろん、運だけじゃないですけどね。「阿蘇」的メニューもしっかり引き継ぐことで、これまでの常連さんにも来てもらいやすくするなど、各所に工夫が見て取れます。

上手に変貌を遂げた「あそなる~」。「阿蘇」に行ったことのある方もない方も、きっと満足できるはず。ぜひ一度、足を運んでみて下さい。おいしいですよ~。

DATA
店名海の家 あそなる~
住所東京都目黒区鷹番2-21-15 学大横丁
電話番号03-5721-6054

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ