肝臓公司ロゴ

島原手延素麺(島原天満屋)は穏やかな弾力が心地いい、温もりを感じさせてくれる素麺でした~素麺組合の話、島原天満手延素麺協同組合の解散と島原天満屋・堀田製麺

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

島原天満屋(長崎県南島原市)の島原手延素麺。スーパーつかさ(学芸大学・祐天寺)で購入しました。198円/300gと、手延べそうめんとしては安いです。

島原天満屋は株式会社三輪そうめん大手(奈良県)の”グループ会社”らしいのですが、この件に関してはのちほど。

※「大手」は代表者の姓。「三輪そうめん大手」が会社名

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

開封。甘い小麦の香りがします。茹で時間は1分30秒~2分30秒と表記されているのですが、1分30秒でつまんだところ、まだ粉っぽさが残っていたので、2分ゆでました。

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像 %e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

ムニッ、プリッとした穏やかな弾力。私好みのコシ・歯切れではないのですが、温もりを感じさせてくれるそうめんです。

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

このクオリティで200円以下というのは、消費者としては嬉しいのですが、どうなんでしょう。安すぎる気もしなくはなく。市場原理で致し方のない部分もあるのでしょうね。

いずれにせよ、とてもコスパの高い素麺だと思います。

DATA
名称島原手延素麺
原材料名小麦粉、食塩、食用植物油、澱粉
製造者島原天満屋株式会社
評価★★★★☆

島原天満手延素麺協同組合の解散と島原天満屋・堀田製麺

素麺組合とは

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

そうめんを語る上で欠かせないのが素麺組合です。日本全国に素麺組合があり、素麺組合が素麺の”製造者”となっています。いったいなぜ素麺は組合によって管理されているのでしょう。

素麺組合について書き出すと、素麺の歴史から見ていかなければいけなくなり、とてつもなく長くなってしまいます(そうめん座、素麺公事などなど)。ですから、ざっくりと現在の素麺組合の存在意義のみご紹介します。

すべての素麺組合がこうとは限りませんが、おそらく多くの素麺組合は次のような理由から組織されています。

手延べそうめんの生産者(製造業者・製麺所)は家族経営的に小規模で営まれていることも多く、単独で原材料を仕入れたり、自商品を市場に流通させるのが困難なのです。少し具体的に考えてみましょう。

たとえば、単独では100のそうめんしか生産できないとします。スーパーとしては100のそうめんを100の生産者から仕入れるよりも、1万のそうめんを1生産者から仕入れたほうが楽ですよね。100ではなかなか扱ってもらえません。

あるいは、100しか作れない場合と1万作れる場合の原材料費を比べると、後者のほうが安くなります。いわゆるスケールメリットというやつです。消費者はそうめん=安いというイメージを持っていますから、商品価格を抑えるためにも、できるだけ原材料費を低くしたい。

などといった理由から、単独で生産するのではなく、同業が集い組合を作り、原材料をたくさん仕入れ、商品をたくさん出荷できるようにしている、というわけです。

みなさんご存じの揖保乃糸も組合制で生産されています。400以上の組合員が兵庫県手延素麺協同組合に所属し、厳格なレギュレーションを設けて同一の素麺(=揖保乃糸)を生産。これを組合の倉庫で管理し、全国へと流通させています。

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

もちろん、単独でそうめんを製造・販売している業者もたくさんあります(A)。また、組合に所属し、組合用のそうめんを作りつつ、オリジナルのそうめんも作り、独自に販売している業者もたくさんあります(C)。

関連リンク/日本手延素麺協同組合連合会

解散した島原天満手延素麺協同組合のその後

島原天満手延素麺協同組合もそんな素麺組合のひとつです。いや、ひとつでした。2019年に同組合は解散したのです。何かしらのことで生産者同士のコンセンサスが取れなくなってきたから、というのが一般的によくあるパターンですが、解散理由は不明です。

解散後、同組合に所属していた各生産者は、場合によっては複数が集い、あるいは単独で独自にそうめんを作り、販売(卸し)しているのだと思われます。もしかしたら他の組合に所属するようになった生産者もいるかもしれません。

堀田製麺と島原天満屋

そもそも、なぜこんなことを書いているかというと、事の発端はこちらです。

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

スーパー三和(祐天寺)で売られている島原手延そうめん。島原天満手延素麺協同組合のそうめんのはずなのですが、先日、商品棚を見てみたら、製造者が島原天満屋となっていました。これはどういうことでしょう。島原天満手延素麺協同組合の電話番号をネットで調べてかけてみたところ、島原天満手延素麺協同組合が昨年(2019年)に解散したということが判明しました。

では、島原天満屋とは?

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

島原天満屋は2019年10月に設立されました。島原天満屋の所在地は、

長崎県南島原市有家町蒲河348-1

この住所は有限会社堀田製麺の住所でもあります。島原天満屋は実質的に堀田製麺なのでしょう。もしかしたら複数の生産者が参画しているのかもしれませんが。

%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e6%89%8b%e5%bb%b6%e7%b4%a0%e9%ba%ba%ef%bc%88%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e6%ba%80%e5%b1%8b%ef%bc%89の画像

なお、似たようなことがドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」のそうめん、島原手延素麺(以下、ドンキ素麺)にもありました。このそうめんの販売者は有限会社葵フーズ(愛知県豊川市)なのですが、その所在地も表示上は長崎県南島原市有家町蒲河348-1となっています。もちろんこれは堀田製麺の住所。

消費者の立場からすると、堀田製麺という社名を目にする機会はほとんどないのですが、知らない内に堀田製麺の製品を食べていたということもあるんでしょうね。

それにしても何が面白いって、ドンキ素麺も、島原手延そうめんも、この島原手延素麺もとにかくよく似てるんです。同じ製造者ならさもありなんw

最後に、三輪そうめん大手と島原天満屋が”グループ会社”というのも興味深い。ちなみに三輪そうめん大手は島原産のそうめんも販売しています。三輪そうめん大手に限らず、三輪と島原はそうめん産業において非常に強いつながりがあるのです。詳細は以下の記事の後半部分をどうぞ。かつて産地偽装が問題になったとかそんな話です。

記事のシェアはこちらから