肝臓公司ロゴ

ドン・キホーテのプライベートブランド素麺「島原手延素麺」はお見事!うまい!

donkihote-somenの画像

ドン・キホーテのプライベートブランド(PB)「情熱価格」の素麺です。販売者は葵フーズ。製造者に関しては後述します。

初めて食べたのは2012年、2013年頃。以来、3度食べたのですが、この記事は初出を改稿しています。

donkihote-somenの画像 donkihote-somenの画像 donkihote-somenの画像

私が初めて食べた時のパッケージには「国内産小麦使用」と書かれていましたが、2021年に購入したパッケージには「独自の小麦粉を使用」と書かれています。私は国内産だからいい、外国産が悪いとは思っていません。また、単純に原価/源材料費を抑えんがために産地を変えたとも思っていません。このあたりのことも製造者の話につながることなので後ほどまた。

donkihote-somenの画像

開封。香りは穏やか。麺の太さにばらつきがあります。少し太かったり、なんならフシ麺のような形状をしていたり、平べったかったり。ただ、これは決して悪いことではありません。むしろ手延べらしさを感じさせてくれて、私は好きです。

茹で時間の表記は「約2分~2分半」。以前は1分30秒弱がベストと感じたのですが、今回はそれでは少し足りなそうだったので2分茹でました。

donkihote-somenの画像

光沢がきれいなそうめんです。

donkihote-somenの画像

プニプツとした歯切れ、ツルツルとした舌触りは以前と同様。風味のよさも以前と変わらず。そばのように麺の先を少しツユにつけるだけで十分でした。

穏やかで食べやすい、とてもおいしいそうめんでした。

ドンキPBそうめんの製造者

donkihote-somenの画像

先述の通り、私はドンキPBそうめんを3度食べたのですが(2012年、2018年、2021年)、おそらく3度とも製造者/製造所が異なります。

初めて買った時の製造所固有記号はASでした。製造所住所は有限会社たなか物産の住所。たなか物産はそうめんの販売をしている会社で、当サイトにもたびたび登場します。

2度目に買った時の製造所固有記号はAH。有限会社堀田製麺の住所でした。

3度目に買った時の製造所固有記号はK。住所は有限会社たなか物産(長崎県南島原市西有家町須川2835-2)。

考えられるのは2つのパターン。まず、年(?)によって製造者が変わっているという可能性(葵フーズが発注先を変えている)。次に、葵フーズが複数の製造者に発注しているという可能性もあります。

私の想像では後者かな、と。小麦産地の表記が変わっているのも、製造者が変わっているor複数あるからかも?

私はほとんどわかりませんでしたが、製造者が変わって味も変わっているかもしれません。ただ、記憶している限りは大きな変化は感じられませんでした。おそらく、多少の幅はあるにせよ、今後も平均しておいしいそうめんを提供してくれることでしょう。

ドンキPBの島原手延素麺、おすすめです。

DATA
名称島原手延素麺
原材料名小麦粉、食塩、食用植物油、でん粉
販売者有限会社葵フーズAS/AH/K
評価★★★★☆

記事のシェアはこちらから