「島の光」は小豆島を代表する素麺ブランドで、味わいは優しくてさっぱり。赤帯と黒帯の違いって何だ?両者を食べ比べてみた

小豆島のそうめんの歴史と特徴素麺三大産地にも数えられる小豆島(香川県)。三輪(奈良県桜井市)から素麺の製法が伝わったのは約400年前、江戸時代です。以来、小豆島で素麺が作られ続けてきたのですが、小豆島の素麺の特徴はご・・・

大門素麺(おおかどそうめん)は小麦の風味が豊かな長い丸まげ素麺。末永次八の青、となみ野農業協同組合の白、両者を食べ比べてみた。

一度食べてみたかった大門素麺(おおかどそうめん)。富山県砺波市大門(となみしおおかど)の素麺です。日本各地の名産を扱う店やこだわり系の食材店などで、たまーに白(後述)を見かけますが、なかなかないので、そして青・・・

ファミリーマートの「のどごし自慢のそうめん」(製造:石丸製麺)はもったりしていてコシはゼロ。コンビニプライベートブランド素麺はひどいという確信が得られました

ファミリーマートのプライベートブランド・ファミリーマートコレクション(ファミコレ)の素麺「のどごし自慢のそうめん」(183円)。ファミリーマートと石丸製麺(高松市)の共同開発商品です。同シリーズにはうどん、そば、・・・

「手打風そうめん」(スナオシ)は素麺らしくないプリッとした弾力で、細いうどんのようでした~手打ち/手打ち風そうめんって何だろう

思わず二度見しましたよ。て、手打風そうめん!? 59円!(200g)西小山、武蔵小山にあるディスカウントショップ・大黒屋にありました。もちろん買ってみます。製造者は(株)麺のスナオシ(水戸市)。幹・・・

そうめんとひやむぎの違いは?手延べそうめんと機械麺の差は?そうめんの定義は?法律、規格、ガイドラインから素麺の基礎知識をわかりやすく図解してみた

夏になるとそうめんを食べる機会が増えますよね。けど、時折、まずいそうめんに出くわしませんか? ぬめりがあったり、ドロドロだったり、コシが一切なくグズグズだったり……。安いのですが、まずいそうめんを買ってしまった時のシ・・・

「マルサングループ 青果 安信屋 西小山店」の野菜は家庭向けの適度な量で激安。毎日寄れる楽しい八百屋さんです。

西小山駅から徒歩3分。46号線方面へと伸びるにこま通り商店街沿いに「マルサングループ 青果 安信屋 西小山店」という八百屋があります。もともとは今はなき中央百貨店内にあって(1号店)、2号店(現店)ができて、1号・・・

「島原手延素麺」(たなか物産)は見た目、値段の割にはおいしい、コスパのいい素麺でした。

素麺の一大産地・長崎県島原地方。この「島原手延素麺」もその名の通り島原の手延べ素麺です。製造者は有限会社たなか物産。詳細は省きますが、ドン・キホーテのPB「島原手延素麺」を買った際に、たなか物産と葵フーズの関係に・・・

「原宿ソーメン」はAWESOME STOREで販売されている三輪素麺(製造:池利)。シソ、ウメ、カボスの3種は色鮮やかで手土産にもピッタリ。

「変わった素麺売ってたから買ってきたよ(笑)」「へー。どんなの?」原宿ソーメン! ははは……あ。あああ! ラベルの向こうに見える束紙には「利」のマーク。池利じゃん。裏を見ます。やっぱり。「この前、・・・

「神戸鉄板 長田いっしん 学芸大学店」はぼっかけのお好み焼き屋。ぼっかけと油かすで濃厚・ガッツリなんですが、ペロリと食べやすかったです。

学芸大学駅から徒歩30秒。西口を出てすぐ右手へ行くと「神戸鉄板 長田いっしん 学芸大学店」というお好み焼き店があります。大きな鉄人28号が目印。2018年5月26日にオープンしました。そば屋「与志田(よしだ)」だった・・・

「手延素麺 めんくらべ 島原 播州 小豆島」(カドヤ)は産地による違いがわかる素麺セット(遠藤哲也、鬼塚林之助、鶴の糸)。そうめん初心者には面白い商品です。

乾物を製造・販売しているカドヤ株式会社(東京都町田市)。同社は「手延素麺 めんくらべ 島原 播州 小豆島」という3種の素麺がセットになった商品を販売しています。これまで同商品に含まれている播州の「鶴の糸」、島原の「鬼・・・