MEAT JOURNEY 2018

学芸大学の「ZETAB(ゼタブ)」は怪しくも楽しいビルの3階にあるカラオケバー。駅の近場で朝まで盛り上がろう!

学芸大学駅から徒歩1分。西口を出て、「日高屋」を右折、その先の「東軒」を左折。そこには学芸大学でもっともコアなビルが二軒並んでいます。鈴や3ビルとレッドイン丸花ビル。この鈴や3ビルの3階に2017年7月6日、新しいバーができました。「ZETAB(ゼタブ)」です。

鈴や3ビルの1階。いきなり「Bar BULLBULL(ブルブル)」と「La Regina(レジーナ)」。地獄の門w

鈴や3ビルの唯一の良心「BLUE」のある2階には「NON STYLE BAR K」「TARBOW’S BAR」という、これまたディープな世界。

そして3階に「CROSS」(右)と「ZETAB」(左)。

改めて見ると、とんでもないビルだw 余談ですが、「ZETAB」ができる前は「CHAT」というスナックでした。

「ZETAB」はカラオケバーです。チャージ500円で一杯500円~。カラオケは1曲100円。マックス500円。つまり5曲以上は何曲でも500円です(もしかしたら今後、システムが変わるかもしれません)。もちろん、歌わなくても大丈夫。歌わず普通のバーとして利用することもできます。

「ZETAB」の店主は剛(ごう)さん。「イオンスタイル碑文谷」のはす向かいにあるバー「CHIKABA(チカバ)」のオーナーさんでもあります。ですから、この「ZETAB」は2号店のようなものですね。「CHIKABA」は他の方に任せて、剛さんは今後「ZETAB」に入ります。ちなみに剛さんは「サランバン」の寛子ちゃんの旦那さんです。

「ZETAB(ゼタブ)」は東南アジアの少数民族・モン族の言葉で、「近場」という意味なんだとか。本当にゼタブと読むのかどうかはわからないと言ってました。寛子ちゃんは「ZETAI3=絶対3(階)」と言ってますw

オープン日の口開け早々に行き、その後、下の「Bar BULLBULL」で飲んでたら、カラオケをしたいという知り合いがいたので、「じゃあ、今日オープンしたいい店があるんで行きましょう」と。ベロッベロの状態で再び「ZETAB」へ。ひどいもんだ。ほんとすみません。

ハイボールは「富士山麓」。最近、キリンが相当に力を入れているジャパニーズウィスキーです。麦感の強さが印象的。このクオリティでこの価格は、消費者としてはありがたいのですが、完全にキリンのブランディングが間違っとりますなw

剛さんは関西出身の気のいいあんちゃん。あんちゃんと言っても私と同い年なんですが。飾らない、大らかな優しいその人柄に惹かれて、男性も女性も剛さんのお店にやって来ます。なんだかかわいい子が多いような気もするのですが、これは単なる私の好みの話かw

「E」の段差、「B」の色使いを見ると、やっぱ「3」ってニュアンスも含まれてるんだろうなw

特にバーってのは、結局、実際に行ってみないとわかりませんからね。カラオケが好きな人はもちろん、そうでない人でもぜんぜんOK。今度は本当に駅から近場w 気軽にちょいとのぞいてみて下さい。気さくで楽しいあんちゃんは、どんな人でもきっと好きになるはず。そして通いたくなるはずです。朝まで思いっきり盛り上がっちゃって下さい。

ZETAB(ゼタブ)
東京都目黒区鷹番3-7-4 鈴や3ビル 3F
21:00~
水休

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ