【計算機】スナックやバーのボトルはお得?ショットとどちらがいい?ボトルを入れて通った場合の一杯価格を知って、お得に飲むための計算をしてみよう!

snack-calculatorの画像

「こんなに来てるなら、ボトルを入れた方がお得かなぁ」

「ボトル入れるのはいいんだけど、どうやって飲むとお得なんだろう」

そんな風に思ったことありませんか? 仮に計算しようとしても、そういう時はだいたい酔っ払ってて面倒になるんですよねぇw

というわけで、スナック&バーのボトル計算機を作ってみました。数字を打ち込めば自動で一杯価格を算出します。

↓計算機はちょっと時間差で表示されるかも

説明

計算内容

(セット料金×訪問回数+ボトル代)÷(ボトル容量÷一杯容量)=一杯価格

※ボトル容量÷一杯容量=何杯取り
※セット料金+(ボトル代÷訪問回数)=ボトル飲み実質一回料金
※ショット一杯料金×一回平均杯数+ショット飲みの場合のチャージ=ショット一回料金

居酒屋のボトルの場合はセット料金がかかることはほとんどないと思います。その代り、氷やレモン、炭酸などの代金がかかるはず。そういう場合は氷やレモンで毎回どれくらいかかっているかをセット料金の欄に入れて下さい。

何杯取りになるか(=一杯でどれくらいの酒を注ぐか)はお店側のさじ加減でしょうから、おおよその目安にしかなりません。ちなみにデフォルトの35mlの部分も自由に変えることができます。1ショットは30mlが基本なのですが、おそらく多めに注がれることがほとんどでしょうから、35mlをデフォルトにしておきましたw

スナックとバーの比較

カラオケスナックの場合、カラオケ代や料理・つまみ代もセット料金に含まれていることがほとんどだと思います。ですから、一杯価格を普通のバーと比べるのはアンフェアでしょう。スナックで水割り一杯775円というのは破格だと思います。ということも念頭に置いて、あくまでも目安として考えて下さい。

ボトルとショットの比較

ショット料金とショット飲みの場合のチャージ料を記入すると、ショット飲みの場合の一回料金が自動算出されます。これとボトル飲み実質一回料金を比べれば、ボトルとショットどちらがお得かがわかります。

計算間違いや「こんな機能がほしい」ということがあれば、ご連絡ください。

※冒頭の写真は学芸大学のカラオケパブ/スナック・湖畔です。最高です。

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ