「ごりちか」(学芸大学・都立大学)はカウンターもソファーもあって、ダーツもある楽しいバー。地下だけど、夜だけど、ここには光が差し込んでいます。

gorichikaの画像

学芸大学駅、都立大学駅から徒歩10分強。目黒通り沿い、イオンスタイル碑文谷のはす向かいに「ごりちか」というバーがあります。2018年10月11日にオープンしました。直前まではCHIKABAというバーだった場所です。

学芸大学駅からだと線路に沿って碑文谷公園方面へ向かい、DEAN & DELUCA BAKERY 碑文谷のある複雑な交差点を左斜めに。目黒通りに出て左を向くとすぐそこです。まあ最後の地図を参考にしてw

CHIKABA閉店後、2号店だったZETABが"本店"となってます

gorichikaの画像

その名の通り、地下へと階段を下っていきます。扉を開けると、女の子2人、男の子1人の先客が。

「あ、いらっしゃいませ」

「うぇーい! 飲もー!」

なんだなんだw

gorichikaの画像

妙にハイテンションな子がカウンター内へと廻り、ショットグラスにお酒を注ぎます。

「いや飲むけど、これ何?」

「私が持ってきたの!」

てか誰?w まあいいやw

「開店おめでとうございます」

「ありがとうございます」

「かんぱーい!」

わわ。よく見ると、サシカイアじゃん。3年前、Massimottavio(マッシモタヴィオ)で飲み損ねていた、ずっと飲みたかったグラッパ。グラッパ特有のクセがありつつも、今までグラッパで味わったことのないような甘味があります。うまいなぁ。これ、1本1万円くらいするんだぜ? そんな代物を振る舞ってるこの子はいったい何なんだw

gorichikaの画像

店主・ケンゴ君は直前まで学芸大学駅近くのバー・Premier1(プレミアワン)で働いていました。それ以前はGirls Lounge ShowEn(ショウエン)の店長・倉田君と六本木でずっと一緒に働いていていたのだそう。

「電光石火でここ決まったね」

「実は少し前から決まってたんです。あと1年くらいプレミアワンでやっていたかったんですけどね」

資金、地盤堅め、いろいろな意味でもう少し時間をかけたかったのかな。けど、こういうのはタイミングが大切だったりす

「私はエベレストに登った!」

突然なんだ?w ベロベロに酔っ払ったかわいらしい女の子は自由奔放。店内を歩き回って叫んでます。まあ、エベレストの麓あたりをちょっと登るようなツアーでもあるのかな。

「登頂したよ!」

え?

「いや、本当なんですよ」(ケンゴ君)

ええ!? 登頂って……あ。まさか!

「もしかして、最年少で世界中のあっちこっちを制覇してるとか?」

「そう!」

まじか。

冒険家・南谷真鈴(みなみやまりん)。1996年12月20日生まれ。七大陸最高峰制覇を達成。エベレストに日本人最年少で登頂。エクスプローラーズ・グランドスラム(七大陸最高峰・北極点・南極点到達)を世界最年少の20歳112日で達成。

顔と名前は覚えていませんでしたが、そういう子がいるというのは知っていました。wikipediaにも載っているような子に、まさかこんなところで出会えるとは。しかもこんな状態でw

「彼女よく来るの?」

「いえ、初めてです」

「えええ。CHIKABAに来てたとか、プレミアワンに来てたとか?」

「それもないみたいです」

「一見で来てこれ? すごいねw」

苦笑いを浮かべるケンゴ君。私より4つほど年下なんですが、なんか落ち着いてて、ホッとします。「ごりちか」のごりは、まあ見た目がそんな感じ……だからかな?w

gorichikaの画像
gorichikaの画像

店はとても広いです。カウンターのほかソファー席もいっぱいあって、ダーツもあります。プレミアワンもそうなんですが、広くてソファーもあるとダラーッとしたくなるんだよねw 落ち着くなぁ。

ちなみにテーブルの上に散乱してるのは真鈴ちゃんの荷物。ダーツに刺さってるのもそうかな? 荷物をあちこちにぶちまけて、いろいろなものを「これあげる」「あなたはこれ」とみんなに配りまくってます。

あとで聞いたところ、嫌なことがあって、だからちょいと荒れ模様だったのかもしれませんw

gorichikaのメイン画像

「ここには光が差し込んでる!」

今度はどうした?w

「ここは絶対流行る! 風がこう流れてるから!」

夜です。地下です。もちろん日の光は届きません。けど、真鈴ちゃんは階段から店の奥へとなぞるように指を向けます。

「これくらいクレイジーじゃないと、そりゃエベレストなんて登れないよねw」

「そうですねw」(ケンゴ君)

人とは違う景色を、それこそ死と隣り合わせで見てきた真鈴ちゃん。私のような凡人とは感性、感覚、見えている世界が違うんだろうな。うん、ここにはきっと光が差し込んでるんだよ。いい風が流れてるんだよ。

gorichikaの画像

ハイボールを半分ほど飲んだ頃。まるで真鈴ちゃんの言葉がそのまま現実となったかのように、10名ほどの団体がやってきました。もちろん偶然なんでしょうけど、本当に賑わい出します。そして、10人にも果敢にからんでいく真鈴ちゃんw

「真鈴ちゃん、そっちにからまないで!w」(ケンゴ君)

10名分のドリンクを作りながら、ベロベロになった子をコントロールしようとする店主。10名はダーツをしたり、酔い潰れて寝ていたり。そんな中を自由に飛び回るギネスブック記録保持者。カオスw

「健作さん(プレミアワン店主)はすごいですよ」

「こういうのもうまくあしらうから?」

「ええw」

いやぁ、ケンゴ君だって上手だよ。

「真鈴ちゃん、最高峰を制覇して、次はどうするの?」

「銀河鉄道999! 私のルーツは岩手!」

「銀河鉄道の夜かな? 宮沢賢治だね」

「そう! 私は詩人!(以下略)」

岩手=宮沢賢治=銀河鉄道の夜=銀河鉄道999? 曾祖父(?)が鉄道をどうのこうのとも言ってたな。よくわからんけど、たぶん宇宙を目指すってことなんだろうなぁ。なるほど。英語も中国語もペラペラの才女。ぶっ飛んではいるけどクレバー。クレイジーだけど知的。アスリート的運動神経も備えてる。十分ありえる話だ。

gorichikaの画像

「お手すきで」

指をペケにして示します。

「すみません」

「いやいや、楽しいかったよ。俺はねw 今度またゆっくり」

会計はチャージ500円(乾きもの取り放題)+ハイボール650円で1150円でした。

「ごちそうさま」

「ありがとうございました」

「私おくってく!」

真鈴ちゃんは地上まで付いて来てくれました。

「ありがとう。じゃあまたね」

「めでたし~めでたし!」

これもさっきから繰り返してるんだよなw 何かあるんだろうけど何だろう。

「めでたし~めでたし」

私もそう返し、同じく合掌。

「ハグ~!」

角を曲がるまでずっと見送ってくれていました。ぶっ飛んでる不思議な子だけど、いい子だなぁ。

gorichikaの画像

ざっとこんな夜でした。

どんな酔っ払いでもうまく操舵する懐の深い店主。カウンターで一人しっぽり飲むこともできるし、団体でわいわいすることもできる。広々としていてソファもあってくつろげ、ダーツもあるバー「ごりちか」。けど……。

誰も目にしたことのない壮絶な世界を渡り歩いてきた子が「光が差してる!」「絶対流行る!」と言うバーだよ? 私の下手な説明よりそっちの勘のほうがあてになると思うけどw そして、そんな子を引き寄せたという点にこそ、「ごりちか」のパワー・魅力を汲み取るべきでしょう。

この界隈に住んでると、ちょっと飲みたいけど駅まで出るのは億劫。そんな風に感じることありますよね。あるいは、駅周辺の喧騒を離れて、たまにはゆったり飲みたいと思うこともあるでしょう。そんな時、目黒通りの階段を下ってみてください。なにかいいことがあるかもしれませんよ? 私はずっと焦がれていたサシカイアに出会えたし、ファンキーでクレイジーな子と出会えたし、こんなに楽しいお酒が飲めたし。

……あ。南谷真鈴ちゃんは現代の仙台四郎か? 真鈴ちゃんがフラリと寄ったそのバーは、以後、客足の絶えないバーとなったのでした。めでたしめでたし。ってねw こりゃ縁起がいいw

DATA
店名ごりちか
住所東京都目黒区碑文谷5-7-6 本丸ビルB1F
電話番号070-1737-1515
営業時間日~木/19:30~3:00
金土/19:30~5:00
定休日不定休
URLインスタグラム

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ