半田手延素麺(阿波半田手のべ)は太くてうどんのようなムチッとした食感。まさしく半田素麺の典型で、おいしくはあるのですが、あとは好みの問題。

製造者・阿波半田手のべ株式会社、販売者・株式会社讃岐物産の半田手延素麺。スーパーオオゼキで購入しました。259円/270g。

他のスーパーでも見かけるのですが、この「PREMIUM」ってなんでしょね。プライベートブランド名かとも思ったのですが、どうもよくわかりません。

半田そうめんは徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)で作られる素麺。江戸時代、素麺発祥の地・奈良県三輪地方から淡路→鳴門→吉野川を上って半田地区へと素麺の製法が伝わりました。この半田地区は素麺産地として現在でも有名です。

半田素麺の最大の特徴は太さです。規格上、手延べそうめんとひやむぎは太さが1.7mm未満でなければいけません。とは言え、手延べそうめんであれば一般的には1.2~1.3mmであることがほとんど。一方、半田素麺は1.5~1.7mmと手延べそうめんの上限ぎりぎりです。

かように半田素麺はちょっと独特です。ですから、私が購入することはさほどありませんし、このブログでもほとんど紹介していません。ということを前提に読み進めて頂ければと。

見た目、手に取った感じも太いです。細いうどんといったニュアンス。優しい小麦の香りはとても心地いい。

表示通り5分茹でてみました。

見た目がきれい。ピカピカ。

そのままひと口。プルンとした舌触りが気持ちいい。モッチリな歯ごたえはうどんにも似ています。小麦のおいしさも感じられますし、のど越しもいい。


今回は鶏とナスの味噌炒めに合わせてみました。麺が太いので濃い味にもピッタリ。

ただ。

5分は長すぎじゃね? 翌日、残り1束を4分で試してみました。うん。これでしょう。ムチッとコシが強くなりました。とてもおいしいです。

味だけで言えば星4。けど、うどんのようなこのコシは私の好みではない。私がそうめんに求めるものではありません。そして目安とは言え、茹で時間5分という表示はどうかと思います。心苦しさを感じつつ、マイナス1で星3。

ところが。

「こういう素麺が好き」

と連れ。まじかと。さんざんいい素麺を食わしてきたのに、これですかと。

「私はそもそも冷や麦が好きだし」

お、お、お前……。言うに事欠いて何てことを……。

まあ確かに。陣川(星5)や坂利(星6!)を食べた時も、十勝育ち(星4)の方がおいしいと言ってたもんなぁ。好みなんだなぁ。

ちょっと太めのモチッ、ムチッとしたうどんにも似たタイプが好き。そんな方は試してみてはいかがでしょうか。おいしいというのは間違いありません。

DATA
名称半田手延素麺
原材料名小麦粉(国産)、食塩、食用植物油
販売者株式会社讃岐物産
製造者阿波半田手のべ株式会社
評価★★★☆☆

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ