肝臓公司ロゴ

激レア!小豆島・八木田麺業の手延べそうめんはプリンとした弾力が気持ちいい、応用の幅が広い素麺でした。濃いツユ・スープにもピッタリ

yagitaの画像

ネット上に情報はほぼありません。私が食べてきた中では現段階でもっともレアな素麺、八木田麺業(小豆島)の手延べそうめん。正確な商品名は不明です。

yagitaの画像

連れの母親の知り合いの親戚が小豆島出身で、その方が送ってくれたものを連れの母親からもらいました。そんなわけで、パッケージがありません。「箱にシールが貼られてるくらいのものだった」と連れの母親談。

yagitaの画像

ほんの少し太めに感じます。小麦の甘い香りがとても強い。国産のいい小麦を使っているのだとか。

この黒い束紙は同じものを小豆島の素麺でよく見かけます。また、小豆島の素麺の場合、赤の束紙と黒の束紙でグレードが違っていたりもします。ただ、八木田麺業の手延べそうめんにおいてどうかは不明です。

茹で時間は2分~3分とあります。2分と2分半で試してみました。

yagitaの画像

1日目は2分半。

yagitaの画像

プリン。穏かな弾力があって、味わいも穏やかです。舌触り、のど越しはツルリとしていて気持ちいいです。

いかにも小豆島の素麺という感じで太めではあるのですが、なんだかとても食べやすい。

yagitaの画像

たっぷりのネギと麺つゆで食べてみたのですが、際立った特徴は感じられませんでした。というと悪く聞こえますが、いい意味で素朴。ほっこりさせてくれる素麺です。地元の方々が毎年楽しみにしている、普段使いの素麺なんでしょうね。

yagitaの画像

これはパンチのあるタレ・ツユにも合いそうだな、ということで2日目は前日のグリーンカレーを和風にアレンジして、グリーンカレーそうめんに。

茹で時間2分だと、少し弾力が強くなりました。プリッ。

不思議なもので、さほど個性がない素麺だったのに、濃厚なタレ・スープに合わせると、素麺が妙に主張してきます。この弾力・太さが濃い味にも負けないんでしょうね。スープと競合して、素麺の存在感が高まりました。面白いなw

グリーンカレー以外にも中華系、辛い系のツユ・スープにもよく合うと思います。和だと味噌やゴマダレなんかがいいんじゃないでしょうか。個性がない分、応用の幅が広くなるのかな?

普通ではまず見かけないと思います。どうしても食べてみたい、ということであれば電話で直接相談してみてはいかがでしょうか。おいしいですし、面白いそうめんですよ。

DATA
名称手延べそうめん
原材料名不明
製造者八木田麺業
メモ
  • 正確な商品名は不明です
  • 原材料は不明ですが、おそらく小麦粉、塩、食用植物油です(ごま油の可能性も)
  • 八木田製麺ではなく八木田麺業です
  • 住所:香川県小豆郡土庄町小部866
  • 電話:0879-67-2108
  • 代表:八木田展久
評価★★★★☆

記事のシェアはこちらから