創作居酒屋 月とかえるのルフラン(学芸大学)~トラディショナルでオーソドックス。ここは"今どき"が苦手な酔いどれ共でも安心して帰って来られる酒源(みなもと)

tsukitokaeruの画像

学芸大学駅から徒歩1分。西口の日高屋を曲がった先に創作居酒屋 月とかえるというお店があります。東口商店街にある下町もんじゃ焼 らくらく(オーナー・柳楽詠人/なぎらえいと)の姉妹店です。2019年6月9日にオープンしました。

私が行ったのはオープン日。日曜日でした。日曜日にオープンするというのも珍しいなぁと思っていたのですが、もしや"ロックの日"だから?w

tsukitokaeruの画像

学大のトリックスター・エイト君は音楽もやっていて歌がうまい。そして絵もうまい。看板の絵もエイト君が描いています。キャラクターっぽくも描けるだろうに、写実的なカエルを持ってくるというのが面白いな。店名の由来は後ほど。

tsukitokaeruの画像

もともとはタイ料理店・ソンクランがここにありました。西口商店街沿いにあった沖縄料理店・てぃんがーらがここへ移ってきて、ソンクランは1階へ。2019年2月にてぃんがーらが閉店して、4ヶ月後、月とかえるができました。先の看板はてぃんがーらで使っていたものだろうな。同じ形、同じ色。

tsukitokaeruの画像

ソンクラン時代から内装はさほど変わっていません。大きくて広いカウンター、テーブル席、そして、

tsukitokaeruの画像
tsukitokaeruの画像

奥は中二階のようになっていて、個室があります。てぃんがーらには何度も来ていましたが、こんな席があると今回初めて知ったw 確か有名なデザイナーさんが店舗デザインしたとか言ってたような。

tsukitokaeruの画像

一杯目はメニューを見ません。頼むのはもちろんウーロンハイ。ウーハイをこよなく愛するエイト君へのおめでとうの気持ちを込めてw

tsukitokaeruの画像
tsukitokaeruの画像

メニューはこんな感じ。ザ・居酒屋の定番。

tsukitokaeruの画像

店長はやっちん(メガネの子)。晩酌屋一杯だけやらくらくでも働いていました。学大屈指の歌うま。酔っ払っていつもハモってもらってます。

「メニュー、オーソドックスだね」(私)

「最初は手一杯だろうから。今後、変わっていくとは思います」(やっちん)

地に足がついてるね。

tsukitokaeruの画像

お通しはごま油で和えた豆苗。

tsukitokaeruの画像

もつ煮込み。豚の白モツと白味噌かな。甘めでおいしい。

tsukitokaeruの画像

途中からはこうw

tsukitokaeruの画像

白つくね ゆかり添え。

「焼いてないよね?」

「ボイルしてるんです」

しっとりでフワッ。つくねらしからぬ食感です。こりゃ面白い。いい塩梅でうまいねぇ。今度マネしてみよう。

tsukitokaeruの画像

ソンクラン時代は木そのままで、タイリゾートといった趣だったのですが、てぃんがーらになって柱・梁が赤く塗られました。首里城をイメージしてるのかな? てぃんがーらは沖縄の言葉で天の川。そして今回は月。

「月とかえるはどういう意味?」

「私の名前にもかかってて」

おう。やっちんって矢野菜月という名前だったのか。初めて知ったw

「この店にまた帰ってきてほしいというのがひとつ。あと、航海って星を目印にするじゃないですか。月を目印に航海をして、目標を達成して、自分の居場所に帰る。それぞれにちゃんと帰る場所があるといいなぁ、そんな意味も込めて。もちろん、その場所がここだったら嬉しいんですけどねw」

月が出ている内に月と一緒に帰宅しろ、お前ら毎日飲み過ぎなんだよバーカと言われているわけじゃないのか。毎日のように"日とかえる"をしている人間の被害妄想w

余談ですが、月と蛙はとても深いつながりがあります。月には蛙がいるんです。

参考/wikipedia:嫦娥(じょうが、こうが)

tsukitokaeruの画像

鶏の一枚揚げ(油淋鶏ソース)。パリッ、ジュワッ。

「一人で食べられなかったら呼んで下さい。食べます!」

「いや、余裕で食えるよ!」

本当は複数人でシェアして食べるものなんだろうけど、おいしいから一人でペロリ。

tsukitokaeruの画像

別日。大根の皮とニンジンのきんぴらかな? やっちんの料理はおいしい。ちょうどいい塩梅。

tsukitokaeruの画像

天然ぶりの刺身。300円!

tsukitokaeruの画像

「普通の居酒屋っすよ」

オープン前、エイト君がこんなことを言ってました。まさにこの写真の日。

見た目は派手ですが、実はコンサバティブ。小賢しいことが嫌いな一本気。江戸っ子のもんじゃ屋。親父はなぎら健壱。そんなヤツがこねくり回したような気取った料理を出すわけがないw 店長・やっちんに裁量があるとしても、エイト君の元で働くヤツらはみんなそうでしょう。

tsukitokaeruの画像
tsukitokaeruの画像
tsukitokaeruの画像

なんだか落ち着きます。それは店の雰囲気もあるのでしょうけど、飾らないオーソドックスな居酒屋料理がそうさせるのかもしれません。私たち飲んだくれの体に馴染んだ、ずっと昔から知っているこの味が心地いい。

tsukitokaeruの画像

変わりゆく学芸大学。オシャレな今どきのお店がいっぱいできています。私は大変喜ばしいことだと思っているのですが、一方で「最近のオシャレなお店は行きづらい」という声もよく耳にします。

浅野屋、源平、彦一はなくなった。店主がご高齢となっているあそこやあそこやあそこも、おそらくそう長くはない。愛する地元・学芸大学がどんどん変わり、このままだと自分の居場所がなくなるんじゃないか……大げさに言うと、そんな恐怖心・寂しさ・いら立ちがあるのかもしれません。

ただ。

「流行なんかクソ喰らえ。普通がいいんだよ、普通が」

"今どき"とは真逆なヤツらが、"学大オシャレ化"に反旗を翻し、トラディショナルでオーセンティックな居酒屋を作ってくれたんです。ここに帰ってくればいいじゃない。"オシャレ"が苦手な飲んだくれでも安心できる居場所に。

tsukitokaeruの画像
熱唱するやっちん。カラオケバー・楽生茶屋にて

「学大も変わったなぁ」などと泣き言をぬかす暇があったら、月とかえるを見上げてみなよ。店から漏れ聴こえてくるはず。"昔ながら"しか愛せないシャイな酔いどれどもを癒す学大随一の甘い歌声が。

月(わたし)にかえりなさい 記憶をたどり
優しさと夢の酒源(みなもと)へ
もいちど酒にひかれ 酔い潰れるために
蛙のルフラン

DATA
店名創作居酒屋 月とかえる
住所東京都目黒区鷹番3-7-4 五十嵐ビル 2F
電話番号03-6875-5367
営業時間17:00~24:00
※やっていく内に変わる可能性あり
URLFacebookページ

かえるなのに蛇足。

tsukitokaeruの画像

月の満ち欠けが周囲に配されたかえるの指輪。この月とかえるはゲコとゲッコーのダジャレ。連れと付き合い始めた15年前、当時、代官山にあったかすう工房(株式会社和心)というショップで購入し、連れに初めてプレゼントしたものです。

かえるモチーフのもの、和テイストのものが好きということではあるのですが、まさか15年後に月とかえるという店名の居酒屋ができ、そこへ行くことになるとはw

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ