OTTO/オットー(学芸大学・祐天寺)は個性的で楽しい店主・中村昭三さんがやっている料理もおいしいバー。おしゃれで居心地がよく、一度行ったら誰かに話したくなり、誰かを連れて行きたくなります

吸入~料理もおいしいオシャレなバー

ottoの画像

学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩約12分。中央中通り(旧区役所通り)に「OTTO(オットー)」というお店があります。定食屋「三河屋」の跡地で、2018年6月にオープンしました。

ottoのメイン画像

「OTTO」はノーチャージのバーです。焼酎からウイスキー、ワインまで幅広くお酒が揃っています。料理もおいしくて、定番がありつつも、「こんな感じで」と言えばその時ある食材で何でも作ってもらえるようです。

カウンターメインで4人掛けテーブルがひとつ。オシャレな雰囲気。店主・中村昭三さんも個性的で面白く、とにかく楽しい時間が過ごせます。

と、最初に店の基本データを吸い込んでおいて下さい。ここからたっぷりと語らなくてはいけませんので。

圧縮~OTTOの軌跡とイイコ

OTTOの存在は内装を工事している段階から知っていました。いや、それどころか15年前から知っています。

「このあと3人になると思うんですが」

「もしかしたらテーブルに移って頂くことになるかもしれませんけど」

「はい、ぜんぜん。ここは初めてですが、代官山というか恵比寿というかに2、3度うかがったことがあるんです」

「アクビですか?」

「いえ、OTTOです。もう15年くらい前かなぁ。そのあとイイコですよね。横山さんとはどういうつながりだったんですか?」

「お客さんだったんです。で、店を閉めることになった際、店長をやらないかと」

「そうでしたか。それにしても、なぜここに?」

「祐天寺に住んでいたことがあって、三河屋にも来たことがあったんですが、その三河屋が空いたので」

「なるほど。この界隈にゆかりがあったんですね」

随分と昔のことなので記憶が曖昧です。そして詳細にお話をうかがったわけでもないので、以下は正確性に欠く内容になるかもしれません。

もう15年ほど前のことだと思います。当時、私は恵比寿界隈に住んでいました。恵比寿でもとにかくよく飲み歩いていたのですが、ある夜、妖しいお店を見つけます。恵比寿西の五叉路から代官山方面へ上って行く丘の頂上。マンション一階の駐車場部分に明かりがポツンと灯っていました。看板には「OTTO」。狭くて暗い、なんだか面白いバーだったという記憶しか残っていませんが、ヘンテコな場所に佇むそのバーは文字通り隠れ家といった趣きでした。

マスターの中村昭三さんはすぐ近く(線路を越えた先、代官山アドレスの坂下)に「家庭料理ラウンジ アクビ」というお店も出店(2006年頃~2009年1月)。「OTTO」はマンション建て替えのため、2008年2月に閉店しました。

話は少し変わり、1997年、恵比寿駅の線路沿いの坂の途中に「201号室」という和食系のお店ができました。マンションの201号室だったから「201号室」。運営は横山貴子さんが代表を務める株式会社イイコ。祐天寺のスーソマヤジフ、麻布十番のアパッペマヤジフ(元ナポレオンフィッシュ)、渋谷の月世界、恵比寿のClub 小羊も同社が運営していて(2018年10月現在)、どこも大人気店です。

2000年(?)、「201号室」は「恵比寿大飯店」というお店にリニューアルしますが、3ヶ月間しか続きませんでした(「201号室」は恵比寿西へ移転して「続201号室」というおでん屋になり、2005年頃に「Club 子羊」となります)。そして従来より店舗デザインなどを手掛けていた、横山さんの友人でもあった中村昭三さんの名前にちなみ、同店は「中村昭三」(中華)となります。

「中村昭三」はその後、リニューアルを繰り返し、店名も「中村圭太」(沖縄料理)、「中村玄」(2006年のリニューアル当初はコラーゲン鍋。2011年より麻辣香鍋)となりました。そして2008年?2009年?、「OTTO」を閉めた中村昭三さんが同店の店長として招聘されます。なお、麻辣香鍋を強く推し続けていたのも中村昭三さんだそう。

ということを知ったのは後年のこと。上記の会話はこんなことが前提で交わされたものです。

そんな経緯がありまして、あの「OTTO(オットー)」が10年という歳月を経て学芸大学に甦るとわかり、そりゃもうね。驚きました。

なお、カウンターで私の隣に座り、混み合いだして店を手伝わされているのが中村昭三さんの次男・中村玄君。長男・中村圭太君はダブルダッチの世界チャンピオン。そんな余談も付け加えておきましょう。

※2018年10月20日追記:2度目の訪問で、いくつかの驚くべき事実を知りました。

なんと、中村昭三さんはもともと聖林公司だった! ハリウッドランチマーケットです! だからこんなにオシャレなんですね。そして、そのテイストが私の好きな感じだというのも合点がいきました。いやビックリ。ちなみに肝臓公司の「公司」は聖林公司をマネてつけました。それくらい好きなんですw

また、恵比寿の「OTTO」時代、「201号室」だけではなくいろいろなお店のデザインにも携わっていました。その中でも一番驚いたのは恵比寿の「喫茶 銀座」! ミラーボールが吊り下がっていたりする摩訶不思議な雰囲気で、ドラマなどの撮影でもよく使われています。これを手がけたのも中村昭三さんだったのです(2002年?のリニューアル時。今の礎となったデザイン)。まじビックリ。

結局、中村昭三さんが店長になる以前から、店名に名前を"貸して"いたといった感じだったそうですw 追記以上

ottoの画像

さて、「OTTO」や「中村昭三」が辿って来た15年の歴史をギュッと圧縮してまとめたところで、約束をしていた二人、「天ぷら カブ」の平田君、「天ぷら カブ」や「木と」のデザインを手がけたMさんがやって来ました。ちょっと話をしたいと呼び出されていたのです。

※偶然なのか狙ってなのか、「201号室」は移転後もマンションの201号室でした

※業態を変えることを厭わない、人(店長や料理人)によって店を変えるというのがイイコ(横山さん)の特徴であり特長

燃焼~OTTOの濃密な酒と肴とインテリア

ottoの画像

カウンターからテーブル席に移動。二人、特にMさんは「OTTO」の大常連なので、Mさんとマスターからお店のことについて、いろいろ話をうかがいました。

ottoの画像
オープン直前?直後?に店内をのぞき撮影w

私もその作業の一端を見ていたわけですが、中村昭三さん自身が定食屋「三河屋」のあった物件をスケルトンにして、内装もすべて手がけたそう。

ottoの画像

器や灰皿もすべてお手製。東郷神社(原宿)内にある日本陶芸倶楽部で陶芸を学び作ったのだとか。

ottoの画像

この箸置きも自作なんですが、

ottoの画像

裏を返すとおみくじになっています。私は大凶でした。大凶が一番いいとのことw

ottoの画像
ottoの画像

釘を打ってレタリングした看板、縄のれん、カウンターに配されたアームライト、少し歪んで斜めにしないとちゃんとかからないレコードプレイヤー、自作の皿類、壁、カウンター、テーブル、椅子、どれもがおしゃれ。しかも、とってつけたような、飾るがためのおしゃれじゃない。おしゃれに見せかけようとしているまがいものじゃない。その人の内面からおのずと沸き上がっているおしゃれ。その人のセンスが表出しているとしっかり感じ取れるおしゃれ。ニセモノか本物かは見りゃ一発でわかる。

ottoの画像
ottoの画像
ottoの画像
ottoの画像
ottoの画像

オリジナルブレンドのウィスキーを使ったハイボール、さつま白波の甕仕込み、常連さんのマネをしてオレンジ入りのジントニック、ロンサカパのロックはいつも通りノーステア、再び戻りたくなるハイボール。どの酒も濃いw もちろんうまい。

時にツッコみ、時にフォローし、客席に潤滑油を振りまく店主に巻きこまれるようにして、初対面の客同士の会話も盛り上がり、酒が進んで場が沸騰。入店時はまったりだった店内はヒートアップしていきます。

ottoの画像
ottoの画像
ottoの画像
ottoの画像

タコ・きゅうり・アボカドのサラダ、カレー(ライス少なめ)、「納豆食べたい」で出てきた納豆と卵の炒めもの、野沢菜とあさりの佃煮。

「このキイチロウカレー(お父さんの名前だったかな?)は家のカレーって感じでいいんですよ。あと、アイコうどん(お母さんの名前だったかな?)もおいしいんです」(Mさん)

ottoの画像
再訪した際、隣で平田君が頼んだアイコうどんを撮影w

いい料理人は飾らない。おいしい料理は飾る必要がない。

ottoの画像

店主・中村昭三さんも飾りません。誰でも何でも受け入れるような"優しい"人じゃない。ハッキリ物を言います。

「ここは私の店なんで」

もちろんいい人です。けど、"私の店"を台無しにするような輩に容赦はしません。サクッと出されると思います。ただ、厳しいというわけじゃない。店の空気を感じて、他の客に迷惑をかけない、そんなのは当たり前のことですよね。まあ、長年客商売をやっていると、その当たり前ができない人も多くて、時に店が被害を被って、うんざりすることもたくさんあるんだろうなぁ。

どの店でもそうですが、エンジンブロー、オーバーヒートにはご注意を。自戒も込めてw

排気~人と人が交わり結びつくオットーサイクル

OTTOはイタリア語では数字の8、古高ドイツ語では財産という意味。末広がりの8で縁起がいいからOTTO? いや、どうだろう。もしかしたら4ストローク機関を発明したドイツ人、ニコラウス・オットー(Nikolaus August Otto)に由来するのかもなぁ。聞こうと思ってて忘れてた。

※追記:後日、聞いたところ、たまたま見ていた家具のカタログにオットマン(ottoman:足を乗せるためのソファー)が載っていて、その言葉がなんかいいと感じて「OTTO」にしたのだそうw 追記以上

ottoの画像
席が埋まったためカウンター内に立たされてる平田龍二(手前)とみずからも積極的に楽しむ中村昭三さん(メガネ)

立ちが出るほど大盛況でした。私はここでひとつ気付きます。2人連れ、3人連れが多いのですが、すべての組において、誰かが誰かを連れて来ていたのです。かく言う私も、ある意味、連れられて来たようなもの。

酒、料理、インテリア、雰囲気、店主。あらゆる要素がそれぞれ濃厚でフックがある。引っかかるから、それについて誰かに語りたくなる。そして誰かを連れて来たくなる。

いい店は人が人を呼ぶんですね。店主が客を惹きつける。その客は他の客を連れてやって来る。連れて来られた客は違う客を連れてまたやって来る。常連が多くはあるけど、常連はただ留まるのではなく、新しい空気を呼び込み、結果、店は停滞することなく活気に溢れ、走り続ける。まるで4サイクルエンジンのように。

ottoの画像

いつの間にか客は私たち三人だけ。時計を見やると3:30でした。6時間も飲んでたってことか。一応、閉店時間です。味噌汁が出てきたのは"ホタルの光"的ニュアンス?w けど、二人は帰る素振りを一切見せません。元気だw これ以上は翌日の誕生日会に響く。二人とマスターに挨拶をして店を出ました。

ottoの画像

まったりな優しさに癒されるというのとは違う、不思議な心地よさのある賑やかなバー・OTTO(オットー)。普通なら「ぜひ一度」とかなんとか言って〆るところですが、ここではあえて言わない。そんなこと言わずとも、オットーサイクルは回り続ける。

DATA
店名OTTO(オットー)
住所東京都目黒区中町2-30-13
電話番号090-8808-7798
営業時間20:30~3:30

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ