美好(みよし)は魚が抜群においしい居酒屋。学芸大学でもっとも狭くて、いつも人で溢れ返ってます

miyoshi-gakudaiの画像

学芸大学駅から徒歩1分。東口商店街方面の十字街に美好(みよし)というインディーズ居酒屋があります。1982年(昭和57年)創業の老舗です。鮮魚店で働いていた大将が37歳で始めました。

miyoshi-gakudaiの画像

もしかしたら、学芸大学でもっとも狭い居酒屋かもしれません(外海といい勝負?)。カウンター、小上がり(実質2人席)はいつも人で溢れ返ってます。

miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像

メニューは魚がメイン。

miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像

いつも盛ってもらいます。きれいでしょ? もちろんうまい。そして安い。こんなにボリューミーで1200円。

miyosi01
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像

魚以外もおいしいです。

miyoshi-gakudaiの画像

お酒もおいしい。ただ……。

miyoshi-gakudaiの画像
miyoshi-gakudaiの画像

グラスに刻印されたキンミヤのマークは「ここまで焼酎を注ぐ」という印じゃないんだよ、お母さんw

miyoshi-gakudaiの画像

キンミヤ8、生グレ果汁1、炭酸1。1cm分くらいしか炭酸を注いでいませんw お母さんの優しさではあるのですが、殺人的濃さです。お酒に弱い方は「薄めで」とお願いしましょう。

miyoshi-gakudaiの画像

いつも常連さんで賑わっています。常連で賑わう店はいい店です。いい店じゃないと常連はつきません。ただ、そんな店に初めて行った人が全員、その店を気に入るかというとそうでもありません。店主が常連だけに構って、一見さんが疎外感を感じたり、あるいはそういう店は個性が強いこともあり、店の雰囲気に馴染めなかったりということもあるでしょう。

しかし、美好は初めて行った人でも気に入ります。オヤジギャグが大好きな大将、人あたりのいい女将さんは誰にでも優しく、常連さんもみな上品に酔っ払っている。一見でも比較的簡単にその輪に溶け込むことができます。ここまでフレンドリーなインディーズ居酒屋はとても珍しい。

美好の優しさを表す一例。小上がりのこの席に座るとテレビが見えません。だから鏡を置いてテレビが見られるように工夫しています。

「左右逆になっちゃうんですけどね(笑)」(女将さん)

「右ピッチャーが左ピッチャーになる程度ですから(笑)」

私は自分を振り返ります。ここはいい店です。できれば常連にもなりたい。だけど、こんないい店の常連になる資格が今の自分にあるだろうかと。

この歳になってまだわきまえの知らない飲み方をしては酩酊し、時に記憶をなくしている自分。美好の常連になるには、まだまだ酒の飲み方、酒の制し方を覚えなきゃなぁと、恥ずかしくも反省させられ……。

ここの常連に見合う酒飲みになりたい。そんな風に思わされる、素晴らしい居酒屋です。

DATA
店名小料理 美好(みよし)
住所東京都目黒区鷹番2-20-13
電話番号03-3793-8896
営業時間17:00~2:00
※大将のお体のことなどもあって、最近は24:00前に閉まることがほとんどです
定休日木、日
メモトイレは店外。共同トイレです。トイレに行く際はお母さんに声をかけてみて下さい。

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ