和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでん(学芸大学)には刺盛り、おでん、しらすの土鍋ご飯など、静岡を感じさせるメニューがいっぱい。広くて使い勝手のいい居酒屋です

gudengudenの画像

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街のカルディの角を左折、学大酒場エビス参のある通りに、和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでんという居酒屋があります。2012年8月にオープンしました。

gudengudenの画像

いつも通りから見ている印象では、若い人たちで賑わっているのですが、その日は忘年会シーズンということもあってか、ご年配の方が多かったです。元気のいい明るい店員さんは大忙し。

gudengudenの画像
gudengudenの画像

定番のほか、その日のおすすめメニュー(写真)もいっぱい。日本酒もいっぱい。静岡の魚や料理が名物らしいので、そちらで攻めてみましょう。

gudengudenの画像

まずは静岡緑茶割り。緑茶感がしっかりあっておいしいです。そして、写真をご覧の通り、壁にはいろいろなものが貼られていて、料理を待っている間はそれを見ているだけでも楽しい。

gudengudenの画像

一見、なんてことはないお通しですが、シラスもタコもなかなかです。いいつまみ。

gudengudenの画像

一品目は刺身の盛り合わせ(小)。全体を写した写真を誤って削除してしまった! サーモン、イサキ、マグロ、タコ、あとなんだったかな。小なのにかなりのボリューム。一切れずつが大ぶりです。そしてタコ! これくらい大きいタコをひと口でパクっといけるのは、タコ好きにとっては至福。うまーい。

gudengudenの画像

塩ダレキャベツ。おおう、こいつはかなり濃すぎるぜw けど、若い子はこれくらいの味付けがいいのかな。塩ダレ自体は好きだから、もし次回頼むことがあるとしたら、塩ダレを相当少なくしてもらうか、なんなら別でもらおう。

gudengudenの画像

あると高確率で頼むアジフライ。刺身にも使えるアジだそう。キレイに揚がってますね。パリパリの骨が美味。

gudengudenの画像

静岡おでんの盛り合わせ。大根、玉子、じゃがいも、ちくわ、牛スジ、あともう一種くらいあったような。色は濃いですが、味付けはそれほど濃くありません。ちょうどいい。

gudengudenの画像

魚肉の餃子。なんですが、それほど魚感は強くありません。ちょいと魚のクセがあるのかなぁと思ったんですが。こちらは味付けが超絶さっぱり。たっぷり餃子のタレ(醤油?)をつけて食べました。これもなかなか。

gudengudenの画像

最後はしらすと桜エビの土鍋ごはん。こちらもちょうどいい味付け。パリパリのおこげを余すことなくすべてはぎ取り食べました。

ほぼ満卓です。だけどオペレーションはしっかりしています。長く待たされることがありませんでした。まあ、団体はコースだろうし、事前に仕込んでおけるメニューも多いだろうから、滞ることがないんでしょうけど、それにしても、しっかりしてるなぁと感心。元気はいいけど、変になれなれしいわけじゃないし丁寧。接客もいい塩梅。この雰囲気、きっと人がいいんだろうな。

gudengudenの画像
gudengudenの画像
gudengudenの画像
gudengudenの画像

これは別日の写真。たこが相変わらずおいしかったし、明太子のだし巻きもよかったなぁ。写真には撮らなかったけど、お通しのしらすが絶品でした。

この店の広さもいい。学芸大学の居酒屋でこの広さとなるとチェーン店しかありません。大人数でも行ける、宴会もできる、もちろん一人でも二人でも行ける、そういう個人経営の居酒屋が実は少ない。別にチェーン店がダメだと言うつもりはないのですが、チェーン店ではなく、かといって学大ぽい狭い居酒屋では不都合、そんなこともあると思うんです。実際、この日も打ち合わせがてらだったので、あまり狭くてもなんだしなぁということで、ぐでんぐでんに来ました。

そういう意味で、とても使い勝手のいいお店だと感じました。ボトルキープができるようなので、頻繁に通うならボトルを入れちゃうのがいいかもしれませんね。

DATA
店名和酒 鮮魚居酒屋 ぐでんぐでん
住所東京都目黒区鷹番3-1-2 アーク石田ビル 1F
電話番号03-6303-4784
URLインスタグラム

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ