喜之助 そうめん(細口)(真砂喜之助製麺所)はツルリとした舌触りが心地いい、こだわりを感じさせる素麺でした。学芸大学の「FOOD&COMPANY」でも買えます!~伝統を守り伝えていくために必要なこと - 肝臓公司(かんぞうこうし)

肝臓公司ロゴ

喜之助 そうめん(細口)(真砂喜之助製麺所)はツルリとした舌触りが心地いい、こだわりを感じさせる素麺でした。学芸大学の「FOOD&COMPANY」でも買えます!~伝統を守り伝えていくために必要なこと

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

小豆島の真砂喜之助製麺所の喜之助 そうめん(細口)。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

FOOD&COMPANY 学芸大学店で購入しました。同店は常時、喜之助 そうめんを取り扱っていますが、ここに限らずオーガニック食品店などによく置かれている印象です。

※この記事は2016年7月7日が初出で、2021年8月31日に大幅改定しています

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

パッケージがいいですよね。米袋のようでオシャレ。高級感もあります。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

5束×2パックに分かれています。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

とても強い甘い香り。ほんの少し太目で、平べったい麺や三角柱の麺なども混ざっています。形が不ぞろい。これは決して悪いことではありません。手延べそうめんであればよくあることです。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

茹で時間は約2分と書かれています。過去(2016年)に食べた際は1分、1分20秒、2分で試しました。その時は1分20秒がベストだと感じたのですが、今回は表示通り2分。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

歯切れは強くありません。プリっとしたコシ。表面はとても滑らかで舌触り、喉越しがいい。そのまま食べると一般的な素麺よりも強い塩味(えんみ)を感じました。もちろんしょっぱいわけではありません。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

いやぁ、いいですね。とてもおいしいです。私はブチッとした強い歯ごたえが好きなので★4としますが、小豆島そうめんらしいこういうタイプは連れの好み。連れは★5と言っていました。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像

500gで972円でした。一般的なそうめんは300gなので、300gに換算すると583円です。揖保乃糸は280円~300円ほどですから、ほぼ倍。ちょっと高いですが、いろいろなそうめんを試してみたいという方、いいそうめんをお土産やプレゼントとして購入したいという方にはピッタリだと思います。

kinosuke-hosokuchi-somenの画像 kinosuke-hosokuchi-somenの画像

それにしても、うまいんだよなぁ。やり方が。そうめんって難しい産業なんですね。そんな中、揖保乃糸とまともに張り合っても意味ありませんから、こうして自社商品をブランド化させて、揖保乃糸とは違うラインでビジネスチャンスをうかがう。

オシャレな包装にして、各所へ営業し、ポスターやパンフレット、ホームページなどでもアピールする。もちろんクオリティはしっかりと保ったまま。これにはコストもかかるでしょうし、大変なことだと思うんです。けど、生き延びるにはこうしないといけません。あるいは大手食品メーカーと契約を結ぶか。

やり方はいろいろあるのでしょうけど、現実的に伝統なるものを守り伝えるためのひとつのヒントが喜之助にあるようにも感じるのです。

DATA
名称喜之助 そうめん(細口)
原材料名小麦粉、食塩、ごま油
製造者有限会社真砂喜之助製麺所
評価★★★★☆