はたけなか製麺の北海道そうめんは激安だけど機械麺で過去最高クラスにおいしかったです。 - 肝臓公司(かんぞうこうし)

肝臓公司ロゴ

はたけなか製麺の北海道そうめんは激安だけど機械麺で過去最高クラスにおいしかったです。

はたけなか製麺の北海道そうめん

はたけなか製麺株式会社の北海道そうめん。パッケージには「北海道産小麦100%使用 つるっともちもち そうめん」と書かれていますが、公式サイトでは同シリーズのそうめんが「北海道そうめん」と表記されているので、商品名はそちらを採りました。

hatakenaka-hokkaidoの画像

はたけなか製麺は宮城県白石市の企業です。白石市といえば温麺(うーめん)。温かい麺ではなく、白石市ではそうめんが温麺(うーめん)と呼ばれています。一般的なそうめんの半分の長さという、ちょっと変わったそうめんなんですが、はたけなか製麺も白石温麺を作っていて、スーパーでもよく目にします。

hatakenaka-hokkaidoの画像

やまや 碑文谷店で北海道そうめんを見つけて購入しました。105円/260gということは一般的なそうめんの量・300gに換算しても121円。激安です。

すぐ隣には同社製の旨さ覚悟そうめんというそうめんもありました。こちらは246円/230g、300g換算で320円。手延べそうめんより高い! 得体の知れない機械麺にこの値段は出しづらい、ということで激安の北海道そうめんを選びました。

hatakenaka-hokkaidoの画像

開封。小麦の香りがしっかりと感じ取れます。どちらかというと細いタイプ。

hatakenaka-hokkaidoの画像

茹で時間は2分~3分と表記されています。様子を見つつ、2分15秒茹でました。

hatakenaka-hokkaidoの画像

ピンと張りのあるそうめんです。まずはそのまま。

hatakenaka-hokkaidoの画像

なぬ!? 歯切れはムチッ。しっかりとした弾力。機械麺にありがちなグチャッ、ドロッという感じは一切ありません。舌触り、のど越しはつるりとしていて、小麦の風味も豊か。

これはすごい。これまで食べてきた機械麺で1位、2位を争うおいしさかも。よくできてるなぁ。このクオリティでこの値段はコストパフォーマンス高過ぎ。

hatakenaka-hokkaidoの画像

とてもおいしかったです。激安なのも消費者としては嬉しい。機械麺のそうめんですが、★4を進呈します。機械麺で★4は初です。素晴らしい。お見事。

hatakenaka-hokkaidoの画像

これは油面地蔵通り商店街の山木屋酒店。今シーズン、はたけなか製麺のそうめんをよく見かけます。よく目立つと言った方が正確か? はたけなか製麺の営業担当者ががんばってるのでしょうかね。

正直、やまや 碑文谷店で旨さ覚悟そうめんを見かけた際は「こんなもの絶対買うかよ」と思ってました。けど、レギュラーの北海道そうめんがこんなにおいしかったので、今度、覚悟して買ってみます。

その代わり。

商品名と値段でみずからハードルを上げています。さらに、レギュラーの北海道そうめんを食べた私の中でそのハードルがさらに一段上がっています。はたけなか製麺よ、覚悟しとけよw

DATA
名称北海道そうめん
原材料名小麦粉(小麦(北海道産))、食塩
製造者はたけなか製麺株式会社
評価★★★★☆