肝臓公司ロゴ

小豆島の手延べそうめん・かぐや姫(アイランドコニシ/小西製麺所)はプリッとした独特な弾力が心地いい、ちょっと太めの素麺です。

kaguyahimeの画像

アイランドコニシ/小西製麺所(香川県・小豆島)の手延べそうめん「かぐや姫」。50g×5束=250gで398円でした(税込・送料込)。

通販(楽天市場)で買ったのですが、販売者は大阪王将w なんだかよくわかりませんが、大阪王将が大阪王将セレクションなる企画を立ち上げてて、全国各地の物産品を通販しているんです。ほんとなんでだろ?w

kaguyahimeの画像

小豆島は3大素麺にも数えられる素麺の産地です。ちなみに3大素麺とは三輪、播州、島原、小豆島のうちのどれか3つです。すべてを併せて4大素麺とも言われます。

小豆島の素麺には大きく二つの特徴があります。ひとつ目はごま油を使っていることが多いということ。ふたつ目は、いわゆる普通の素麺タイプと、少し太めでうどんのようなコシがあるタイプに分かれるということです。

ただ、このかぐや姫はちょっと独特です。まず、小豆島なのにごま油ではなく綿実油を使っている点、そして山芋(加賀丸芋)をつなぎとして使っている点が珍しいと言えば珍しいでしょう。

kaguyahimeの画像

袋から出すとポリポリと折れていました。配送中に折れたものもあるかもしれませんが、どうもそもそもが折れやすいようです。いくら郵送でもここまで折れてることは今までありませんでしたし。長さが不揃いなのも印象的です。

特徴的なのは、肉眼でかろうじて見えるくらいなのですが、素麺の中心に芯のようなものがあることです。これはいい素麺の証拠でもあります。手延べ素麺はヨリをかけながら延ばしていくため、中心に芯ができるのです(かなり端折って簡単に説明しています)。

こちらは同じ小豆島の真砂喜之助製麺所のそうめん。写真をよーく見てください。中心に芯が見えませんか? 小豆島のそうめんは太いので、こうした芯が肉眼でも見ることができます。

さて、茹で時間は2~3分と書いてあるので、2分15秒ほど茹でてみました。

kaguyahimeの画像

見た目だけで小豆島の太いタイプのそうめんということがわかります。ピカピカしていてキレイ。

kaguyahimeの画像

まずはそのまま。プリッ、プルンとしたコシ。いや、コシというよりも弾力と言ったほうが正確かもしれません。この独特な弾力が製法によるものなのか山芋によるものなのかはわかりませんが、チュルンと口に吸い込まれていく感じが心地いい。細いうどんとも言えなくはない食感です。味わいは甘味がしっかりと感じられました。とてもおいしいです。

kaguyahimeの画像 kaguyahimeの画像

香川県生まれの連れは「こういうタイプの素麺が好き」と喜んでました。ブチッ・プチッという小気味のいい歯切れより、プルンとした弾力がお好きであれば試してみてはいかがでしょうか。

DATA
名称かぐや姫
原材料名小麦粉、食塩、山いも粉末(加賀丸芋)、食用植物油
製造者アイランドコニシ/小西製麺所
評価★★★★☆

記事のシェアはこちらから