「タケノとおはぎ」(学芸大学・祐天寺)はオシャレでインスタ映えするおはぎなんだけど、見栄えだけじゃない。おばあちゃんの優しい気持ちも受け継がれた、まるで料理のようなおいしいおはぎです~中央中通りに関する所感

学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。中央中通りに「タケノとおはぎ」というおはぎの店があります。2018年2月7日にオープンしました。もともとは「イトシン電気」(2017年2月閉店)だった物件です。ガラス張りのキレイ・・・

「魚菜料理 いちょう」(祐天寺)のオーセンティックな料理はどれも手が込んでいて絶品!そんな中、たったひとつ異彩を放つ創作料理に度肝を抜かれました~小さいながらも趣き深い昭和通り商交会

祐天寺駅から徒歩5分。学芸大学駅から歩いても15分。昭和通り(昭和通り商交会)沿いにある居酒屋「魚菜料理 いちょう」。ずっと以前からとても気になっていた居酒屋です。あることがきっかけとなり今回、行くことができました。・・・

谷戸前川(学芸大学・祐天寺・目黒)の暗渠を巡ってみよう!(3/3)~謎だらけの学大の川を下ってみた

目次 祐天寺から目黒へ川下り/暗渠の基礎知識(1/3) 第一章:谷戸前川の基礎知識 第二章:祐天寺(目黒区中町)から始まる谷戸前川 地形図、古地図、航空写真で見る学芸大学の川(2/3) 第三・・・

谷戸前川(学芸大学・祐天寺・目黒)の暗渠を巡ってみよう!(2/3)~地形図、古地図、航空写真で見る学芸大学の川

かつて東京都目黒区に流れていた谷戸前川(やとまえがわ)を3回に分けて紹介していくシリーズです。この記事は第二弾。前回は祐天寺(目黒区中町)発の谷戸前川をめぐってみました。今回からは学芸大学です。「暗渠ってなに?」という方・・・

谷戸前川(学芸大学・祐天寺・目黒)の暗渠を巡ってみよう!(1/3)~祐天寺から目黒へ川下り/暗渠の基礎知識

かつて東京都目黒区に流れていた谷戸前川(やとまえがわ)を3回に分けて紹介していくシリーズです。暗渠初心者にもわかりやすいよう、できるだけ平易に書いたつもりです(私自身も素人に毛が生えたようなものw)。暗渠に興味ないという・・・

「和風家庭料理 酒処 花菜(かな)」(祐天寺・学芸大学)でマッカーサーが緑一色!?オシャレでおしゃべり好きなハイカラ姐さんの手料理はおいしくて、楽しいひと時が過ごせました。カラオケもあり。

祐天寺駅、学芸大学駅、目黒駅、不動前駅、武蔵小山駅から徒歩20分。目黒通り、油面交差点から油面地蔵通りを入って50mほど行くと、「花菜」という居酒屋があります。読み方は「かな」かな。一応、表の貼り紙には「和風・・・

「カーナ・ピーナ」(祐天寺・学芸大学)のカレーは辛い!好みが分かれる個性的なカレーは振り切っていて、ハマる人はハマります

スーパー三和のある祐天寺二丁目交差点で駒沢通りを横断する昭和通り(昭和通り商交会)。小さいながらも面白い飲食店が軒を連ねています。その内の一軒が「カーナ・ピーナ」。祐天寺駅から徒歩3分。学芸大学駅から歩いても・・・

「麺屋 東京かとむら」(祐天寺・学芸大学)の油そばはこってり濃厚なんだけど、酢と唐辛子で味変するから飽きずに食べられます~陸の孤島・油面の油麺はこの地に人を呼ぶ名物になる!?

祐天寺駅から徒歩15分、学芸大学駅から20分。油面通り沿い、油面地蔵通り商店街の北の出口のすぐ近くに「麺屋 東京かとむら」という油そば専門店があります。2017年10月7日にオープンしました。上の写真中、右手に折れる・・・

「COFFEE 軽食 喫茶プチ」(祐天寺・学芸大学)はランチしかやってない、レトロで不思議な喫茶店/定食屋。席に着けば自動的に出てくる日替わりランチは家庭的な味わいで、安定感のあるおいしさです。

この道、よく通るんですけどね。まったく気づきませんでした。人間の注意力なんてのはアテになりませんな。「ランチ」というのぼりに初めて気づいたのが半年前くらいでしょうか。幾度も行こうとしていたのですが、今回ようやく。・・・

祐天寺「Abura Bar(アブラバー)」の功罪~明るくてかわいい店主と柔らかな常連たちが作り上げる空間は寝られるほどくつろげる。あまりに素晴らしいバーなので他をめぐる気が失せるほどでした。

祐天寺駅から徒歩1分。ロータリーとは反対側、西口の路地を線路に沿うように五本木・学芸大学駅方面へ向かうと、坂になっています。その坂を下り始めるあたりに「Abura Bar(アブラバー)」というカジュアルなバーがありま・・・