「せたが屋」(駒沢大学・学芸大学・三軒茶屋)の魚介が強いダブルスープは濃厚で、今なお支持され続けています~環七ラーメン戦争と「せたが屋」がラーメン界にもたらした影響

駒沢大学駅から徒歩15分弱。三軒茶屋駅、学芸大学駅から徒歩20分。環状七号線・龍雲寺交差点にあるラーメン屋「せたが屋」。夜は魚介系と動物系のこってり濃厚ダブルスープの「せたが屋」ですが、昼は「ひるがお」というさっ・・・

「Kitchen Bar 柿の木坂LOFT(ロフト)」(学芸大学・駒沢大学)は野菜がおいしいダイニングバー。穏やかで柔らかな店主は生産者と消費者をつなぎ、地域とのつながりを願う

学芸大学駅、駒沢大学駅から徒歩15分強。環状七号線・野沢交差点に「Kitchen Bar 柿の木坂LOFT(ロフト)」というダイニングバーがあります。2017年10月28日にオープンしました。オープン日は関東に近・・・

「ら~めん 博龍」(三軒茶屋・駒沢大学)のラーメンは「香月」を彷彿とさせる味わい。チャーハンは卵感がハンパないしっとり系。これはすごい。もっと評価されるべき中華料理屋/ラーメン店です。

西太子堂駅・若林駅から徒歩10分、駒沢大学駅から11分、三軒茶屋駅・松陰神社駅から12分。ショートもレフトも取れないところにポトンと落ちるイチローのヒットのごとき場所にある「ら~めん 博龍」。駒留通りと環七の交差点す・・・

焼肉屋「一龍」(駒沢大学/野沢)は深夜遅くまで開いていて、いつも家族連れでいっぱい。昔ながらの焼肉店は地域に愛されていました

駒沢大学駅から徒歩15分。学芸大学駅、三軒茶屋駅からだと20分。環七沿い、龍雲寺交差点近くに「一龍」という焼肉屋があります。創業50年ほどの老舗です。お母さんにばったり。聞いてみたら、やはりはす向かいに建築中のビ・・・

「パオン昭月(しょうげつ)」(駒沢大学)の期間限定・生クリームあんぱんがおいしいのはもちろん、ソーセージフライパンがとてつもない逸品でした~孔雀が羽根を広げるかのごとき愛を感じさせてくれるパンとお父さん

なぜこういう風景に心が惹かれるのでしょうね。駒沢大学駅から徒歩10分弱。駒沢交差点から駒沢公園通りを100mほど北上したところに「パオン昭月(しょうげつ)」というパン屋さんがあります。オシャレな今どきのパン屋では・・・

上馬交差点の「駒沢 そば蔵」は和食系の料理、しっかりとしたそばがおいしくて、丼のハーフセットがお得。子連れでも大勢でも利用しやすい居酒屋のようなそば屋でした

駒沢大学駅から徒歩5分強。環七と国道246号線が交わる上馬交差点のすぐ近くに「駒沢 そば蔵」というそば屋があります。店内はとても広いです。手前はテーブル席、奥には座敷席とカウンターぽい席。確か土曜日か日曜・・・

中里通り商店街の「焼肉 二葉苑」(三軒茶屋・駒沢大学)は地元の人たちの家族団らんの場。いつまでも変わらない味は親から子へと継がれていきます

三軒茶屋駅、駒沢大学駅から徒歩10分ほど。学芸大学駅からだと30分近くかかりますが、下馬の西側、野沢の北側あたりにお住まいであれば、十分に徒歩圏内です。中里通り商店街にある「焼肉 二葉苑」。店をやってらっしゃ・・・

「中華そば ふくもり」(駒沢大学・野沢)の魚介系ラーメンは濃厚で思い返すだけで腹が減る。飯テロを仕掛けたつもりが自爆中w~中華そば、つけ麺、背脂、辛、人気のラーメンを一挙に並べてみた

「ふくもり? どこですか?」「昨日、せたが屋に行ってきて……。ふくもりですか? まだ行ったことないんですよぉ」たまたま、最近こういう会話になることが続きまして。ああ、そうなんだ、と。学芸大学駅住人視点からすると、・・・

「PANTECO(パンテコ)」(駒沢大学・野沢)のパンは変幻自在。主張しない特徴のなさはむしろ武器。料理を引き立たせるパンです~火垂るの墓、サクマ(式)ドロップス、目黒本町、パンテコと繋がる歴史の糸

「火垂るの墓」というアニメ映画(原作:野坂昭如、監督:高畑勲、制作:スタジオジブリ)はみなさんご存じでしょう。「火垂るの墓」といえばサクマ式ドロップスです。1908年(明治41年)、佐久間惣次郎商店が創業します。・・・

戦前から続く老舗そば屋「志ら井」(駒沢大学/上馬交差点)で、お母さんがあまりにも美人だったから、思わずカツ丼ともりを両方頼んでしまい、お腹が破裂しそうになった。けど、どっちもボリューミーでうまかった!

駒沢大学駅から徒歩10分弱。三軒茶屋駅から約15分。国道246号線と環状七号線が交わる上馬交差点のすぐ近くにあるそば屋「志ら井」。軽度の二日酔いを解消すべく、がっつりしたカツ丼を食べに行ってきました。店内には・・・