中央中通りの喫茶店「Coffee Shop 繁(しげる)」(学芸大学)は衝撃的。年配のご常連を手玉に取って場を回すお姉さんは、たとえるなら”学大の阿川佐和子”。その見事な立ち回りに感動すら覚えます。

衝撃。すごい。素晴らしい。感動。学芸大学駅から徒歩10分強。祐天寺駅からだと15分弱。中央中通り商店街にある喫茶店「Coffee Shop 繁(しげる)」。もしかしたら読み方は「しげ」かもしれません。とりあえ・・・

「Cafe & Restaurant まさひろ/まさひろ珈琲店」(学芸大学)へ誰かの思し召しに導かれるかのごとく吸い寄せられ、ランチのオムハヤシライスを食べました。とても優しい味わい。ゆったりとした店内はなんだか落ちつく雰囲気でした。

以前、碑文谷の喫茶店「あいびぃ」の前にハヤシライスというランチメニューが出ていたのを見かけました。急にそれが食べたくなり行ってみたところ、お店は閉まっています。のちに判明したのですが、2016年2月に閉店したそうです。・・・

三軒茶屋・下馬のカフェ「KOLM(コルム)」(世田谷観音)はなんだか居心地がよくて、「FUGLEN」(ノルウェー)のコーヒーもハンドメイドのストロベリーレアチーズケーキもおいしかったです

1日目(土曜日)のKOLMは穏やか。テイクアウトしてみた三軒茶屋駅から徒歩15分、学芸大学駅・祐天寺駅から徒歩20分。世田谷観音通り(旧明薬通り)と野沢通り龍雲寺通りが交わる世田谷観音交差点近くに2016年5月、・・・

クレープと酒とハスキーボイス。学芸大学の「ciel(シエル)」は夜までやっている、お酒もあるクレープ屋さん。B.L.T.と本気のツナはお酒にも合うクレープでした

学芸大学駅東口から徒歩1分。飲食店が軒を連ねる十字街と呼ばれる一画に「ciel(シエル)」というクレープ屋さんがあります。昼ごろから夜までやっていて、テイクアウトもイートインもできます。前を通るたびにチラッと中を・・・

「浜茶屋 やましょう」(茨城県鹿嶋市)で焼きはまぐりを食べて浜焼き気分。その後、海沿いのカフェバー「NALU’s TOY BOX」(鉾田市)でのんびりした、おじいちゃんとおっさんのある日曜日の話

75歳のおじいちゃんと42歳のおっさんが何の因果か友達になり、茨城県まで焼きはまぐりを食べに行ったという、まったくもって面白くもなんともないお話ですが、もしよければお付き合い下さい。半年、いや、1年ほど前からだったで・・・

「ヒグマドーナッツ(Higuma doughnuts)」(学芸大学)のフワッフワでモチッとした揚げたてドーナッツは、素材のおいしさが引き立っている優しくて心温まるドーナツでした。

学芸大学駅から徒歩3分。東口商店街の「カルディ」の角を右折してずっと真っ直ぐ行くと「ヒグマドーナッツ(Higuma doughnuts/ヒグマドーナツ)」があります。2016年6月19日にオープンしました。オープ・・・

「軽食・喫茶 ALETTA(アレッタ)」(学芸大学)の煮込みハンバーグは柔らかくて、前菜はボリューミーで、コーヒーも馬鹿デカでした~元気でチャキチャキなママさんはまるで田舎のオフクロ

先日、学芸大学のお好み焼き&もんじゃ屋「らくらく」オーナー・エイト君たちともつ鍋「うみの」へ行った時のこと。店を出て、そう言えばと思い出しました。「この筋に雰囲気のある喫茶店かなにかあったよねぇ」「ああ、あっちで・・・

下馬の住宅街に佇む「たいやきや コバヤシ」(祐天寺・学芸大学・三軒茶屋)のたい焼きは、まるでお父さんの笑顔のように優しくてほっこりさせられる味わいでした

都道420号線、通称・三宿通り。自転車で走っていたら、目の端にチラリとおかしなものが映りました。え? たいやき? 道を戻り、看板が示すほうを見てみます。「たい焼」という赤いのぼりが出ていました。へー、こん・・・

ダッチ・コーヒーの「PONTE(ポンテ)」(学芸大学)のビーフカレー(ハンバーグ付)を食べに行ったら、フワッフワのシフォンケーキを頂きました/三谷、唐ヶ崎、液体橋

※追記:正確な時期は不明ですが、いつの間にか閉店していました。閉店に気づいたのは2017年6月中旬です。追記以上学芸大学駅界隈にはいくつかの"失われた地名"があります。たとえば三谷。三谷というバス亭があったり、三・・・

洋菓子・ケーキ店「MATTERHORN(マッターホーン)」のケーキは学芸大学の誕生日パーティーの必需品

学芸大学駅西口を出て、線路沿いを都立大学方面へ。徒歩2分ほどで洋菓子・ケーキ店「MATTERHORN(マッターホーン)」があります。「マッターホーン」は1952年創業。学芸大学に住んでいると、とにかく頻繁にその名・・・