MEAT JOURNEY 2018

学芸大学の焼鳥屋「炙や 89(ハク)」の焼鳥は、大きい・安い・おいしい

学芸大学駅東口方面にある十字街。その名の通り、細い路地が十の字で交わる一帯で、数十軒の飲食店が密集しています。この十字のど真ん中、縦横の路地が交差する角にあるのが「炙や 89(ハク)」という焼鳥屋です。

aburiya89_01

数ヶ月前だったか、外観がリニューアルされて、摩訶不思議な感じにw とても楽しげな風情です。ただ、店内はいたってシンプル。焼き台があり、カウンター席があり、焼酎の一升瓶がずらりと並んでいます。

何度もうかがってますが、今回頂いたのはこちら。

aburiya89_02
aburiya89_03
aburiya89_04
aburiya89_06
aburiya89_05
aburiya89_07

お通しのいぶりがっこのポテサラ、バリバリキャベツ、ネギ間、せせり、レバー、カシラ、ハラミ。カシラとハラミはもちろん豚です。二人で行ったので二本ずつ頼んでます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、ひと串がかなり大ぶりです。とてもきれいに串打ちされています。そして、ぎっちりと詰まっているのも特徴的。

出された時に、思わず「でかっ」と言いたくなるほどインパクト大。ですが、見た目だけじゃありません。おいしいです。塩は薄めに振られていて、これでも十分おいしいのですが、もし、もう少し濃い目がいいなら、皿に添えられている味噌をつけます。

普通の店の1.5~2倍くらいの量なのに、ネギ間が1本200円くらいで、やきとん系は1本150円くらい。コスパもいいです。

焼き台の正面の席に座ると、すぐ目の前に一升瓶が壁のごとく立ち並び、圧迫感がありました。こういう焼鳥屋のよさはライブ感。焼いている姿が見られるから楽しいし、それがより一層、料理をおいしくさせます。なのに、一升瓶で焼き場を覆い隠すなんて……と思っていたら、焼き台の前の一升瓶がすべて取っ払われていました。見通しがよくなり、正面からも焼いている姿がよく見えます。うん、これで満点。自信を持って紹介できます。

「炙や 89(ハク)」は一度は行くべき、安くておいしい焼鳥屋です。

炙や 89(ハク)
東京都目黒区鷹番2‐20‐19
03-3794-4573
食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ