炙や 89/(学芸大学)の焼鳥は大きい・安い・おいしい。味付けもパンチがあり、とても満足度が高いです。

aburiya89の画像

学芸大学駅東口方面にある十字街。その名の通り、細い路地が十の字で交わる一帯で、数十軒の飲食店が密集しています。

この十字のど真ん中、縦横の路地が交差する角にあるのが焼き鳥屋「炙や 89(ハク)」。2004年からやっている老舗です。

飼っているフレンチブルドッグの名前がハクとテン。だから89。だったと思います。確か。

aburiya89の画像

摩訶不思議な外観ですが、店内はいたってシンプル。焼き台があり、コの字カウンター席があり、焼酎の一升瓶がずらりと並んでいます。

aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像

メニューはこんな感じ。初めてならおまかせ串盛5本がお勧めです。もし、それで足りなければ追加して下さい。7本、10本はやめておいた方がいいでしょう。理由はその内わかりますw

何度もうかがってますが、ある日に食べたのがこちら。

aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像
aburiya89の画像

お通しのいぶりがっこのポテサラ、バリバリキャベツ、ネギ間、せせり、レバー、カシラ、ハラミ。カシラとハラミはもちろん豚です。二人で行ったので二本ずつ頼んでます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、ひと串がかなり大ぶりです。とてもきれいに串打ちされています。そして、ぎっちりと詰まっているのも特徴的。

出された時に、思わず「でかっ」と言いたくなるほどインパクト大。ですが、見た目だけじゃありません。おいしいです。塩は薄めに振られていて、これでも十分おいしいのですが、もし、もう少し濃い目がいいなら、皿に添えられている味噌をつけます。

普通の店の1.5~2倍くらいの量なのに、ネギ間が1本200円くらいで、やきとん系は1本150円くらい。コスパもいいです。

aburiya89の画像

ここからは別日。お通しの鶏胸肉の豆板醤、胡麻、マヨネーズ(たぶん)。うまっ。

ハツ、せせり、皮。

aburiya89の画像

もも、ふりそで。

やっぱりでかい。そしてこの日は塩が強め。パンチがあっておいしいです。

aburiya89の画像

いい意味で言いますよ。今回はいい意味で雑でした。雑と言うと語弊があるか。なんだろう。豪快。切り分けも串刺しも塩の振りも焼き加減も。大ざっぱに感じるのですが、これが食べごたえにつながり、満足度を高めています。最初の3本が出て来た時に豚系を2本ほど追加しようと思ったのですが、5本食べ終えた時にはこれで十分だと感じました。

aburiya89の画像

表から見るといつも混んでます。若い子、女の子が多いとも感じます。安いですし、外から中が見られるから入りやすいということもあるでしょうね。混んでて入れず、すぐ近くの焼酎呑ミ処 2nd.(セカンド)で待機する人をしょっちゅう見かけますw

安い、大きい、うまい、満足度が高い。炙や 89(ハク)に一度は行ってみるべきです。一度じゃ済まなくなると思うけど。

DATA
店名炙や 89(ハク)
住所東京都目黒区鷹番2‐20‐19
電話番号03-3794-4573
営業時間18:00~26:00

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ