肝臓公司ロゴ

sideway/サイドウェイ(学芸大学)は素敵なバカがやっている~ノーチャージ&オール500円w

sidewayの画像

学芸大学駅から徒歩3分。東口商店街沿い、セブンイレブンの隣のビルの3階にsideway(サイドウェイ)というバーがあります。2014年8月にオープンしました。

ノーチャージです。ほとんどのお酒が原価関係なく500円です。バカですw

「僕もお酒飲んじゃうんですが、そうすると計算できなくなっちゃうんですよねぇ。だから500円でいいやと。仕入れる時にいつも思うんですよ。ヤバいなって(笑) お客さんからも言われます。『こんなことやってたら潰れるよ』って」

「客として飲むときチャージがあるのって嫌なんですよ。だから店でも取りたくないんです。もし潰れたら潰れたで仕方ないかなーって」

とは、若き店主の郁くん。バカでしょ?w

だけど、私はこのバカっぷりがとてもうらやましい。当然、ここで言うバカとは、頭が悪いとかそういう意味ではありません。彼はちゃんとわかってます。わかった上で、好きなことを好きにやってみようとしています。これ、できるようでなかなかできることではありません。だからうらやましい。

sidewayの画像 sidewayの画像

では、この店は本当に1年と持たず潰れるでしょうか。私は意外といけるんじゃないかなとも思ってます(希望的観測も含め)。なぜなら、このバカっぷりがみんなに愛されているから。今後、絶対に客が増えるから。そうすりゃなんとかなるもんです。

sidewayの画像

会計? 原価計算? そんなことをすっ飛ばして、大好きなバーをやる。大好きな酒を飲む。素敵じゃないですか。みんな小言を言いますが、でも、みんなが彼を、この店を支えようとしています。そんな店が簡単に潰れるわけがありません。

もし潰れたら? それはそれでよし。よくやったと惜しみない称賛を送るでしょう。もし続いたら? ほんのわずかなジェラシーを心に隠しつつ、いつまでもここsidewayに通い続けると思います。

sidewayの画像
もちろん贈り主の名前はでたらめですw

2016年8月15日追記:なんだかんだで2周年。紆余曲折ありつつ。ようやっとる。

客層は若めです。賑やかです。酒は普通ですが、郁がウィスキー系が好きなので、妙に高いスコッチがあったりもします。もちろんそれも500円。バーテン歴はそれなりにあるので、材料さえあればカクテルとかも作れます。

sidewayの画像

2017年10月23日追記:sideway(サイドウェイ)を作った郁は手を引き、同店の客でもあったレオ君が店を継ぎました。システム・料金はこれまで通りです。

sidewayの画像

右奥の帽子を被った男性がオーナーのレオ君。カウンターに立っているのは一年中タンクトップのスタッフ・タンク。相変わらず若者たちで賑わっています。

DATA
店名sideway(サイドウェイ)
住所東京都目黒区鷹番2-8-21 プロヴァンスG.U審美館 3F
URLインスタグラム
メモ東口を出て商店街をまっすぐ。セブンイレブンのふたつ隣のビルの3階
学芸大学の全飲食店リストバナー

記事のシェアはこちらから