「神戸鉄板 長田いっしん 学芸大学店」はぼっかけのお好み焼き屋。ぼっかけと油かすで濃厚・ガッツリなんですが、ペロリと食べやすかったです。

学芸大学駅から徒歩30秒。西口を出てすぐ右手へ行くと「神戸鉄板 長田いっしん 学芸大学店」というお好み焼き店があります。大きな鉄人28号が目印。2018年5月26日にオープンしました。そば屋「与志田(よしだ)」だった物件です。

武蔵小山商店街PALM(パルム)から一本入ったところにある武蔵小山店

一号店は武蔵小山。学芸大学店は既に閉店した五反田店に続く三店舗目で、現状では二号店。運営は有限会社多摩川。

JR新長田駅の若松公園内には18m(直立時/実物大)の鉄人28号が設置されています。作者・横山光輝は兵庫県神戸市長田区生まれという縁があり、震災復興と地域活性化のシンボルとして作られました。

同店は「KOBE鉄人PROJECT」という神戸・長田の地域活性化プロジェクトにも携わっているそうで、店頭の鉄人28号はそれを象徴するモニュメントなんだとか。

一部のメニューはテイクアウトもできます。


カウンター席、テーブル席、奥には座敷も。




メニューはこんな感じです。テーブル席、座敷にも、ここで焼いて運びます。

お通しのおでん(200円)。

レモンサワーの大(550円)。

大根とじゃこのサラダ(580円)。梅肉ソースが乗っていて、醤油ベースのドレッシング。

こんな風に店員さんが焼いて出すスタイルです。

「長田いっしん」のお好み焼きはどちらかというと広島スタイル。大阪のお好み焼きのように具と生地を合わせて焼くのではなく、薄く生地を敷いて、その上にキャベツなどの具を乗せ、別途、薄く敷いた生地の上に引っくり返して乗せます。

さて、ぼっかけについてです。ぼっかけとは牛スジとこんにゃくを醤油で甘辛く煮込んだもので、一般的には「すじこん」と呼ばれますが、長田区周辺では「ぼっかけ」と言います。

参考/wikipedia:すじこん

ぼっかけかす焼きそば(980円)。ぼっかけと油かすの入った焼きそばです。油かすは一般的には牛の腸を揚げたもの。ソースは甘めで、焼きつけられたぼっかけと油かすの香ばしさが印象的です。ガッツリ濃厚。

皿に残ったぼっかけと油かす。油かすのカリッ、牛スジのホロッ、こんにゃくのプニッ。味わいはもちろん楽しい食感がぼっかけの妙味ですね。

鉄人焼き(1280円)。ぼっかけ、油かす、えび、いか、ぶたが入っています。表面はパリッとしていて、中はしっとりと蒸し焼きにされたキャベツがジューシー。ぼっかけとソースの甘みが全面を支配していますが、関西スタイルのお好み焼きとは違い、中に生地はなくキャベツだけなので、サクッと食べられます。これなら女性でも一人でペロリといけちゃうでしょう。いや、男性より女性のほうが少食とは限らないから、こういう言い方もあれだなw

濃厚でパンチがあって、どれもおいしかったです。


目の前ではテイクアウト用のぼっかけそばめしを作っていました。

トイレも鉄人28号だらけw

普通の広島のお好み焼きであれば、キャベツがもっと詰まってるからボリューミーですし、関西のお好み焼きだったら、生地が多いので食べごたえがある。それに比べ「長田いっしん」のお好み焼きはキャベツも生地も少ないので、見た目や大きさの割にはペロリと食べられます。

値段の割に量的な満足感が得られなかったので、もしもう一度行くとしたら、"鉄人"と名のつくメニューは外します。そして、ぼっかけモダン焼き(880円)とぼっかけそば飯(880円)を頼み、あとは安いぶた焼き(680円)もしくはぶた焼きそば(680円)にするかな。こうすれば180円差で上述の鉄人焼き+ぼっかけかす焼きそばより一品多く頼めるから。

ガッツリ飲むのであれば、コースにしちゃうのもいいかもしれませんね。コースはすべて飲み放題付きなので(食べログでは3800円~。ホットペッパーでは3500円~。掲載メディアによって値段が違うので要確認)。

個人的には「学芸大の街」という言い方が耳に馴染まないのですがw、それはさて置き。

学芸大学には「キャベツ亭」「かまくら」「らくらく」などなど、お好み焼き屋がたくさんあります。さらに「ぼっかけや」というぼっかけのある素敵な飲み屋もあります。かなりの激戦区。

「長田いっしん」はいわゆる"お好み焼き"というイメージじゃなく、あくまでもぼっかけの店と思って行った方がいいかもしれません。特にぼっかけを食べたことがないという方は、一度のぞいてみるといいんじゃないでしょうか。

DATA
店名神戸鉄板 長田いっしん 学芸大学店
住所東京都目黒区鷹番3-8-3 与志田ビル1F
電話番号03-5734-1440
URL食べログ

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ