七甲山(しちこうさん) 学芸大学店はA4、A5の黒毛和牛一頭買いの焼肉店。希少部位もあって安くておいしくて、コスパ最高! - 肝臓公司(かんぞうこうし)

肝臓公司ロゴ

七甲山(しちこうさん) 学芸大学店はA4、A5の黒毛和牛一頭買いの焼肉店。希少部位もあって安くておいしくて、コスパ最高!

shichikousanの画像

学芸大学駅から徒歩2分ほど。東口を出てすぐ右へ。線路沿いに真っ直ぐ行った先に七甲山(しちこうさん) 学芸大学店という焼肉屋があります。2009年にオープンしました。運営は株式会社牛繁ドリームシステム

学芸大学に引っ越してくる前から七甲山 渋谷道玄坂店によく行っていました。学芸大学に引っ越してきても、ちょくちょく学芸大学店に行っています。

shichikousanの画像

店内は4人掛けもしくは6人掛けの座敷テーブルが6つほど。左手の一番手前の席はちょっと狭め。

shichikousanの画像

七甲山はA4、A5の黒毛和牛を一頭買いしています。ですから、いわゆる希少部位と呼ばれるような肉もあります。

shichikousanの画像 shichikousanの画像 shichikousanの画像 shichikousanの画像

2022年7月6日時点のメニューです。値段は大手チェーンとさほど変わりません。

以下は複数回分の写真が混ざっています。

並でも値段以上のクオリティ

shichikousanの画像

変に甘いキムチってあるじゃないですか。あれ嫌い。けど、ここのはそれほど甘くありません。アミエビ由来と思しきエビ系魚介ダシがきいています。もっと辛いのが好みですが、これはこれでぜんぜん。いいつまみです。

shichikousanの画像

並のロースとカルビ。これも含め、以下すべて1人前ずつです。

ロースはさっと炙る程度で頂きます。ロース系は焼き過ぎが一番よくありません。「ロースはパサパサでおいしくない」と思っている方は、おそらく焼き方を間違ってます。

うん、並なのにおいしい。肉感がしっかり味わえます。カルビもササッとね。脂の溶け具合を見ながら。こちらは甘み全開。ライス大をわしわしかきこみます。うまうま。

shichikousanの画像

芯心(しんしん)。七甲山では上ロースの内のひとつという位置づけです。

shichikousanの画像

こちらもサッと炙る程度。というか、本当はごにょごにょするんですが、書けない書けないw 味付けはうっすらと塩・コショウが振られているのみ。3種のタレが供されるのですが、ロース系はわさび醤油がおすすめです。あるいは、

shichikousanの画像

各テーブルに岩塩があります。こちらをガリガリ削って使うもよし。

芯心は内もも下側の球状の部分「しんたま」の一部。とても濃厚です。

shichikousanの画像

次はかいのみ(左)とざぶとん(右)。かいのみは上カルビ、ざぶとんは特上ロースという位置づけです。ちなみに、並とか上とかの基準は店次第です(いや、ロース、カルビという呼び方だって店次第の部分もある)。どの店でもざぶとん=特上ロースというわけではありません。

かいのみはバラの一種なんですが、ヒレに近いので、ある意味、ロースとカルビの中間のような味わいです。それなりにサシがありつつも、赤身的な肉のうまみもしっかり味わえます。脂が濃いと感じるなら岩塩もしくはわさび醤油で、カルビの割にさっぱりしてるなと感じるなら、プレーンのタレで食べるのがいいと思います。

ざぶとんは肩の芯の部分。みすじやとうがらしと近い部位なのですが、その中でも特に霜のふった部位です。私はこういう部位をわさびで行くのが好きですねぇ。うまっ。

そこまで多くは食べなかったので、二人で約5500円(お酒2杯、ソフトドリンク2杯)。一人2750円。下手なチェーン店に行っても一人2、3000円は余裕で行きます(しかもおいしくないのに)。だったら、こっちに来た方が断然いいですよねぇ。

しっかりサシが入った上

shichikousanの画像 shichikousanの画像 shichikousanの画像

別日。キムチ盛り合わせ、上タン塩、上ロース、ハラミ。

shichikousanの画像 shichikousanの画像

名物のひとつ、ドラゴンハラミ。8割方焼けたらハサミで切り分けます。

shichikousanの画像 shichikousanの画像

トモ三角、みすじ。ちょっと厚め。サシが強い部位は薄い方がいいっちゃいい。けど、この値段ですからいいでしょうw

いずれにせよ、どれもこれもリーズナブルでおいしいです。

shichikousanの画像 shichikousanの画像

上ミノ、コムタンスープはイマイチ。冷麺はなかなかおいしかったと記憶しているのですが、その他のスープ・ご飯物は当たり外れがある気がします。ま、しゃーない。普通のライス+肉で攻めるのがおすすめです。

shichikousanの画像

コスパがいいというのは、まさに七甲山のこと。詳細は以下に書きますが、確かに「こういうカットにすればもっといいのに」と思うこともあります。けど、この値段ですからね。これはこれでOK。

お手頃においしい焼肉が食べたければ、七甲山を一度試してみてください。私は大好きです。

七甲山の変わった肉のカット

コスパ最高の焼肉店・七甲山 学芸大学店。ぜひオススメしたいのですが、ここを人に勧める際、必ず言い添えることがいくつかあります。

まず肉に関して。店舗によって、もしくはスタッフによって、あるいは経営方針・サービス提供の仕方の変更のせいか、行くたびにカットの仕方が違うと感じます。

七甲山に行き始めた当初は「バカなの?(笑)」と思うほど厚めに肉をカットしていました。リブロースやみすじなど、脂多めの部位の厚みが5mmほどあったり。もしかしたら面食らうようなカットで出てくるかもしれません。特に脂多めの部位を注文する際は注意して下さい。

かわいそうなオペレーション

いつもスタッフが少ない。フロア担当はてんてこ舞いです。そんな中でも本当によくがんばってます。オーダーの付け忘れはありませんし、際立って遅くなることもありません。

とはいえ、タイミングによっては「まだかな?」「あれちゃんと通ってる?」と思うこともあるかもしれません。私からの勝手なお願いですが、スタッフにキツくあたるのはやめてあげてください。十分な人員を割かない会社が悪い。

例のスタッフ

七甲山 学芸大学店には"名物"スタッフがいました。初めて学芸大学店に行った時、笑っちゃいました。控えめに言って、日本の飲食店でもっとも接客態度の悪い店員ですw

具体的にどうだったか、面白話として書くこともできるのですが、やめておきましょう。そりゃもうすごいのなんの。

ただ、2017年ごろにはもういなくなっていました。ご安心をw

DATA
店名七甲山 学芸大学店
住所東京都目黒区鷹番3-4-18 八木ビル1F
電話番号03-3712-8779
URLインスタグラム