肝臓公司ロゴ

青果フレッシュひろき(武蔵小山)の野菜・果物は大きくて鮮度バツグン。もちろんおいしい。野菜・果物を日持ちさせたい時はひろきへGO!日曜日もやってます。

hirokiの画像

武蔵小山駅から徒歩8分。武蔵小山商店街パルムを抜けようかという頃合いに、青果フレッシュひろきという八百屋/青果店があります。

hirokiの画像

看板の店名も電話番号も前店・おもちゃ ふじや(フジヤ玩具店)のままw 前店と言っても、もう10年以上前のことだと思います。

hirokiの画像

以下はご主人に軽く聞いただけなので、不正確なことも含まれています。

おそらく1980年代のことでしょう、もともとは川崎で青果店/八百屋でやってらっしゃいました。武蔵小山に移って来たのは1990年頃。当初は「東急ストアのほう」だったそう。その後、ケンタッキーフライドチキン 武蔵小山店を左折した先に店舗を構えます(東京都品川区荏原3-4-18)。

この場所は現在はハイツ・ヒロキという建物になっていて、一階はイタリアンです(2020年10月時点)。想像ですが、青果フレッシュひろきは店舗がハイツ・ヒロキに建て替わる2007年頃までここで営業をしていて、建て替えのタイミングで現在地へと移転してきたのではないでしょうか。

hirokiの画像

青果フレッシュひろきのすぐ先の筋を入ったところに倉庫があります。白髪・長髪の男前店主・佐藤輝一さんはいつも店舗と倉庫を行ったり来たり。もしかしたらこの倉庫も一時は店舗だったこともあったりして?

hirokiの画像

店頭には野菜と果物がいっぱい。パッと見ただけでも新鮮さがわかります。あとで知ったことですが、野菜もさることながら、果物の評判が特にいいようです。

hirokiの画像
某スーパーの店頭に積まれていたキャベツ

この日は日曜日でした。どうしてもキャベツが必要だったのですが、日曜日に開いている八百屋はありません。スーパーを何軒か回ったところ、高いか品質が微妙かで買う気になれませんでした。

青果フレッシュひろきに並ぶ新鮮で大きな野菜

そんな中、青果フレッシュひろきに行ってみたら、日曜日なのに開いていて、しかも立派なキャベツがお手頃価格。上の写真と見比べてみて下さい。見た目からして、ぜんぜん違いますよね。同じ値段でどちらを選ぶかと言われれば、それは考えるまでもなく。

キャベツに限らず、すべての野菜・果物が立派です。そしてきれい。ハリがある。そもそもの質がいいということもあるのでしょうけど、それだけではないような気がします。日曜日にこのクオリティを維持できているということは、在庫の保管・品質管理にも大いに気を遣っているんじゃないでしょうか。

大きくて重たい岩手県産のキャベツをリュックに入れて帰宅しました。

※東京都中央卸売市場青果部(大田市場)は日曜日と水曜日が休業なので、青果店/八百屋は日曜日・水曜日が定休日ということがほとんど。青果フレッシュひろきのように木曜日が定休日という店はまれ。

hirokiの画像 hirokiの画像

写真でわかりますかねぇ。大きくて重くて瑞々しさを感じさせるキャベツです。

hirokiの画像

半分に割ってみたところ、葉がみっちりと詰まっていました。密度の高い、いいキャベツだ。

で、なぜキャベツが必要だったかと言うと。

hirokiの画像

千切りにして水にさらし、冷蔵庫でキンキンに冷やして、

hirokiの画像

あ、違う。

hirokiの画像

違う。

hirokiの画像

そう。今回はこれがメインの写真w

豚のしょうが焼きにはキャベツが必須なのです。キャベツにマヨネーズをピィーッとかけて、甘辛いしょうが焼きと一緒に食べる。これこそが豚のしょうが焼き。

張りのあるキャベツの千切り。シャクッ。キャベツのうまみと甘みがとても強い。こんなにおいしいキャベツは久しぶりかも。予想通り(見た目通り)やっぱりいいキャベツでした。

hirokiの画像

翌日はざっくり細かく切って、お好み焼きに。

hirokiの画像

ソース、マヨネーズという濃い味付けなのに、キャベツの甘みがしっかりと感じられます。変に水っぽかったり青臭かったりしないのも印象的でした。

hirokiの画像
昔ながらのカレーにキャベツの千切り

安い野菜を買ってきたら、一日でへたってダメになった。そんな経験ありません? パッと1日で使い切るのであれば、少々鮮度が落ちる安い野菜でも十分ですが、何日か持たそうとするのであれば、やっぱり鮮度は大切です。

その点、青果フレッシュ ひろきの野菜は鮮度がいいので、日持ちします。キャベツは約1週間かけて食べきりましたが、最後までシャクシャクでした。

大きくて質がよくて鮮度のいい野菜がほしい。数日かけて野菜を使い切りたい。そんな際は青果フレッシュ ひろきに寄ってみてはいかがでしょうか。やっぱりぜんぜん違うもんですよ。

hirokiの画像 hirokiの画像

追記。

ちょうど一週間後の日曜日に再び青果フレッシュひろきへ。お客さんがいなかったので、少し話をうかがいました。お店の変遷は上述の通りで、あと気になるのが定休日のこと。

「先日買わせて頂いたキャベツがすごく立派でおいしかったです」

「こういう対面販売だと誤魔化しがきかないから」

「水曜日と日曜日に営業されてるってのは珍しくないですか?」

「だってほら」

そういって店前の商店街に向かって手を広げました。界隈有数の超大型商店街。日曜日の昼過ぎは人で溢れかえっています。

「これだけ人がいるんだもん。やらないほうがおかしいよ(笑)」

第一には、目の前にこんなにも潜在的顧客がいるんだから、放っておく手はないという商売視点。けど、その裏には商店が休みがちな曜日に開けておいて、みなさんに喜んでもらおうという気持ちもあるはずです。

購入したネギをリュックに挿して、自転車のスタンドを外します。

「また寄らせて頂きます」

「ありがとうございました」

hirokiの画像

青果フレッシュひろきで買った立派な長ネギと、精肉店としてはこれまた珍しく日曜日に開いている牛豚もつ専門店みやこ屋で買ったガツ。これは武蔵小山じゃないと揃わない。学大住人としては嫉妬しかありませんw

hirokiの画像 hirokiの画像

で、ガツの五目中華炒めとガツポン。ガツがメインになっちゃってるけど、ちゃんと青果フレッシュひろきの長ネギも使ってますw どちらもうまい! 少し遠いけど、青果フレッシュひろきに行く機会も今後増えそうです。

hirokiの画像 hirokiの画像 hirokiの画像

追記。で、実際、増えましたw よく買うのはキャベツ。大玉がその日は90円! メンチカツに添えました。別日は立派な葉付大根でもつ煮込み。やっぱり日曜日にやってるってのが助かりますね。

※「フレッシュひろき」という店名が広く使われていますが、レシートには「青果フレッシュひろき」と印字されていたので、当記事でも「青果フレッシュひろき」としました

DATA
店名青果フレッシュひろき
住所東京都品川区荏原3-5-12
電話番号03-3788-3490
定休日木曜日

記事のシェアはこちらから