函館らーめん 汐のや(西小山)の塩らーめんは鶏のうまみが溢れ返っていて、店中に人への優しさと西小山への愛が溢れ返っていました。

shionoyaの画像

西小山駅から徒歩2分。アーケード商店街の南端にある函館らーめん 汐のや。2016年11月10日にオープンしたラーメン屋です。

鮨のいつき(テイクアウト)→鉢巻太助/小僧寿し(テイクアウト)→麺屋 黒琥→函館らーめん 汐のやと変遷してきた物件です。麺屋 黒琥が短命に終わったせいか、地元の人たちにしてみると、この物件は続かないというイメージがあるそうな。ただ、汐のやはもうすぐ3年。定着したと言ってもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに前店・麺屋 黒琥はムジャキフーズの店でした。汐のやもムジャキフーズのブランドなのですが、ここがどういう経営実態なのかは不明です。まあ、ムジャキフーズは独特な契約なので、仮にムジャキフーズが絡んでいたとしても個人店に近い店になるはずですが。

汐のやと言えば、初夏になると店頭に置かれる誰でも自由に飲める麦茶。おそらくは初めて置かれるようになった2017年シーズンからお世話になっているのですが、この麦茶が冷たくておいしいんです。大変助かっているので、一度は汐のやのラーメンを食べようと思っていました。

shionoyaの画像
shionoyaの画像

店内はL字カウンターにテーブル席。明るい雰囲気のお店です。スタッフは男性店主と女性スタッフが一人。いつも同じ女性なのか、他にも何人かいるのかは不明です。この日はハスキーボイスの明るいお姐さんでした。

shionoyaの画像

お店のデフォルトであろう塩らーめんを注文して、メニューや店内をじっくり観察します。

shionoyaの画像
shionoyaの画像

全体的に安く感じます。特に生ビールと餃子。餃子も頼めばよかったかなぁ。まあいいや。また来ればいいだけだ。

大人用の半らーめんと子供用のらーめんが分かれているのも面白い。どちらも麺は半量なのですが、子供用にはコーンが入っていて、店主の心遣いが読み取れます。

店頭にもあるのですが、メニューは絵になっています。うまいなぁ。ぬくもりのあるタッチ。料理の絵もいい味なのですが、背景のオレンジね。すごい。なんだろう。白いラインがシャシャシャと入っているでしょう。クレヨンで塗って、削ってるのか? それにあたかも貼り合わせたような効果も随所に見える。あるいは、あえて塗り方を変えてエリアをセパレートしたり。

私にはよくわかりませんが、絵のことがわかる人であれば、ここに使われている技法がひと目でわかるだろうな。いずれにせよ、素人が適当に塗ったのとはわけが違う。あたしゃこのメニューでゴッホの「ひまわり」さえも思い起こしましたよ。

shionoyaの画像

子供用の椅子が用意されているのも印象的。

shionoyaの画像

ディスプレイ用なのか売り物なのか、おもちゃやぬいぐるみもいっぱい。

shionoyaの画像

「じぃじぃ ばぁばぁ いつもあそんでくれてありがとう らーめんたべてね」

1000円と500円の"商品券みたいなラーメン券"もあります。「お釣りは100円券・50円券でお支払い」とあるのでハッとなってメニューを見返しました。全メニューが50円刻みでした。なるほど。

「お待ちどおさまです」

shionoyaの画像

おおお。透き通ったスープを想像していたのですが、濃度があります。へー。まずはスープをひと口。

あ!

予想とまったく違います。優しい味わいかと思っていたら、鶏がガッツリ。めっちゃ鶏。超鶏。鶏すごっ。鶏の甘み・うまみがハンパない。

そして、単なる鶏というだけではない濃厚なコクを感じます。鶏の脂? いや、もはやバター。それくらい濃い。トッピングにはバターがありますが、デフォルトのスープにもバターが入っているんじゃないか、そう思わせるほどのコクです。

強くてガッツリで、とてもパンチのある味。塩味(えんみ)も強め。これは予想外だったなぁ。帰って某ログ等を見てみたのですが、「あっさり」「優しい」という感想がいっぱい。うそでしょ。ふだん二郎しか食ってねぇんじゃね?w

丼が大きめです。そこにたっぷりと濃厚なスープ。食べごたえもあります。おいしいなぁ。好きだなぁ。暑いこの季節、これくらいのパンチがちょうどいい。ん? もしかして季節や気温によって味を変えてたり? さすがにそこまではしてないか?

会計は650円。今どきのラーメン屋にしてはやっぱり安い。

「この絵はどなたが?」

「店主です。メニューも表の看板も全部」(女性スタッフ)

「以前、何かおやりになっていたんですか?」

「いえいえ」(店主)

うそおっしゃいw

「え? 独学ですか? いやぁ、これだけうまいのに何もやってらっしゃらないというのは逆にすごいですけど……」

「昔、油絵を」(店主)

ほらねw

「でしょうねぇ。じゃないとこれは描けませんよ」

「こちらもそうなんです。どうぞ」(女性)

「ありがとうございます」

shionoyaの画像

かわいいトッピング券もカタツムリの絵。「トッピング」と「プレゼント」の後ろに敷く色を変えたり、グラデーションを入れたり、そりゃもう凝りに凝ってるのですが、問題はこの形です。正方形とかにしておけば、カラーコピーしてカッターでサッと切ればいいだけ。切るのに手間のかかるこんな形にわざわざしますかねぇ。

shionoyaの画像

これは2018年5月5日に撮影したものなんですけどね。

shionoyaの画像

「コレで作りました」

なぜ粘土のケースがぶら下がっているだろうと思ったら……。

自分の内から湧き出るものを抑え切れない。だから溢れ出る。結果、すべてが過剰になる。学芸大学ならねこにこばんがまさにそう。なぜそうなるのかは人それぞれなんでしょうけど、基本的には愛だったり優しさだったりするのでしょう。だからこそ子供たちが喜ぶだろうと、トッピング券をかわいく切り抜く手間を惜しまない。粘土で冷やし中華まで作ってしまう。

しかも、汐のやの愛は単にお客さんに向けられているだけじゃありません。このお店は、この店主は西小山という街を愛している。

店頭に麦茶を置く。孫がおじいちゃんに渡すための商品券を用意する。それもこれもこの街を愛しているから。ラーメンを作りながら、店主の目線はずっと店外へと向けられていました。通りすがる街の人たちすべての顔を確かめるがごとく。

shionoyaの画像

2019年4月13日撮影。

shionoyaの画像

2019年5月25日撮影。一ヶ月でもう変わってるw 愛が注ぎ足されてる。

「汐」は文字通り夕方の"しお"。夕刻、月の引力により海面が上昇することです。

月の光は優しいのですが、引力は太陽の約2倍。夕方になると溢れんばかりに潮が満ちます。

函館らーめん 汐のやは優しい。けど、人を、街を愛そうとする気持ちがこの上なく強い。その溢れ返る想いが乗った塩らーめんもまたとても強く、記憶に色濃く残るその味は街の人を惹きつける。

私は学芸大学住人。潮が引くように一度、学大へと戻ります。けど、かわいいトッピング券を使って味噌ラーメンを食べるため、再びまた月の引力に寄せられ汐となり、溢れる優しさに舞い戻ることになるのでしょう。

DATA
店名函館らーめん 汐のや
住所東京都品川区小山6-4-7
電話番号03-3788-1031
営業時間11:00~22:00
※日曜日は21:00まで

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ