ドトール珈琲農園 学芸大学駅前店は打ち合わせやパソコン作業にも最適!ゆったりしたオシャレな雰囲気で、濃厚なコーヒーもおいしいです。

あれ?

  • コーヒー一杯で過ごせる
  • 駅近
  • 食事ができる
  • 通し営業でいつでも行ける
  • ゆったりとしたスペース
  • 気兼ねなくパソコンが使える
  • 周囲を気にせず打ち合わせができる
  • Wi-Fiがある
  • 電源がある
  • 喫煙可(分煙)

各項目が○であれば1点、10項目10点満点。このチェックシートをもとにしたランキングを作ると、ドトール珈琲農園 学芸大学駅前店は9点(電源が-1点)で学大トップクラスだ。いや、待てよ。9点を超える店が学大にどれだけあるのだろう……。

あれ? 何気になくね?

doutorthefarmの画像

学芸大学駅から徒歩10秒。西口前のドトール珈琲農園 学芸大学駅前店。多摩堤通り店に続く同業態2号店として2017年11月15日にオープンしました(私の誕生日!w)。2019年5月現在、前出2店舗と江戸川店、大宮東口店の計4店舗があります。

doutorthefarmの画像

石造りの邸宅を彷彿とさせるエントランスをくぐり、雰囲気のある階段を上って2階へ。テーマパークのアトラクションにでも入場するような感じw

doutorthefarmの画像

ドトール珈琲農園 学芸大学駅前店は4つのエリアに分かれています。この図は私が適当に作ったものです。細かいところは間違っているかもしれません。ご了承を。

doutorthefarmの画像

入って右手(A)はソファーのあるラグジュアリーなエリア。

doutorthefarmの画像

左手には3つのエリア。ガラスで仕切られている(B)はウッディーなカントリー風? なんだろね。壁にはたくさんのスコップが掛けられています。コーヒー農園=スコップというイメージがあるのでしょうね。

doutorthefarmの画像

(C)は回廊のようになっているのですが、何をイメージしてデザインされているのかな?

doutorthefarmの画像

(C)の先は地下室(?)のような喫煙エリア(D)。

画面奥、窓際に立っている人がいます。普通のドトールでもよく見かけますが、禁煙席に陣取って、タバコを吸うときだけ喫煙エリアに行くというのもありですね。なお、気のせいかもしれませんが、普通のドトールの喫煙エリアより、ドトール珈琲農園の喫煙エリアのほうが臭くありませんでした。

ちなみに、この日はゴールデンウィークの真っただ中でした。そのせいでしょうか、ドトール 学芸大学店(東口)、学芸大学西口店ともに喫煙席がいっぱいで入れなかったので、飲み屋が開き出す17:00まで時間を潰すべく、ドトール珈琲農園 学芸大学駅前店にやって来たという次第。

どこも広くてゆったり。落ち着いた雰囲気です。普通のドトールとはまったく違います。

座り心地のいいソファー席について注文します。メニューはこんな感じ。

doutorthefarmの画像
doutorthefarmの画像
doutorthefarmの画像
doutorthefarmの画像
doutorthefarmの画像
doutorthefarmの画像

レギュラーサイズのコーヒーが500円。普通のドトールはブレンドのSが220円、Mが270円。私はアイスカフェラテしか飲みません。ドトール珈琲農園は600円。普通のドトールはSが270円、Mが320円。ざっくりと2倍の差です。

スイーツのほか、フードが充実しているのも印象的です。値段はそれなりにしますね。あ、こういうのをシーズナルメニューって言うんだ。オシャレ。

doutorthefarmの画像

スタッフを呼ぶボタンがあって、手前のチェスの駒は伝票替わりです。会計時はこれを持ってレジへ行きます。なお、クレジットカードが使えるというのもドトール珈琲農園の特徴。

doutorthefarmの画像

アイスコーヒーとアイスカフェラテ。普通のドトールよりもドトール珈琲農園のほうが明らかにコーヒーが濃厚です。確かにおいしいっちゃあおいしい。もちろんシロップをたっぷり入れます。甘いコーヒーが大好きなのです。

doutorthefarmの画像

店に聞いたところ、フリーのWi-Fiが飛んでいると言っていました。それが具体的に何なのかはよくわかりませんが、ドコモのフリーWi-Fiは使えました。また、目黒区のフリーWi-Fiも拾えるかもしれません(使い勝手は悪いけど)。

電源がないのが残念ですが、そこまでやると本当に一日中居座られたりしてねw それくらいくつろげます。

doutorthefarmの画像

普通のドトールは隣の席と近いので、混み入った仕事の話がしづらい。ガストはちょっと騒がしいこともある。マクドナルドは全席禁煙だし、ケンタッキーも時間帯(曜日)によっては吸えない。タバコを吸わないにせよ、マックとケンタは臭いが強烈w

上の店内写真をもう一度ご覧下さい。多くの人がパソコンを開いていますよね。席と席が離れているし、各席もゆったり。打ち合わせやちょっとしたパソコン仕事をする際もドトール珈琲農園はちょうどいい。

"Welcome to the Farm!"

珈琲農園主の邸宅に招かれたような上質な空間で、心ゆくまで珈琲の味わいを愉しむ。そんな空間を目指して、ドトール珈琲農園はうまれました。

出典/ドトール珈琲農園公式サイト

この雰囲気が「珈琲農園主の邸宅」かどうかは知りませんがw、テーマパークのちょっとシャレた飲食店って感じ。コーヒーにまったく興味のない私としては、アイスカフェラテが600円というのは高く感じますが、ゆったりとした空間の対価だと考えれば、この値段でも納得です。

どうでもいいけど、ドトール珈琲農園のキャッチコピー"Welcome to the Farm!"を見た瞬間、頭の中でアクセル・ローズがシャナナナナナナナニーズニーズと絶叫したよw

doutorthefarmの画像

それはさて置き、ここまで幅広い層が気軽に利用できる、ゆったりとした場所って学大で他にはないような。うん、こりゃ重宝。

学芸大学で打ち合わせをしたい。人の目を気にせずちょいとノートパソコンを使いたい。コーヒーを飲みながらのんびりくつろぎたい。そんな時、ドトール珈琲農園を利用してみてはいかがでしょうか。

doutorthefarmの画像

追記。実際に打ち合わせで利用しました。ゆったりしているし、適度な雑音が逆にこちらの会話を目立たなくさせてくれてちょうどいい。

相手はアイス珈琲 1.5倍たっぷりサイズ。私は相も変わらずアイスカフェラテ。やっぱ濃厚でおいしい。

DATA
店名ドトール珈琲農園 学芸大学駅前店
住所東京都目黒区鷹番3-6-1 第一ストアビル 2F
電話番号03-5721-1751
営業時間平日/9:00~21:00(L.O.20:30)
土/9:00~21:00(L.O.20:30)
日祝/7:30~21:00(LO.20:30)
URL公式サイト

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ