「BOLSO(ボルソ)」(学芸大学・駒沢大学/祐天寺)はかわいくておいしいパンがいっぱい!普段使いできるパン屋さんです

郵便受けにかわいいチラシが入っていました。

bolsoの画像

大好きなあのパンをぱくり。
ぱくりぱくりと無くなって、もう一個食べたくなるから
こっそりポケットにしまっておく。
手作りのパン。ボルソのパン。
あなたの大好きなパンを見つけてください。

野沢三丁目にあたらしい
パン屋さんができました。

BOLSO

なんのこっちゃ?と思ったのですが、調べてみたらBOLSOはポルトガル語でポケットの意味なんですね。なるほど。

さっそく行ってみたのですが、お盆休み。間をあけて後日、再び訪れました。

bolsoの画像

学芸大学駅、駒沢大学駅から徒歩15分ほど。環状七号線・野沢交差点から少し学芸大学駅方面へ行ったところに「BOLSO(ボルソ)」というパン屋さんがあります。2014年7月6日にオープンしました。

2018年1月11日には祐天寺にも2号店ができました。祐天寺店は販売のみです。野沢の本店で作ったパンを運ぶそう。

bolsoの画像

さっぱりとした、温もりが溢れている内外観。ユニフォームもオシャレだし、店員さんはかわいいしw、パンも見た目がかわいらしい。先ほどのチラシのかわいらしさがそのまま店の雰囲気、商品にも表れています。

購入したのはバゲットとソーセージパン(マヨネーズ付)。

bolsoの画像

バゲットはしっとりしていて、どちらかというとモッチリ。かといって重いわけでもなく、とても食べやすい。オリーブオイルでいただいたのですが、まさに”ぱくりぱくり”で一本があっさりなくなっちゃいましたw

さすがにポケットには入れられなかったソーセージパンもいただきます。ソーセージもおいしいし、マヨネーズの感じもいい。パンもしっとりしていておいしい。どちらも心がホンワカしてくるパンでした。

bolsoの画像
bolsoの画像
bolsoの画像
bolsoの画像

その後、幾度となく、数え切れないほど買いに行っています。コショウのきいたエペ、ちょっとマスタードが混ざってるとても奥深い焼きそばパン、塩味(えんみ)が絶妙なオリーブフィセル。シチューやスープにもぴったりのプチフランス、ジェノベーゼポテト。どれもこれもおいしい。

bolsoの画像

カレーパンと、自家製コロッケを挟むためにプチフランスを買ってみたのですが……。

bolsoの画像

カレーパンもこうしちゃった。やばい。めっちゃうまい。カレーパン自体もスパイシーで超うまい。ここ最近のカレーパンでナンバーワン。

bolsoの画像

長時間発酵タイプのバゲットはほんのりビター。香ばしくて力強さを感じさせます。オリーブオイルにつけて食べると、この香ばしさとオリーブオイルの爽やかな青い風味がピッタリ。やっぱバゲットはシンプルに食べるのが一番。

オシャレでナチュラルでかわいくておいしいBOLSO。デイリーに利用できる、とても素敵なパン屋さんです。

DATA
店名BOLSO(ボルソ)
住所東京都世田谷区野沢3-22-7 GrandeVistaNOZAWA
電話番号03-6805-4111
URL公式サイト

bolsoの画像
bolsoの画像

DATA
店名 BOLSO 祐天寺店
住所 東京都目黒区中町2-38-2 サンハイツ中町1F

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ