ハルディラム社(Haldiram's)のインドのスナック(All In One・Navratan Mixture・Khatta Meetha)は悪魔的おいしさ。スパイシーで食感が楽しくて、一度食べたら止まりません

haldiramsの画像

ハルディラム(Haldiram's Food International Limited)というインドのスナック&スイーツメーカーがあります。同社にはナムキーン(Namkeen)(※)のシリーズとして約40種ほどのスナックがあるのですが、こいつがでたらめにうまいんです。

※ナムキーンは塩味もしくは香ばしい食べ物を指すヒンディー語。ナッツや豆、ハーブなどをスパイスと塩で味付けしたスナック類もナムキーンと呼ばれています

私が今回買ったのは「All In One(オールインワン)」と「Navratan Mixture(ナブラタン)」。

haldiramsの画像
haldiramsの画像

入っているものは以下の通りです。

haldiramsの画像

All In One

パーム油、ひよこ豆、緑豆、米、じゃがいも、ピーナツ、カシューナッツ、ぶどう、レンズ豆、コーン、小麦粉、ほうれん草、グリーンピース、きゅうりの種、塩、香辛料、クエン酸

haldiramsの画像

Navratan Mixture

パーム油、米、ピーナッツ、ひよこ豆、砂糖、ぶどう、カシューナッツ、きゅうりの種、フェンネル、ごま、塩、カレーリーフ、チリ、黒胡椒、香辛料、クエン酸

いずれもスパイシーでしょっぱくて、いろいろな食感が混じり合います。「Navratan Mixture」のほうが辛さ、甘みが強いです。そしてフェンネルのスッとした香り(八角のような)も印象的。「All In One」のほうが香ばしく、酸味も強く、甘い・辛い・酸っぱいのバランスがいい。どちらかというと私は後者の方が好き。

まじでうまい。やばい。日本では販売禁止にしたほうがいい。あるいは逆に、世の中のスナックがこれだけになっても構わない。それくらいうまいです。衝撃的。

ナブラタン 150g Haldiram Navratan Mix

食べ方にコツがあります。これらのナムキーンのポイントは多様な食感。ですから、指でつまんで少量を食べていては面白くない。ある程度の量を手のひらに出して口に放り込むか、スプーンですくって食べて下さい。ポリポリ、サクサク、ボリボリ。たまりません。

さらに「Navratan Mixture」をこんな風にしてみました。

haldiramsの画像

ナムキーン・ライス! これは日本の普通の米なのですが、できればインディカ米を炊いて(インディカ米は茹でるのが正解)、ナムキーンをまぶすのです。米2合に対して2/3袋分を混ぜてみました。あとは味を見て塩味(えんみ)が足りなければ塩を加えます(日本の米を炊く際は水を相当少なめで)。

これがくっそうまい。やばい。カレーぽくはあるのですが、エスニック風味のライスが超うまい。サクッとした食感が混ざるのもいい。ナムキーン・ライスを野菜で包んで食べてもめっちゃうまいです。上の写真の野菜はロメインレタスです。付け合わせはキノコのマリネ。ピクルス的な酸っぱい物もよく合います。

スナック菓子をご飯に混ぜるというのに抵抗があるかもしれませんが、こういう類はインドでも食べられています。こちらではPoha(ポーハ)/chiura(チウラ)/chivda(チブダ)という干し米を使っていますが。

haldiramsの画像
haldiramsの画像

別日、違う種類を買ってみました。Khatta Meetha(カタミタ)です。入っているものはこんな感じ。

ひよこ豆、パーム油、米、砂糖、タピオカ、ひら豆、グリーンピース、マンゴー、チリ、塩、ターメリック

かすかなピリ辛、マンゴーの甘み、サクサク、ポリポリ。スパイシーじゃないのはイマイチかなと思ったのですが、こいつもやばい。止まりません。

カタミタ(Khatta Meetha) 150g

ハルディラムのナムキーンはネットやカルディコーヒーファームなどの輸入食材店で購入可能です。

haldiramsの画像
haldiramsの画像
haldiramsの画像

私はいつも「元祖仲屋むげん堂 六番組」(三軒茶屋)で買っています。

食感が楽しいスパイシーなスナックはお酒にもよく合います。食べだしたら止まりません。悪魔的おいしさ。ぜひぜひ一度お試しあれ。

インドのお菓子 オールインワン ALL IN ONE Haldirams(ハルディラム) / あす楽

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ