TRASPARENTE/トラスパレンテ 学芸大学のパンはしっかりとした味わいで食べやすい。お手頃なのでデイリーに使えるベーカリーです~バゲット、バタール、食パンなどで料理してみた - 肝臓公司(かんぞうこうし)

肝臓公司ロゴ

TRASPARENTE/トラスパレンテ 学芸大学のパンはしっかりとした味わいで食べやすい。お手頃なのでデイリーに使えるベーカリーです~バゲット、バタール、食パンなどで料理してみた

trasparenteの画像

学芸大学駅から徒歩1分。西口商店街の日高屋のある角を右に曲がった先にTRASPARENTE GAKUGEIDAIGAKU/トラスパレンテ 学芸大学があります。2011年7月にオープンしました。

2008年、中目黒に1号店がオープン。オーナーシェフは森直史氏(2012年よりオーナーに)。東京都、神奈川県、静岡県で約10店舗を展開しています(2021年2月時点)。

trasparenteの画像

店の前はテラス席。

trasparenteの画像

店内にもテーブル席があります。

trasparenteの画像

狭い店内はいつもお客さんでいっぱい。大人気店です。

trasparenteの画像

バゲット、食パン、惣菜パンなど約30種。いろいろあって目移りします。

trasparenteの画像

ある日、サンドウィッチを作るために食パン(1/2斤)とバタールを購入しました。紙袋からすでにいい匂いがしてきます。

trasparenteの画像

食パンには白ワインで蒸し焼きにした巨大マッシュルームと葉物、ポテサラを挟み、バタールは残っていた葉物と鶏肉を挟みます。

trasparenteの画像 trasparenteの画像

ザ・余り物! ですから、見た目は微妙w

フッカフカな食パン。本当は焼いてバターだけで食べるといいかもしれません。そうしたら、フワッ、サクッなトーストになっていたはず。

バタールは生地の密度がハンパない。詰まりに詰まってます。ドッシリ、ガッシリ。濃厚に味付けした鶏肉ともバッチリ。

trasparenteの画像

別日。オリーブのフォカッチャ、クロワッサン、バタールを購入。クロワッサン、バタールは何度か食べてます。どちらもおいしいのですが、今回初めて食べたオリーブのフォカッチャがすごい!

おそらく生地自体にオリーブオイルが練り込まれています。さらにオリーブの実が入っていて、表面にもオリーブオイルが塗られていたような。とにかく、オリーブ感がすごいんです。めっちゃオリーブ! 超うまい! ぜひぜひ試して頂きたい。

trasparenteの画像

バタール、クロワッサンはマルニハムのソーセージと一緒にランチとして食べました。バタールのむっちり感、クロワッサンの香ばしさがたまりません。

trasparenteの画像

バゲットはクッキーのような香りがしました。

trasparenteの画像

クラストはパリッ、クラムは比較的しっとり。塩味が強めです。とても食べやすいバゲット。決して悪い意味ではなく、味・食感共に万人ウケしそうな感じ。だからこそ、これだけ多くの店舗を構えられるのでしょうね。

trasparenteの画像

ナチュラーレとイングリッシュマフィン。イングリッシュマフィンは一般的にイメージされるそれとは見た目がまったく違います。

trasparenteの画像

白身魚フライのタルタルサンド。ナチュラーレもイングリッシュマフィンもしっとりもっちり。何かをサンドするにはピッタリなパンでした。

trasparenteの画像

どのパンも味がしっかり目で、わかりやすいおいしさでした。誰もが食べやすいと感じるパンではないでしょうか。こういうタイプのベーカリーとしては値段もお手頃ですし、デイリーに使えるのも嬉しいですね。

DATA
店名TRASPARENTE GAKUGEIDAIGAKU/トラスパレンテ 学芸大学
住所東京都目黒区鷹番3-8-11 ベルドミール・レナ1F
電話番号03-6303-1668
URL公式サイト