「中国庶民料理 悟空」(不動前)はリーズナブルなのに料理のクオリティは高い。点心がどれもうまかった!~チェーンでもフランチャイズでもない!?銀座店、渋谷店との面白い関係

gokuuの画像

※2017年5月8日追記:再開発に伴い武蔵小山から不動前へ移転しました。詳しい住所等は下記をご参照下さい。なお、移転したので店名等を修正しました。ただ、内容自体はそのままです。以下は武蔵小山時代に書いた記事だということをご了承ください。追記以上

不動前駅から徒歩30秒。飲食店が集まっているアスペンビルの2階に「中国庶民料理 悟空(ゴクウ)」があります。点心を食べたいという相方と二人で行ってきました。ゴールデンウィークでやっているお店が少なかったから、という消極的理由で行ったわけですが、いやはや、失礼しました。とてもいいお店でした。

gokuuの画像

店内は4人掛けテーブルが約10卓。隣は女の子二人組、あっちにはサラリーマン二人組、そっちにはボトルもキープしている常連のお父さん方。ゴールデンウィークの夕方にしては席がよく埋まっています。

gokuuの画像

黒板にはセットが紹介されています。悟空セット(1280円)、悟浄セット(1780円)、八戒セット(2380円)です。悟浄セットはあれだけのボリュームで飲み放題つけて3000円。イカれてんなw けど、その日は点心を中心に攻めたかったので単品で頼みました。

gokuuの画像

まずは中国式きゅーりもみ。きゅうりを叩き割って、白ネギ、ショウガと和えています。北京で食べたきゅうりを思い出すなぁ。あれにはニンニクとパクチーも入ってたっけ。お、写真があった。

gokuuの画像

こいつがべらぼうにうまかった。そんなきゅうりを思い出させてくれる一品でした。こっちもうまい。

gokuuの画像

少し大ぶりの春巻き。パリッとした皮。ジューシーな餡。いいですねぇ。

gokuuの画像

小籠包は中国酢で。適度な汁はしっかりと肉のうまみを帯びています。うまい。

gokuuの画像

約25分かかるとメニューに書かれていたジャンボ肉シューマイ。めちゃうま。

gokuuの画像

餃子はシンプルなんですが、それがいい。

gokuuの画像

壁にかけられた本日のおすすめが超よさげ。ラムと新玉ネギのクミンいためはやばいでしょう。

gokuuの画像

ラムとクミンの組み合わせ大好き。このラムは大ぶりにカットされているんですが、とても柔らかい。パンチのある味付けもいい。玉ねぎのササッとした炒め具合も最高。いい仕事してんなぁ。うまいなぁ。

gokuuの画像

五目焼きそば。パリッと焼き色のついた麺。水分量が少なめの閉じ具合が絶妙。うまっ。

gokuuの画像

店名が表す通り、料理も値段も庶民的。だけど、この値段でこのクオリティはエグいな。ちゃんと料理には手をかけてるし、腕のよさがはっきりわかるでき。すごい。

手頃な価格でガッツリおいしい中華を食べたい。そんな時にぜひ一度。

DATA
店名中国庶民料理 悟空
住所東京都品川区西五反田5-1-20 アスペンビル2F
電話番号03-3788-8059
URL食べログ
gokuuの画像
武蔵小山時代の外観

さて。

中国庶民料理 悟空 武蔵小山店には"姉妹店"があと2店舗あります。中国名菜処 悟空 銀座店、中国食堂 悟空 渋谷店です。これがなかなか面白い。

2000年に武蔵小山に悟空ができました。3人の仲間で始めたそうです。そして2004年、内2名が銀座に、1名が渋谷に出店します。ただし、それぞれに資本関係はありません。メニューも異なります。ですから、チェーンでもフランチャイズでもありません。

もうひとつ面白いのが各店舗の名前。若干異なります。武蔵小山は中国庶民料理、銀座は中国名菜処、渋谷は中国食堂と銘打っています。各地の雰囲気や客層に合わせてつけたんでしょうね。

というようなことが、たまたま見つけたこちらのページでわかりました。

さむらい行政書士法人:お客様の声

ただですねぇ、この写真に写っている単髪・白髪の男性、銀座の方のはずなのに、武蔵小山にいました。どうなってんだ。ま、いっかw

武蔵小山には気になる中華屋がまだまだいっぱいあります。いや、あの焼き鳥屋にも行ってみたいし、あの居酒屋も行かなきゃだし……。武蔵小山は大変だw

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ