MEAT JOURNEY 2018

調理時間たったの30分!インデラ・カレーで作る簡単おいしい本格カレーレシピ

indira01

カレーは長時間煮込まなきゃいけない? ひと晩寝かせなきゃいけない? だとしたらインドの家庭はどんだけ大変なんだよw

煮込んだほうがいいカレーもあります。ひと晩寝かしたほうがおいしくなるカレーもあります。けど、当然、ササっと簡単に作れるカレーもあります。今回は最短30分で作るカレーをご紹介!

材料

indira02

  • 肉 1kg
  • 玉ねぎ 4~6個
  • ニンニク 2~3片
  • ショウガ 1片
  • ホールトマト 1缶
  • インデラ・カレー 大さじ 5~10杯

これだけ。あとでアレンジのきかせかたも書いておきます。

手順

1.玉ねぎをみじん切りもしくは薄くスライスして、キツネ色になるまで鍋で炒める。飴色にまでする必要はなし(もちろん飴色にしたって構いません)。

2.すり下ろしたニンニク、ショウガを鍋に投入。軽く火を通す。本当は最初に炒めて香りを立たせるといいんですが、焦げやすいので、なれてない方は玉ねぎのあとに入れましょう。

3.少し大きめにカットした鶏肉を鍋で軽く炒める。から揚げにするくらいの大きさがいいと思います。小さすぎると溶け過ぎてしまい、食べごたえが減ります。

4.鶏肉に軽く火が通ったらホールトマトを入れ、ひと煮立ちさせる。

5.インデラ・カレーを好きなだけ入れる。

6.好みのゆるさになるよう水を加える。

7.全体が馴染んだ頃合いに塩を入れる(思ったより塩は多めで)。味が整ったら完成。

このままでも十分おいしいです。けど、一度冷ますと、味が馴染んでよりおいしくなります。一日置くと一層おいしくなります。

indira03

アレンジ

好きなスパイスをお好みで。私は大量の一味、ガラムマサラ(S&B)、クミン、シナモンを入れることが多いです。牛肉を使う場合はクローブがよく合います。

市販のルーになれていると、もしかしたらあっさり過ぎると感じるかもしれません。だけど、市販のルーこそがやり過ぎなわけでして。もし、もっとコクを出したいということであれば、以下のものを入れるのがオススメです。

  • すり下ろしたニンジンやリンゴ、バナナ、みじん切りにしたセロリ、桃缶、マンゴー缶(甘みのあるものがおすすめ。まろやかになり奥深さが出ます)
  • キューブコンソメ
  • バター(玉ねぎを炒めるのに使い、最後にさらに加える。ギーでもOK)
  • 牛乳(まろやかになります)
  • ピーナッツバター(ミキサーで砕いたカシューナッツの代用)
  • ソース(要はうまみの入ったスパイスですから)
  • チョコレート

スパイスをローストすれば、黒カレーになります。インデラ・カレーを使った黒カレーの作り方は以下の記事をご参照下さい。

黒いカレーはなぜ黒い?~意外と簡単にできる黒カレーの作り方

インデラ・カレーは日本人の口に合うよう、うまく調合されているなぁと感じます。カレー作り初心者でも使いやすいスパイスミックスじゃないでしょうか。

※取材等で何度かナイルさんに会い、直接聞いたレシピをもとにしてます。だから、間違いない!w

ナイル商会 インデラカレー スタンダード NAIR INDIRA Pure Curry Powder 100g

さらに応用(2015.07.03追記)

肉以外でまずカレーを作り、それをミキサーにかけてペースト状にしてもおいしいです。

こんな感じ。ペーストにしたほうが、うまみが全体に行き渡るので、よりおいしく感じられるかもしれません。ちなみに、カレーに乗っているのは「栄屋精肉店」のメンチカツ。

indira04

もし肉類を入れたければ、ペースト状にしたカレーに肉を入れて火を通して下さい。こちらはラムのカレー。友達にふるまったところ、大変好評でした。

3スパイス&3ステップで作る はじめてのスパイスカレー(水野仁輔著)

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ