肝臓公司ロゴ

小野田商店(学芸大学・中目黒)のホルモン9種盛りはいろいろな部位が少しずつ食べられるからお得で楽しい!

onodashoutenの画像

学芸大学駅から徒歩1分。西口の日高屋を曲がった先に小野田商店 学芸大学店というホルモン焼のお店があります。2020年3月4日にオープンしました。

本店は中目黒(オーナー・小野田慎史さん)。2004年の創業以来、連日満席の大人気店です。私が初めて行ったのは2006年2月で、恵比寿/中目黒方面に住んでいた頃はちょくちょく行っていました。そんな小野田商店が学芸大学にやって来るとは……。余談ですが、学芸大学店は(株)上昇気流のサポートが入っています。

onodashoutenの画像

前店・鳥勇のほぼ居抜き。カウンター席のほか、奥には座敷もあります。中目黒はテーブル席なんですが、どことなく中目黒本店と学芸大学店は雰囲気が似ています。まるで小野田商店のために用意されたような物件だw

基本的には2時間制。そして一人3000円以上の飲食がマスト。このあたりのことは入店時に説明があるはず。

onodashoutenの画像 onodashoutenの画像 onodashoutenの画像

メニューがこの上なくシンプル。飲み物も一品ものも焼き物もすべて500円です。

onodashoutenの画像

まずは甘みもある白菜キムチで胃を活性化。

onodashoutenの画像

小野田商店の名物・ホルモン9種盛り合わせ。この写真を見ただけで、「あ、小野田商店だ」とわかります。料理を見ただけでどの店かわかる、これすなわちいいお店。いいお店には絶対そういうメニューがあるのです。

9種はコリコリ、牛ホホ肉、オッパイ、角切りハツ、ギアラ、脂つき小腸、豚トロ、豚のど肉、ガツ芯(だったかな?)。大ぶりにカットされていて、ピカピカできれい。

すべて味がつけられているので、焼いたらそのまま頂きます。中心部がレア目のハツ、まろやかでコクのあるおっぱい、肉感たっぷりの牛ホホ肉……どれもこれもとにかくおいしい。塩、コショウ、ハーブ、オイルとシンプルな味付けもいいなぁ。

ちょっとずついろいろな種類のホルモンを食べられるので、初めての方はこれがお勧め。というか、私は毎回これw こういうのって、お得だし楽しいですよね。

onodashoutenの画像

途中から店長らしき方が焼いてくれました。私乗せる、店長焼く、私たち食べる、私乗せる、店長焼く、私たち食べる――なんだか3人で来たみたいw

「学芸大学にお住まいなんですか?」

「ええ」

「中目黒にはいらっしゃってたんですね」

私と同伴者の会話から、中目黒の小野田商店に行ったことがあるということはおわかりでした。

「オープン当初だから15年くらい前からですかねぇ」

「私もその頃からいました」

「ああ、そうなんですか。すみません気づかなくて。中目黒も3000円縛りってありましたっけ?」

「はい、もう随分前、6年くらい前にはありました」

「あー、だったらそれがまだなかった頃にこっちへ引っ越して来たのかもなぁ。それにしても、なぜ学芸大学に?」

「恵比寿、三軒茶屋でも探していたんですが、なかなかなくて、たまたま学芸大学にいい物件が出たので。けど、オープンしてすぐに……」

東京都の緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はまだなお飲食店にも多大な影響を及ぼしていました。

大変な時期に開店がぶつかってしまいましたが、ま、小野田商店ほどの実力があれば、コロナ終息後にはお釣りがくるくらい巻き返すことになるでしょう。

onodashoutenの画像

追加でレバーと限定 和牛上ハラミ。レバーはしっかり焼いてもパサつきません。ハラミは噛めば噛むほど、うまみがジュワッ。タレに漬け込まれていないので、ハラミのおいしさがダイレクトに味わえます。

onodashoutenの画像

「立派なコプチャンですねぇ」

「ウチは脂を切ってないので」

じゅるんじゅるんな小腸。うめぇ……。

量的に多かったわけではありませんが、少しずつ丁寧に焼いていくからでしょうか、満足度がとても高く感じられました。

onodashoutenの画像

中目黒に小野田商店ができた2004年は、中目黒の旧ばんが閉業した年です。翌年、2005年から旧ばんのあった一帯・上目黒一丁目地区の再開発も本格化し始め、同年、山手通りを挟んだ反対側の中目黒ゲートタウン(GTビル)が開業。2006年には高架下の立ち退きも始まりました。

つまり、どんどん変わっていく中目黒で小野田商店は誕生したということです。そして2020年、どんどん変わっていく学芸大学に小野田商店は2号店を出店しました。

けど……。

onodashoutenの画像

街は変われど、小野田商店は変わりませんでした。9種盛りも値段も創業当時と同じ。

もちろん、おいしい、お手頃といったこともあるのでしょうけど、時代や流行りに囚われることなく、自分のスタイルを貫き通してきたその実直さが、小野田商店の人気を支えているような気がします。変わらないものへの信頼感とでも言いましょうか。

9種盛りでいろいろ試すもよし、徹底的に好きなもので攻めるもよし。ホルモンの味がしっかりとわかるシンプルな味付けなので、ホルモン好きにはたまらないと思います。一度、寄ってみてはいかがでしょうか。

早い時間であれば大丈夫だと思いますが、遅くなると平日であっても入れないことが多々(幾度か入れませんでした)。予約して行くことをお勧めします。

DATA
店名小野田商店 学芸大学店
住所東京都目黒区鷹番3-7-5 ゆざわビル1F
電話番号03-4291-2006
URLインスタグラム
DATA
店名小野田商店 中目黒店
住所東京都目黒区上目黒3-7-3 野村ビル1F
電話番号03-3760-6541
URLtwitter
学芸大学の全飲食店リストバナー

記事のシェアはこちらから