「とり竹」(学芸大学)は庶民派焼き鳥屋の最高峰です。丁寧に、繊細に焼き上げられた焼き鳥一本一本に、ご主人の思想が垣間見えます

学芸大学駅の改札を背に右手へ出るのが東口。その東口を出てすぐ、恭文堂書店の角を右に曲がると、飲食店が軒を連ねる筋があります。学芸大学では十字街と並ぶ飲食店密集地帯です。そんな通りに佇むのが2010年7月にできた「・・・

「居酒屋 三盃(さんばい)」(中目黒)はチャラそうに見えて実は硬派。LDHが手掛ける和食系居酒屋はオシャレで料理は本格的です。デートや女子会にも最適

BABYMETAL@東京ドーム(2日目)当たりました(TT) それは置いといて、随分前の話になってしまうのですが。学大仲間と某所へ飲みに行った帰り、人身事故で東横線が止まってしまいました。復旧のめどは立っていません。・・・

大岡山の「鳥よし」は焼き鳥も刺身もおいしいのですが、マスターの人柄に惚れて、ボトルでも入れて通うような、アットホームな居酒屋です

大岡山駅から徒歩5分。メインの大岡山北口商店街ではなく、それと平行に走っている大岡山北本通り沿い(ほぼ)にあるインディーズ居酒屋「鳥よし」。隣は「北京定食 やまちゃん」という超絶ナイスな街場の中華料理屋です。・・・

「炭焼 鳥せん」(学芸大学)の焼き鳥は上品で、雰囲気はスタイリッシュ。デートで女性に喜ばれる店だと思います。

2016年6月5日、学芸大学駅東口の恭文堂書店を曲がった先に「鳥せん」という焼き鳥屋ができました。ほぼ同時期に3店舗がオープンしたビルの3階です(1F「ひとひら」、2F「トラットリア夷」)。気にはなっていたのです・・・

「炭火焼鳥 串善 学芸大学店」はチェーン店なのに料理にしっかり手をかけています。子連れ、大人数、構われることなく一人でしっぽり、そんな時に重宝です。

ずっと以前、ジャイアント白田さんに取材をしたことがありまして、その際にうかがった話がとても印象的でした。学生時代(?)、バーミヤンの厨房でアルバイトをしていたそうです。チェーン店ですから、調理マニュアルが細かく決めら・・・

「炭火串焼き 中村屋」(学芸大学)の焼き鳥は大きくてジューシーで濃厚。学大では珍しい15時(もしくは16:30)オープン。早い時間から飲めます!

私が知る限り、今月だけで学芸大学に7軒の飲食店がオープンしました。今回訪れたのはその中の一軒です。学芸大学駅から徒歩3分ほど。西口商店街から少し入ったところにできた「炭火串焼き 中村屋」。もともと「楽助」という居・・・

「炉ばた焼 大関」(武蔵小山)は人懐っこくてかわいいマスター・ママがやっている、温かくて素敵な居酒屋でした~春にしんをつまみに飲む"本場"のハイサワー

ずっと前から気になって行きたかった武蔵小山の居酒屋「炉ばた焼 大関」。ようやく行くことができました。武蔵小山駅から徒歩3分。東天地本通り沿いにある「炉ばた焼 大関」。店頭にはハイサワーの提灯、のぼり、瓶ケース。な・・・

油面地蔵通りのやきとり屋「こだるま」(学芸大学・武蔵小山・祐天寺)で雨音をBGMに、おいしいガツポン、もつ煮、串焼きを頂いた静かな夜

コートいらずの陽気が続いたかと思えば、真冬の寒さに逆戻り。その日も冷たい雨の日でした。いつもなら家でおとなしくしておくところですが、酒の虫がうずきます。啓蟄(けいちつ)ってのはこういうのも指すのか?w足元はジクジク。・・・

学芸大学の「トリケン(旧トリオキ=鳥おき2号店)」で極上の焼き鳥、職人技を堪能してきました~焼き鳥の一期一会

2016.03.21追記:「トリオキ(鳥おき2号店)」は「トリケン」となりました。店長・松田健太君が独立して、店名が変わったのです。変わったのは店名だけ。今のところ仕入れもメニューも同じです。がんばれ~松田君! 追記以上・・・

学芸大学の焼鳥屋「バードエリア(Bird Area)」は焼き鳥もたたきも唐揚げもすべてが大満足の内容でした~楽しいお店がいっぱい入っている飲食ビル

2016.9.4追記:元住吉で「焼き鳥 柳さわ」としてオープンしました。追記以上。2016.4.1追記:「バードエリア(Bird Area)」のFacebookページによると、3月下旬に店をいったん閉め、移転したとの・・・