肝臓公司ロゴ

焼肉 輪牛/わぎゅう(学芸大学)はどの肉もうまみがギュッと詰まっていてジューシー。ファミリーでも行けるきれいな焼肉屋さんです。

wagyuの画像

学芸大学駅から徒歩3分。東口商店街沿いに焼肉 輪牛(わぎゅう)という焼肉屋があります。2017年、Beef Factory 73 学芸大学店としてオープンし、2019年3月10日に焼肉 輪牛にリニューアルしました。ですから、武蔵小山、駒沢大学にあるBeef Factory 73と輪牛は姉妹店です。

wagyuの画像

1階と2階の2フロア。すっきりときれい。

wagyuの画像 wagyuの画像 wagyuの画像

厳選された黒毛和牛がリーズナブルな価格で食べれる焼肉屋。和牛リブロースや和牛ミスジ、トモサンカクなどの希少部位も取り揃えております。

とのこと。

wagyuの画像 wagyuの画像 wagyuの画像 wagyuの画像

メニューはシンプルでオーソドックス。

wagyuの画像

キムチ盛り合わせ(880円)は酸味が控えめで、変なたるさもありません。さっぱりと食べやすいキムチでした。

wagyuの画像

和牛ハラミユッケ(1380円)。ハラミのユッケは珍しい。下味の塩梅がいいのか、ハラミ自体のうまみもしっかりと感じられます。肉々しくて食べ応えもありました。

wagyuの画像

炙り牛ハツ刺(680円)。血生臭いこともしばしばなのですが、このハツ刺しは臭みがないのはもちろんクセも少なく、ホルモンが苦手という子も食べていました。

wagyuの画像

タン盛り合わせ(1480円)。厚切りタンはブリッブリ。大きな肉はハサミで切り分けることもできます。

wagyuの画像 wagyuの画像

ハラミ(700円)、極上カルビ(1200円)。ハラミは肉の甘みがジュワッ。カルビは脂の甘みがジュワッ。

wagyuの画像

網はこまめに替えてくれます。

対応してくれた女の子スタッフがとてもいい感じでした。若くてかわいい女の子に目がない同伴者の姐さんが「かわいいわねー」「いくつー?」などと絡んでも笑顔で対応。やめとけっつってるのに。まったく。ごめんなさいね。

wagyuの画像 wagyuの画像

失念。肉々しくも柔らかく、噛めば噛むほど肉のうまみが溢れ出てきます。

wagyuの画像

ホルモン3種盛り(1080円)。和牛丸腸が大きくてプリンプリン。

wagyuの画像

厚切ランプ(1500円)。赤身に適度なサシ。食べ応えを感じさせます。

wagyuの画像 口に入れると溶ける輪牛のリブ芯

リブ芯(1600円)。溶けます。

wagyuの画像

ネギ塩ロース(1080円)。柔らかくてジューシー。

wagyuの画像 wagyuの画像 wagyuの画像

焼きしゃぶロース(1080円)。こういう類にしては繊維質。とろけるようなロースではなく噛んでうまみが出てくるタイプなので、ひと口でいってはいけません。2、3口に分けて食べることをお勧めします。

wagyuの画像

冷麺(980円)。Beef Factory 73時代と同様、麺と具が分けて供されるのでシェアしやすい。と言っても、みんなお腹いっぱいだったので、私が8割くらい食べたわけですがw さっぱりなのでこれくらいは余裕余裕。

会計は一人約6000円でした。

「えー、こんなに飲んで食べてこの値段? だったら、いつも行ってる〇〇やめて、今度からこっちにしよっ」

と、先ほどの姐さん。

結構飲んでたので、一人2杯くらいだったら5000円台になっていたはず。さらに頼み方を工夫していれば、4000円台に抑えられていたかも。そう考えると、なるほど確かにこのクオリティ、この量でこの値段は納得だよねぇ。

一度行って様子はわかったから、次回はあれとこれをやめておいて、代わりにこれを頼んで……と想像するのもまた楽しいw

wagyuの画像 wagyuの画像

ランチもありますし、テイクアウトも可能です。

wagyuの画像

どの肉もしっかりと肉のうまみが感じられ、ジューシーで、とてもおいしかったです。きれいですし、スペースにゆとりがあるので、お子さん連れにもいいかもですね。

DATA
店名焼肉 輪牛(わぎゅう)
住所東京都目黒区鷹番2-9-8
電話番号03-6712-2429
URLインスタグラム
学芸大学の全飲食店リストバナー

記事のシェアはこちらから