「上州赤城そうめん」はインパクトに欠けるので、薬味多めがいいと思います。

somen_003

スーパーでよく見かける素麺「上州赤城そうめん」。歯切れはムニ。それほどコシは強くなく、舌触りはヌルッ。パッケージ裏の作り方にはゆで時間は約3分とありますが、3分だとフニャけた印象に。2分~2分半でいいと思われ・・・

恵比寿のスタンディングワインバー「Winestand Waltz(ワインスタンド ワルツ)」のごぼうの牛肉巻き

WinestandWaltz_001

右奥の黒いところ恵比寿の裏道にあるスタンディングバー「Winestand Waltz(ワインスタンド ワルツ)」。素朴なお兄さんがやっているワインにこだわったスタンディングバーです。ワインがうまいのはもちろん・・・

ホルモンを見れば、「大盛苑」(大井町)が単なる豪快な店ではないことがわかる

taiseien_001

大井町の老舗焼肉屋「大盛苑」は、どちらかというと威勢のよさ、豪快さで有名かもしれません。もちろん、おいしいと評価も高いです。だけど、実は肉に対する仕事が非常にきめ細やかです。そして、肉に対する店主の愛情が強く感じ・・・

新宿の怪しげな中華料理店「香港烤臘(カオラー)」の牛の蜂の巣が絶品

kaorah_001

新宿でも結構飲み歩いています。この「香港烤臘(カオラー)」も知っていました。前を通ったことがあるという程度に。ただ、入るまでには至っていませんでした。あまりいい予感がしなかったので。しかし、ある日、ふと行ってみた・・・

「萬太郎」(新宿)は歌舞伎町の素晴らしい激安もつ焼き酒場。おいしくてお店の雰囲気も最高です。

mantaro_001

新宿コマ劇場跡と西武ペペの間の小道にある「萬太郎」。夕方の早い時間にはもういっぱいになる居酒屋です。牛スジの煮込み(500円)ハツモトの甘辛煮(350円?)子袋の中華和え(300円)左・・・

忘れられない「もつ焼き 克」。あのガツ刺し、もつ焼きはとんでもなかった!

katsu001

「ばん」の流れを汲んでいた中目黒の「もつ焼き 克」。もつの質、料理のうまさは、本家「ばん」を越えていました。さすがに「ばん」よりは高かったですが。毎週一度は通っていました。ブリッブリで大き・・・

ペヤング ソースやきそばシリーズまとめ~歴代のペヤングをすべて一覧にしてみた

pairyoung001

みんな大好きペヤング。1975年に発売されて以来、これまでさまざまなペヤングが登場してきました。そこで、歴代ペヤングをすべてまとめてみます。とはいえ、最近になればもう情報は溢れ返っていますから、2012年ごろまでです・・・

中国の白酒「五粮液(ウーリャンイェー)」は独特の甘いクセがたまらない

「五粮液(ウーリャンイェー)」は四川省の白酒(蒸留酒)。”五”は原料の高粱、糯米、粳米、とうもろこし、小麦を表しているのだとか。中国酒が大好きです。あの独特なクセがすごくいい。北京の人たちは、ほぼ常温をス・・・

「高梁酒」は冷凍庫でキンキンに冷やして飲むとうまい

kaoliang

お土産で台湾の蒸留酒「高梁酒」(金門酒廠實業股份有限公司)を頂きました。高粱(こうりゃん、カオリャン)はイネ科モロコシ属の穀物が原料で、中国酒でいうところの「白酒(パイチュウ)」の一種。高梁酒は台湾・金門の特産品・・・