「セルサルサーレ(sel sal sale)」(恵比寿)は塩の魔術師による絶妙な塩梅のイタリア料理店。けど、単に塩使いがすごいだけじゃない。ここには料理の本質があります。そして料理とは何なのかを教えてくれます。

料理とは――いろいろと説明のしようはあると思います。けど、「セルサルサーレ(sel sal sale)」へ行けば簡単にその答えが見つかります。ただ、これを言語化するのが難しい。だからキーボードを叩く指がとても重い……・・・

「SAL Y AMOR(サル イ アモール)」(代官山)はパエリヤが絶品のビブグルマンにも選ばれたアロセリア(お米料理専門店)。絶妙な塩使いでアヒージョもオムレツも激ウマ!

代官山駅から徒歩5分。八幡通り沿いにあるスペイン料理店「SAL Y AMOR(サル イ アモール)」。駅からだと、北口を出て橋を渡り、代官山アドレスを抜けて行くように向かうと楽だと思います。「塩と愛情」を意味する・・・

「チーズ専門店 ユーロアール(Euro Art)」(学芸大学)のチーズは最適に熟成されていて個性豊か。ワインはもちろん日本酒にもピッタリ!スリーズベールと益荒男 山廃純米 極のマリアージュがえげつなかった

学芸大学駅から徒歩5分。西口を出てすぐ右手、線路沿いをずっと真っ直ぐ行き、都道420号線を五本木方面へ向かうと、「チーズ専門店 ユーロアール(Euro Art)」というお店があります。「一本堂 目黒学芸大店」「手打蕎・・・

「Cafe & Restaurant まさひろ/まさひろ珈琲店」(学芸大学)へ誰かの思し召しに導かれるかのごとく吸い寄せられ、ランチのオムハヤシライスを食べました。とても優しい味わい。ゆったりとした店内はなんだか落ちつく雰囲気でした。

以前、碑文谷の喫茶店「あいびぃ」の前にハヤシライスというランチメニューが出ていたのを見かけました。急にそれが食べたくなり行ってみたところ、お店は閉まっています。のちに判明したのですが、2016年2月に閉店したそうです。・・・

円融寺通り沿いにある「食堂 大門(だいもん)」(西小山)のオムライスはまるで”おくるみ”のようにきれいで優しいオムライス。安定感があって他の料理への期待を高めます

目黒郵便局と東急バス目黒営業所(大きな東急バスの車庫)の間から南、西小山・洗足方面へと伸びる道を円融寺通りと言います。目黒車庫前交差点から円融寺通りを南下すると、都道420号線(補助46号線)をまたぎ、例の五叉路、立会川・・・

「bistrosimba(ビストロシンバ)」(宝町・新富町・銀座)の旬の食材を使った各料理はどれも絶品。その技・味に打ちのめされ、うなるように「まじかよ」と声を漏らすことしかできませんでした

赤提灯ばかりに行ってるわけではないですよ。こういうのもたまにはねw宝町駅、新富町駅から徒歩5分。東銀座駅からだと10分。銀座四丁目交差点から15分くらいかけて歩くのもまたオツ。首都高・京橋出入口のすぐ脇にある「b・・・

「はくてん食堂」(学芸大学)はランチも夜もやっている多国籍料理の定食屋さん。ランチのカレーはスパイシーでおいしくて、隣のポークジンジャーもかなり気になったw

※2017年7月30日追記:外装がすべて取り払われ、シャッターが閉まるようになりました。おそらく閉店したのだと思われます。追記以上そういえば。「sync(シンク)」閉店後、工事してたけど、どうなったかな。おお・・・

「軽食・喫茶 ALETTA(アレッタ)」(学芸大学)の煮込みハンバーグは柔らかくて、前菜はボリューミーで、コーヒーも馬鹿デカでした~元気でチャキチャキなママさんはまるで田舎のオフクロ

先日、学芸大学のお好み焼き&もんじゃ屋「らくらく」オーナー・エイト君たちともつ鍋「うみの」へ行った時のこと。店を出て、そう言えばと思い出しました。「この筋に雰囲気のある喫茶店かなにかあったよねぇ」「ああ、あっちで・・・

「BISTRO Zoe(ビストロ ゾーイ)」(学芸大学)のおいしくてフォトジェニックな料理の数々は、幸せな気分にさせてくれました

「最近できた『ゾエ』?って知ってます?」「『ゾーイ』ね。知ってるよ。近いうちに行こうと思ってるけど」「じゃあ一緒に行きましょうよ」学芸大学の「Bar shelter(シェルター)」で店主・奥山君とこんな話にな・・・

八百屋さんが営む洋食屋「ベジタブルキッチン ボラボラ」(学芸大学)で学大の街を眺めながら、ゆったりとおいしい料理をいただきました

学芸大学駅の東口方面を見やると、すぐそこに八百屋「ボラボラ」があります。学大界隈に住んでいるなら誰もが知っている、30年ほどの歴史があるお店です。店頭の椅子に座っている威勢のいいお母さんは学大名物。今回ご紹介・・・