「プティコレット(Petite Colette)」(学芸大学)は週にたった3日しか営業できない、まるで研究所のようなパン屋さん。惣菜系パンは素朴なんですが、風味豊かなバゲットは本格派!/レトロバゲットとは

学芸大学駅から徒歩7分。東口商店街の輸入食料品店「カルディ」の角を右折。真っ直ぐ行くとイオンスタイル碑文谷に着くわけですが、その手前に「プティコレット(Petite Colette)」というパン屋があります。「飯塚精・・・

ダンラポッシュ/Dans la Poche(学芸大学・祐天寺)の幻のカヌレは甘くて香ばしくて、パリッとしててしっとり。お酒に合うし、お酒が飲みたくなるカヌレです。

学芸大学駅から東口商店街を抜け、四川麺条 香氣(こうき)の交差点を左折。次の十字路を右折すると油面通りなのですが、anea cafe、セントラルを通り越して真っ直ぐ行くと中央中通りにぶつかります。中央中通りを右折すると。・・・

学芸大学のテイクアウトできるお店50軒(マップ付き)~お花見・散歩・デートのお供、手土産におすすめの、持ち帰り・食べ歩きできる学大テイクアウトグルメ

東急東横線・学芸大学駅の周辺にはテイクアウトのできる、おいしいお店がいっぱいあります。しかも、ケーキ、パン、惣菜、お弁当と種類も豊富です。というわけで、今回はおいしくて楽しい学芸大学テイクアウトをご紹介します。・・・

「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 学芸大学店」は餃子がウリのランチもやってる居酒屋。一品料理もよくできていて、おいしいです~肉汁と共に溢れ出たもの

学芸大学駅から徒歩1分。東口を出て線路沿いを右手、都立大学駅方面に向かうと「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 学芸大学店」という居酒屋があります。2018年2月26日にオープンしました。「肉汁餃子製作所 ダンダダン・・・

「8ablish(エイタブリッシュ/Eightablish)」(学芸大学)のマフィンが持つおいしい具体性~ヴィーガンでグルテンフリーなマフィンとチーズケーキを碑文谷公園で食べながら考えた飲食における信頼性

学芸大学駅から徒歩7分。目黒通り方面へ抜けて行く住宅街に「muffins and coffee 8ablish(エイタブリッシュ/Eightablish)」というヴィーガンマフィンのお店があります(テイクアウトのみ)・・・

「元祖!中津からあげ もり山 学芸大学店」の塩ダレ鳥唐はしょうが・にんにくのパンチが効いていてジューシー。マツコ・デラックスさんも絶賛のおいしさです~元祖と総本家、ふたつのもり山の関係

学芸大学駅から徒歩3分。東口商店街を真っ直ぐ行き、セブンイレブンを越えた先の路地に「元祖!中津からあげ もり山 学芸大学店」という鶏の唐揚げ専門店があります。「レインカラー」の隣です。学芸大学でも屈指の人・・・

「タケノとおはぎ」(学芸大学・祐天寺)はオシャレでインスタ映えするおはぎなんだけど、見栄えだけじゃない。おばあちゃんの優しい気持ちも受け継がれた、まるで料理のようなおいしいおはぎです

学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。中央中通りに「タケノとおはぎ」というおはぎの店があります。2018年2月7日にオープンしました。もともとは「イトシン電気」(2017年2月閉店)だった物件です。ガラス張りのキレイ・・・

「芋研(いもけん)」(学芸大学)はさつま芋のお菓子専門のテイクアウト店。焼き芋は衝撃的に甘くてスイートポテトのように滑らかです。芋けんぴ、大学芋は手土産にもピッタリ!

学芸大学駅から徒歩3分。西口商店街のauの角を左折した先に「芋研(いもけん)」というお店があります。芋けんぴ、大学芋、干し芋、焼き芋のテイクアウト専門のお店です。さつま芋研究所、略して「芋研」。2018年2月4日・・・

「パンの田島 学芸大学駅前店」はテイクアウトのコッペパン専門店。惣菜コッペパンも揚げたてパンも予想以上に大きくて、おいしくて、それでこの値段!?びっくりしました~パンの田島とドトールの関係、看板の差

学芸大学駅から徒歩3秒。西口正面にコッペパン専門店「パンの田島 学芸大学駅前店」があります。2017年11月15日にオープンしました。「パンの田島」自体は(株)サンメリーのブランドなんですが、この店舗は同社の関連・・・

「スタンドバインミー(Stand Bánh Mì)」(学芸大学)はバインミーがメインのベトナム料理店。姉妹店「333(バーバーバー)はカフェも併設したおしゃれなベトナム雑貨店。

学芸大学駅から徒歩3分。西口方面、「目黒 ひいらぎ」「芋研」の前の細い筋、「炭火串焼き 中村屋」の隣に、「スタンドバインミー(Stand Bánh Mì)」というお店があります。2017年10月1日にオープンしました・・・