「坂本製麺」(学芸大学)は有名ラーメン店も利用してる製麺所。小売り用の麺を買って来てラーメンと焼きそばを作ってみたのですが、モチモチの中太縮れ麺は風味もしっかりしてて、めっちゃうまかった!

学芸大学駅の西口前に第一ストアーがあります。記事執筆時はパンの田島 学芸大学駅前店がオープンしたばかりとあって、路上に行列ができるほどの賑わいです。そんな喧騒なんてどこ吹く風とばかりに、淡々と40年以上も営業を続・・・

「饗膳麺 昌㐂(きょうぜんめん しょうき)」(学芸大学)は魚介の風味が強い鶏白湯ラーメン。まろやかで濃厚でうまみがギッチリ詰まった極上のスープは日本人のDNAが欲している味です。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街沿いに「饗膳麺 昌㐂(きょうぜんめん しょうき)」というラーメン屋があります。2017年11月13日にオープンしました。店内は奥に広く、カウンター席のほか、テーブル席も。カウ・・・

「麺や すする」(学芸大学)はコッテリ濃厚な魚介のつけ麺がおしいラーメン屋。パンチはあるんだけど万人ウケする、女性でも食べやすいラーメンです。

「麺や すする」は濃厚魚介学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街、ガストの角を左折した先に「麺や すする」というラーメン屋があります。2010年12月25日にオープンしました。学芸大学駅には2号店「すする まる弐」も・・・

「中華料理 三友軒 目黒店」(西小山・大岡山・洗足)には三友軒と三友のれん会の歴史が詰まっていた!そんな街場の中華料理屋で食べたラーメン・餃子はこの上なくオーソドックスでしたw

洗足駅から徒歩10分弱。西小山駅、大岡山駅、北千束駅から15分弱。補助46号線沿いと言っても通じづらいか。住所は目黒区南です。学芸大学住人視点で言えば、碑文谷八幡宮のちょっと向こう。詳しい場所は後ほど紹介するとして、・・・

「麺屋 東京かとむら」(祐天寺・学芸大学)の油そばはこってり濃厚なんだけど、酢と唐辛子で味変するから飽きずに食べられます~陸の孤島・油面の油麺はこの地に人を呼ぶ名物になる!?

祐天寺駅から徒歩15分、学芸大学駅から20分。油面通り沿い、油面地蔵通り商店街の北の出口のすぐ近くに「麺屋 東京かとむら」という油そば専門店があります。2017年10月7日にオープンしました。上の写真中、右手に折れる・・・

「拉麺 福徳 学芸大学駅前店」のマイルドな豚骨は食べやすく、店内はキレイで女性にも人気。頻繁に入れ替わる期間限定メニューもおいしいです。

学芸大学駅から徒歩30秒。西口を出てすぐ右手、線路沿いを五本木・祐天寺方面へ向かうと「拉麺 福徳 学芸大学駅前店」というラーメン屋があります。2004年9月にオープンしました。「福徳」の経営母体はスーパーマーケッ・・・

「正来軒(せいらいけん)」(武蔵小山)の激安350円ラーメンは懐かしい味。常連さんたちで賑わう街場の中華料理屋はとても楽しい!/平和通り、補助46号線、26号線の今昔

武蔵小山駅から徒歩5分弱。駅から見ると都立小山台高等学校の向こう側、補助46号線沿いに「正来軒(せいらいけん)」という街場の中華料理屋があります。界隈の有名店。ずっと来てみたかったのですが、今回が初訪です。テ・・・

「モンゴメリー」(学芸大学)の豚骨醤油ラーメンは時に優しくて柔らかく、時にガッツリ濃厚。スウィングする「モンゴメリー」のラーメンは幾度食べても飽きが来ないので、学大住人は必ずリピートしてしまうのです

学芸大学駅から徒歩1分。東口正面にある八百屋「ボラボラ」の脇の細い路地を道なりに進むと「モンゴメリー」というラーメン屋さんがあります。学芸大学でも屈指の人気ラーメン店です。私は幾度か食べていますが、今回はまだ食べたこ・・・

中華料理店「泰雅(Taiga/たいが)」(学芸大学)のラーメンは日本ラーメンの元祖を継承する、本当の意味での昔ながらのラーメン。100年の歴史が紡ぐその味は、長江のごとき悠久の大河を彷彿とさせる奥深さでした。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街沿い、A-2ビルの3階に「泰雅(Taiga/たいが)」という中華料理店があります。100円ショップ「Can Do(キャンドゥ)」の手前です。2017年5月15日にオープンしました。祐・・・

「麺処 びぎ屋」(学芸大学)のラーメンが辿りつくゼロの焦点。魚介が色濃く出た芳醇なスープと力強い麺はすべてが見事に溶け合い、そして消えて行く。

学芸大学駅から徒歩4分。東口商店街を抜けようかという頃合いに「麺処 びぎ屋」というラーメン屋があります。星はつかないけど5000円以下で食事ができるおすすめの店=ビブグルマンとして、ミシュランガイドにも掲載されている・・・