「カーナ・ピーナ」(祐天寺・学芸大学)のカレーは辛い!好みが分かれる個性的なカレーは振り切っていて、ハマる人はハマります

スーパー三和のある祐天寺二丁目交差点で駒沢通りを横断する昭和通り(昭和通り商交会)。小さいながらも面白い飲食店が軒を連ねています。その内の一軒が「カーナ・ピーナ」。祐天寺駅から徒歩3分。学芸大学駅から歩いても・・・

「アジアンダイニング cafe&bar Shanti gakugeidai」(学芸大学)は(も)ネパール料理・ダルバートや本格的なカレーなどエスニック料理がおいしいお店

学芸大学駅から徒歩3分。バス通りの「上海菜館」の筋を入ったところに、「アジアンダイニング cafe&bar Shanti gakugeidai(シャンティ)」というお店があります。2017年4月にオープンしました。神・・・

古民家カフェ「AWORKS(エーワークス)」(学芸大学)のチーズケーキ、グリーンカレーは見栄えがして、味わいは濃厚。作り手の想いが色濃く出ている料理は記憶に濃く残ります。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街の「カルディ」の角を右折した先にある「AWORKS」。有給の連れが中途半端な時間にカレーぽいものを食べたいと言い出したので、「AWORKS」を思い出し行ってみました。もともとは沖・・・

「Asian Dining & Bar Sita(アジアンダイニング&バー シータ) 学芸大学店」のインドカレーは濃厚でおいしくて、ただでさえ巨大なナンがランチは食べ放題

学芸大学駅から徒歩4分。東口商店街沿いに「Asian Dining & Bar Sita(アジアンダイニング&バー シータ) 学芸大学店」(以下、シータ)というインドカレーをメインとしたアジア料理のお店があります。お・・・

「トラットリア 夷(えびす)」(学芸大学)のいぶし銀が作り出すメリハリのある料理は食べごたえあり。パスタもカレーも濃厚でパンチがきいていました/YKⅡビルと上昇気流と3軒の飲食店

学芸大学駅から徒歩1分。東口商店街の「恭文堂書店」の角を曲がった筋にある飲食ビル、YKⅡビル(YK2ビル)。この2Fに2016年5月12日、「トラットリア 夷(えびす)/TRATTORIA EBISU」がオープンしま・・・

VECUA Honeyの「Honey Marché 食べる果実のFruitea(フルーティー) めぐり苺」は女の子へのプレゼントにピッタリ!フルーツティーにしたり料理に使ったりできるかわいいアイテムです

学芸大学のカラオケバー「楽生茶屋(らくしょうぢゃや)」が3周年を迎え、お祝いという名の飲みに出かけました。「らくらく」オーナーのエイト君がいたので盛り上がり、結局二人で朝まで飲んで、マスターの和田ちゃんに「頼むからもう帰・・・

「すぱいす暮らし」(学芸大学)のカレーはラビリンス。繊細かつ大胆なスパイス使いで、一度ハマると抜け出せない迷宮のよう。

学芸大学東口商店街の裏手に広がる十字街。まさに十字路となっている一帯で、数多くの飲食店が軒を連ねています。あちこちから賑やかな声が漏れ聞こえてきます。路面店だけではなく、怪しげなビルの2F、3Fにもお店があります。表・・・

「はくてん食堂」(学芸大学)はランチも夜もやっている多国籍料理の定食屋さん。ランチのカレーはスパイシーでおいしくて、隣のポークジンジャーもかなり気になったw

※2017年7月30日追記:外装がすべて取り払われ、シャッターが閉まるようになりました。おそらく閉店したのだと思われます。追記以上そういえば。「sync(シンク)」閉店後、工事してたけど、どうなったかな。おお・・・

ダッチ・コーヒーの「PONTE(ポンテ)」(学芸大学)のビーフカレー(ハンバーグ付)を食べに行ったら、フワッフワのシフォンケーキを頂きました/三谷、唐ヶ崎、液体橋

※追記:正確な時期は不明ですが、いつの間にか閉店していました。閉店に気づいたのは2017年6月中旬です。追記以上学芸大学駅界隈にはいくつかの"失われた地名"があります。たとえば三谷。三谷というバス亭があったり、三・・・

「VOVO(ボボ) 学芸大学駅前店」の2コンビネーションカレーで味わうカタルシスと背徳感~原宿「GHEE(ギー)」の流れを汲む「VOVO」

VOVOの綺麗なカレーをどう食べるか学芸大学駅のバス通り沿いにあるカレー屋「VOVO(ボボ) 学芸大学駅前店」。休日のランチで行きました。ひっさしぶりだなぁ。オシャレなカフェのような店内。客層もオシャレさんぽ・・・