「バーミヤン 碑文谷店」(学芸大学)のしゃぶしゃぶ食べ放題は激安で、クオリティも悪くない!お酒を飲むならさらにヤバい。ここは酒飲みのサンクチュアリだった!

「今さらかよ! しかもこんな偏屈かつ酔狂なブログで、なぜバーミヤン!」ええ、ええ。お気持ちはわかります。ですが、このブログ以上にバーミヤンが酔狂だったんです!w最近、私の周りで何かとバーミヤンが話題にのぼっていま・・・

中華立ち飲み「盛苑(もりえん)」(武蔵小山)のパンチのある激安中華料理を56度の白酒で流し込む~立ち飲みの立ち合い、せめぎ合い

「『盛苑』知ってます? よかったですよ」と、学芸大学のバー「sideway」の郁。ほう、行ってみるか。武蔵小山の再開発地区でもちょくちょく飲んでいたのですが、気づきませんでした。中華の立ち飲み屋「盛苑(もりえ・・・

「大鴻運天天酒楼(だいこううんてんてんしゅろう)」(学芸大学)の名物・海老ニラ饅頭はとてもおいしく、小龍包も蒸し鶏もすべてが素材をしっかり味あわせる料理でした

学芸大学駅から徒歩10分ほどでしょうか。目黒通り沿いにある香港料理をメインとした中華料理店「大鴻運天天酒楼(だいこううんてんてんしゅろう)」。「大」の字の電気が消えちゃってるけどw創業は1993年。学大で一位・・・

昭和28年創業「中華料理 二葉」(学芸大学)のアンニュイな雰囲気と12月の赤い雨~『北の国から』と『初恋』(村下孝蔵)を思い出させる街場の中華料理屋/「きたなトラン」で見えた「二葉」の優しさと美しさ

学芸大学駅のすぐ目の前にある「中華料理 二葉」。タンメンで有名な街場の中華屋です。行ったことはなくとも、学大に住んでいれば、誰もが一度は目にしたことがあるはずです。昭和28年(1953年)創業。今年で62年目・・・

中華料理屋「ハルピン(哈爾浜/哈尔滨)」(西小山・武蔵小山・学芸大学)の肉汁あふれるちょっと変わった餃子がおいしかった~「ハルピン」のネオンが映る今はなき川を想う

西小山駅から徒歩約10分強、武蔵小山駅から15分弱、学芸大学駅から約15分。"例の五叉路"のすぐ近くにある中華料理屋「ハルピン(哈爾浜/哈尔滨)」。住宅街のど真ん中に忽然として表れるど派手な外観は、中華街、いや、中国・・・

街場の中華屋「ひふみ亭」(駒沢大学・学芸大学・都立大学)のママの料理は”懐かしい”で片付けてはいけないレベルの高さでした/呑川を少し散策

住所でいえば目黒区東が丘1丁目。呑川柿の木坂支流緑道(詳しくは後述)の一本裏手。区立東根小学校のすぐ近く。東京医療センターの裏手。成城石井 柿の木坂店からもすぐ。桃太郎寿司 駒沢店の向かいの路地(歩道橋の脇)を入ったとこ・・・

70年続く中華料理屋「中華飯店 三友軒 駒沢店」(駒沢大学)のパンチのきいたチャーハンと餃子とお母さん~三代目じゃ潰れない!

世田谷通りの世田谷駅前交差点から南下する「駒沢公園通り」。途中、駒留通り、弦巻通り、国道246号線、駒沢通り、上野毛通りと交差し、目黒通りとぶつかる交差点が終点です。駒沢公園通り沿いの、246と交わる駒沢交差点か・・・

大腸揚げ、モツスープ、羊串、鴨舌、黒酢酢豚……「黒猫夜(くろねこよる)銀座店」でクセのあるクセになる中華料理を満喫してきた

久々に「黒猫夜(くろねこよる)」に行ってきました。初めて行ったのは10年ほど前。赤坂見附に一号店ができた直後です。それから何回行ったかな。そういや、取材でも行ったなぁ。スポニチ:中国料理には中国酒 白酒(パイチュウ)・・・

弦巻通りの「らーめん 松楽」(三軒茶屋)で異彩を放っていたメニュー・モツ煮定食を食べてみたら、とてもおいしかった

世田谷区を東西に走る弦巻通り。西の終点はおそらく上用賀一丁目の交差点。Googleストリートビューで確認すると、「弦巻通り」という標識が建っている最終地点です。「弦巻通り」の基点はおそらく世田谷通りの西太子堂・・・

戦前から続く中華屋「龍華(りゅうか)」(三軒茶屋・駒沢大学)はまるで龍宮城。チャーハンもスープも餃子も王道のおいしさでした

街をフラついていて、私の心がかきむしられるもの。ショートカットの子、商店街の軒並み、赤提灯、バーの看板、街場の中華屋さん。龍宮城だw その先は楽園に決まってる。三軒茶屋駅と駒沢大学駅のほぼ中間。246の一本裏・・・