「ameco(アメコ)」(学芸大学)は種をまいている~深夜までやってるカフェバーは女性でもお酒が飲めなくても安心して来られます

学芸大学西口商店街をプラプラ3分ほど歩いて行くと韓国料理店「サランバン」の角に「ameco」のかわいい看板。看板の指し示す方向を見やると…サランバン、舌雅、やきとり天国、栄屋精肉店、市喜、ameco、鳥お・・・

「ダンラポッシュ/Dans la Poche」(学芸大学・祐天寺)の幻のカヌレは甘くて香ばしくて、パリッとしててしっとり。お酒に合うし、お酒が飲みたくなるカヌレです。

学芸大学駅から東口商店街を抜け、「四川麺条 香氣(こうき)」の交差点を左折。次の十字路を右折すると油面通りなのですが、「anea cafe」「セントラル」を通り越して真っ直ぐ行くと中央中通りにぶつかります。中央中通りを右・・・

学芸大学のテイクアウトできるお店34軒(マップ付き)~お花見・散歩・デートのお供、手土産におすすめの、持ち帰り・食べ歩きできる学大テイクアウトグルメ

東急東横線・学芸大学駅の周辺にはテイクアウトのできる、おいしいお店がいっぱいあります。しかも、ケーキ、パン、惣菜、お弁当と種類も豊富です。というわけで、今回はおいしくて楽しい学芸大学テイクアウトをご紹介します。・・・

「8ablish(エイタブリッシュ/Eightablish)」(学芸大学)のマフィンが持つおいしい具体性~ヴィーガンでグルテンフリーなマフィンとチーズケーキを碑文谷公園で食べながら考えた飲食における信頼性

学芸大学駅から徒歩7分。目黒通り方面へ抜けて行く住宅街に「muffins and coffee 8ablish(エイタブリッシュ/Eightablish)」というヴィーガンマフィンのお店があります(テイクアウトのみ)・・・

「タケノとおはぎ」(学芸大学・祐天寺)はオシャレでインスタ映えするおはぎなんだけど、見栄えだけじゃない。おばあちゃんの優しい気持ちも受け継がれた、まるで料理のようなおいしいおはぎです~中央中通りに関する所感

学芸大学駅、祐天寺駅から徒歩15分弱。中央中通りに「タケノとおはぎ」というおはぎの店があります。2018年2月7日にオープンしました。もともとは「イトシン電気」(2017年2月閉店)だった物件です。ガラス張りのキレイ・・・

「芋研(いもけん)」(学芸大学)はさつま芋のお菓子専門のテイクアウト店。焼き芋は衝撃的に甘くてスイートポテトのように滑らかです。芋けんぴ、大学芋は手土産にもピッタリ!

学芸大学駅から徒歩3分。西口商店街のauの角を左折した先に「芋研(いもけん)」というお店があります。芋けんぴ、大学芋、干し芋、焼き芋のテイクアウト専門のお店です。さつま芋研究所、略して「芋研」。2018年2月4日・・・

「暇を売る店」(学芸大学)はお酒も飲める喫茶店。ベリーショートなお姐さんが淹れるアイスカフェオレを飲みながら、常連さんたちの会話をBGMに暇を潰してみました。

学芸大学駅の西口を出て線路沿いをすぐ左へ。三井住友銀行を越えた先の路地を右へ。この筋に「暇を売る店」という喫茶店があります。学芸大学でもっとも変わった名前の飲食店w「お店が開きだすまで、どこかでお茶しようよ」・・・

「ネプチューン・ブルックリン(NEPTUNE BROOKLYN)」(学芸大学)はパキスタン出身の楽しい店主がやってる、パキスタンカレーもあるバーです。

学芸大学駅から徒歩1分。東口商店街方面の「十字街」に「ネプチューン・ブルックリン(NEPTUNE BROOKLYN)」というお店があります。もともとはクレープ屋として始まったのですが、そのうち金・土限定でバー・・・

「スタンドバインミー(Stand Bánh Mì)」(学芸大学)はバインミーがメインのベトナム料理店。姉妹店「333(バーバーバー)はカフェも併設したおしゃれなベトナム雑貨店。

学芸大学駅から徒歩3分。西口方面、「目黒 ひいらぎ」「芋研」「晩酌屋 一杯だけ」の前の細い筋、「炭火串焼き 中村屋」の隣に、「スタンドバインミー(Stand Bánh Mì)」というお店があります。2017年10月1・・・

「さんまるしぇ(Sun Marche)」(学芸大学)はパンや焼菓子がいっぱいある福祉ショップ。アマンディーヌ(下目黒福祉工房)がとんでもなくおいしかった。

学芸大学駅から徒歩15分弱。目黒通りの目黒四中交差点に「さんまるしぇ(Sun Marché)」という福祉ショップがあります。2011年6月25日にオープンしました。店名は落語「目黒のさんま」とフランス語で「市場」を意・・・