「大衆割烹 ひかり」(学芸大学)には優しさが溢れていて、ママさんも常連さんも素敵な方々ばかりでした。「ひかり」からもらえた幸せをずっと忘れずにいたい

hikari001

50代、60代のおじさんたちが集う店は、だいたいがいい店です。おじさんたちは安くてうまい、人のいい店に集うからです。この「大衆割烹 ひかり」もそう。初めて行きましたが、店に入った瞬間に、いい店だとわかります。学芸・・・

「絹の食卓」は原料に邪道感を抱いてしまうけど、バカにできないおいしさだった

somen_027

”絹”は大げさではなく、本当に細いです。この細さにより小気味のいいプチプチとした歯切れが生まれます。ゆで時間は表示では2分となっていますが、1分強で十分です。袋の中で束にはなっておらず、袋に目盛りがついていて、分量を・・・

「讃岐そうめん」(日清フーズ)は長い割に悪くない。だけど、あえてこれを選ぶ理由もない

somen_025

販売元は日清フーズ株式会社。歯切れは讃岐産の割にプチ感があるものの、基本はムニ。非常に長く、「長い素麺はまずい」という経験則が働いていたので、その割には悪くなかったという消極的感想しか持ちませんでした。いずれにせ・・・

「播磨の糸」のいい点をあえて挙げなければいけないなら、量がほどよいということくらい

somen_026

歯切れはムニプツ。かすかな芯を感じます。舌触りは滑らかではありませんが、不快というほどでもありません。とても食べごたえがあり、束が90gなのでほどよい量、というのがあえてのいい点。それ以外に特筆すべきことはありません・・・

くらしモアのそうめんは悲劇的なマズさだった

somen_024

ライフ、平和堂など19社が加盟するニチリウグループのプライベートブランド「くらしモア」。この「そうめん」は平和堂で買いました。コシもなければ歯切れも悪く、舌触りもダメ。粉っぽさも気になります。「トップバリュ」の素・・・

「麺匠庵 手延素麺」は歯切れと小麦の香ばしさが極上

somen_023

乾麵状態ではそこそこ細いのですが、ゆでると太めに仕上がります。しかし、手延べそうめんのよさである歯切れはしっかりと残っていて、舌触りも滑らか。小麦の香ばしさもよく出ています。とてもおいしいです。塩気がしっかりとつ・・・

こだわりが感じられる力強い素麺「伝統手延べ 三輪素麺」

somen_021

「麦坐(むぎくら)」がブランド名だと思われます。「労働大臣認可 技能検定合格 手延べ第六号」「製麺技能士 薮田良浩 監修」と銘打たれています。小麦の風味、歯切れともに非常に力強い素麺です。「2分でしんがなくなる」・・・

色つき素麺「華色そうめん」は全体的に重い印象

somen_022

全体的に重いです。歯切れはムチっと重く、まとわりつくような舌触りも重い。ついでに食後の胃も重い。ゆで時間は1分30秒ほどがいいと感じましたが、それでもおいしいとは言いづらく…。色つきの素麺はおしなべて微妙ですね。・・・

京王百貨店で購入した「讃岐そうめん」は高級感あふれるパッケージ

somen_020

販売者は株式会社エース。日本全国の百貨店等に出店している会社です。ですから、ある意味でこの「讃岐そうめん」はPB的な商品と言えそうです。パッケージにはチャックがついていて、高級感があります。このあたりも百貨店向け・・・

まんぷく苑の「ネギハラミ」はおかしいくらいにおいしい。だけど、それでいいんです!

manpukuen_001

勝ちどきの駅が新しくなる前からこの場所にあった、老舗の焼肉屋「まんぷく苑」。名物はなんといっても、このネギハラミでしょう。雪山のごとくネギが乗っています。ハラミのうまみがギュッと凝縮されていて甘く、だけどネギとレ・・・