「千本ラブ」(学芸大学)の京都串カツは衣にダシがきいていて薄めで上品。自分で作るポテサラがおいしかったです。

学芸大学駅から徒歩2分。東口商店街方面の十字街に「千本ラブ」という串カツをメインとした居酒屋があります。2018年8月8日にオープンしました。中目黒の居酒屋・京家 KARASUMAEXILE TRIBE STATION TOKYOの2階)の姉妹店です。

センボン ラブは京都にあった商店街の名前なのですが、そのあたりのことはまた後ほど。

デニムにキャスケット。あるいは黒いシャツにキャップ。串カツ屋のイメージとはギャップのあるユニフォームが面白いですね。

もともとわたる商店だった場所。手は加えられていますが、ほぼ居抜き。テーブル席が減ったせいか、前店よりも広く感じますが、やっぱり圧迫感があるのは否めません。長細いからか、壁・床・テーブルの色合いか、なんだろうな。

こちらがメニュー。串カツ、串揚げ、おばんざい、煮込みと並んでいます。フォントにメリハリがなく見づらいメニューデザインはオープン当初によくありがちw まだオープン4日目。内容ともども今後変わっていくことでしょう。

日本酒が結構そろってますね。

22時以降は深夜チャージがあります。居酒屋ではあまり見かけないシステムです。

串カツはこのように注文。串カツ以外も下に書いてくれと言われました。

京都名物白味噌モツ煮込み(480円)。入っていたのはセンマイ、ハチノスとあと一種くらいあったような。牛モツです。甘辛くて濃厚。ダシもしっかり。


自家製チャーシューと煮卵、煮じゃがのホクホクポテサラ(500円)。串カツ田中の自分で作るポテサラですな。

ジャガイモに甘み・うまみがあります。なんだろう。チャーシューもいいし、ボリューミー。

手羽中の甘辛揚げ(300円)。かなり濃い甘辛。

京都串揚げの大根煮(揚げ出し風)(250円)。確かに揚げ出しの味わい。超熱いので要注意。


豚串カツ(80円)、オクラ(100円)、茄子(80円)、玉ねぎ(120円)、ウィンナー(120円)。

ソースはいわゆる"二度漬け禁止"のタイプではなく、こうしてかけます。小ぶりで衣は薄め、サクッと軽い。油っこいものはあまり…という方でも食べやすいかもしれません。

最後にウィンナーを食べた瞬間。おや?となりました。これまでは感じなかったのですが、ウィンナーには衣にしっかりとした味がします。なんだ?

「衣に塩かなにかをかけてます?」

「ダシを混ぜてます」

なるほど。ただ、ウィンナーにだけ塩味(えんみ)のようなうまみのようなものを強く感じました。なんでだろう。私の感覚が鈍かったということか。……あ。

出汁を効かせた衣とソースで出汁のダブルパンチ!これぞ京都串カツ!

オープニングのチラシに書いてあったや。こういう説明、店内にはなかったよなぁ。

今回頼んだものがたまたまそうだったのか、あるいは全体的にそうなのか、味付けは濃いめでした。そして、ダシがしっかりしてるなぁという印象。おいしかったです。

ところで、串カツ田中はキャベツがおかわり自由です。串は大ぶりでガッツリで、チンチロリンもあるし、子供向けのサービスも充実。ソースに漬けるというアトラクション性も楽しい。

いちいち串カツ田中と比べられるのも本意じゃないかもしれませんが、現実的にそう見られるに決まってます。だとするなら、もっと「大阪の串カツと京都の串カツはここが違う」「ここが京都串カツのいいところ」「串カツ田中とウチはここが違う」といったアピールをしたほうがいいような。文言でも料理自体でも。

おそらく京都ラブ、千本ラブなのでしょう。ただ、ほとんどの人がセンボン ラブを知らないわけです。少なくとも私は初めて聞きました。商店街・センボン ラブから車で5分ほどのところが本籍地であるにも関わらず。京都府向日市で生まれたにもかかわらず。

かといって「千本ラブ」という店名の意味、そこに込められた想いが説明されているわけでもなく、料理にそれらしさが色濃く出ているとも感じられず、客としてはなんだかモヤッとした気分にさせられましたw

まあでも、重要なことは学大ラブになれるか、客ラブになれるかどうかでしょう。さて、いかに。今後どうなっていくか注目していきたいと思います。

DATA
店名千本ラブ
住所東京都目黒区鷹番2-20-4 学大十字街ビル105
電話番号03-6303-0800
営業時間17:00~24:00
URLインスタグラム

京都西陣のセンボン ラブ

画像転載元/西陣千本商店街:千本商店街の歴史 今と昔

センボン ラブはかつての商店街の名前です。

西陣千本商店街振興組合(ラ・ヴィタ千本)

千本通は平安京の朱雀大路にあたる。西陣機業地とかっての歓楽街、上七軒、五番町を後背地にもち庶民的商店街として賑わった。昭和47年の市電撤去に伴いアーケードを完成。そのアーケードも平成六年、街並みを一新し撤去した。ちなみにヴィタとはイタリア語で生活・暮らしのこと(ラは定冠詞)。明るく健康的な街づくりを目指している。近くには西陣織のすべてがわかる西陣織会館がある。

出典/京都観光Navi

京都西陣。 千本通の今出川から中立売あたりまで「西陣千本商店街」という商店街があります。 戦前から西陣織の隆盛とともに映画館をはじめ西陣で働く人の娯楽の場として賑わいました。 昭和47年に市電千本線が廃止されるとそれまで路側帯だけだった歩道にアーケードを設け商店街の名前も「千本ラブ商店街」といういささかトホホな名前に変わりました。 そのアーケードが設けられた歩道は三色のカラータイルで舗装され当時「京都の夜」というムード歌謡曲をヒットさせた#愛田健二 歌うところの「千本ラブの歌」が流れる名前に負けないトホホな街に生まれ変わりました。 アーケードは一部の商店街に加盟してない店の前だけ欠損してるしカラー歩道は雨の日に滑って転ぶ人が続出。 高校の数学の先生、あっちゃんは千本今出川のバス停でバスから降りた直後に転倒骨折。 歩道の舗装全面やり変えは予算が無かったのか歩道中央部だけモスグリーンのアスファルトを盛って滑り止めして不細工極まりなし。 折から西陣織の斜陽化も拍車をかけシャッター商店街化必至とおもわれましたが・・・どなたの英断か閉鎖的な感じがするアーケードを撤去し水捌けの良い歩道に変え、名前もラ・ヴィタ千本と少しオサレに変えて今に至っています。 その#千本ラブの歌 ですがはじめのムード歌謡調が不評だったのでしょう。 何年か経ったころ同じ歌詞、同じ歌手でポップな感じにリメイクされました。 それもたいがいですが😅 #まんまるちーの #ギター弾き語り #千本ラブ #千本ラブ商店街 #千本ラブの歌

まるちゃんさん(@maruchan3012)がシェアした投稿 -

詳細は不明ですが、昭和47年(1972年)~平成6年(1994年)あたり、アーケードのあった頃の商店街がセンボン ラブだったのかもしれません。

現在の西陣千本商店街をストリートビューで見てみました。広い通りに交通量はあるものの、商店はまばらでシャッターの閉まっている物件も多く見られます。

活気のあった70年代~80年代ごろの故郷の商店街・センボン ラブへの憧憬の念が店名に表れているのでしょうかね。はたまた、センボン ラブに対してなにか具体的に強い想いがあるというよりも、70年代、80年代に対するふんわりとしたノスタルジーみたいなものを「千本ラブ」という言葉に店主が感じているのか……。

上のインスタの方は「トホホ」とおっしゃってますが、語感の妙な面白さ、楽しさはあると思いますけどねw

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ