「極細 手延べそうめん 寒製作り」(長崎県有家手延素麺協同組合)は針のように細く、力強い歯切れ・コシが心地いい素晴らしい素麺でした。

gokuboso-arie-somenの画像

長崎県有家手延素麺協同組合の「極細 手延べそうめん 寒製作り」。西友 三軒茶屋店で購入しました。

gokuboso-arie-somenの画像

250g(5束)で267円(税込)でした。一般的には300g(6束)の素麺が多いので、300gに換算すると320円。「揖保乃糸 上級品」は280円ほどなので、ちょっと高めですか。

gokuboso-arie-somenの画像

パッケージの上から見ただけでも細いことがわかります。香りは柔らかく甘い。手に取ると細さが一層よくわかります。まるで針のよう。いろいろなそうめんを食べてくると、これだけでおいしいことがわかります。

茹で時間は1分15秒~1分半となっています。1分強で上げました。

gokuboso-arie-somenの画像

ブチブチブチッ。力強くも小気味のいい歯切れ。穏やかな小麦の風味。すごい。うまい。これはやばい。おいしいし、この強いコシ・歯切れは私の好み。口内が楽しい。これだよこれ。そうめんの醍醐味はこれ。

太さを基準にするなら「揖保乃糸 特級品」と比べるべきでしょうけど、特級品は一気に値が上がります。値段を基準にするならスタンダードな「揖保乃糸 上級品」と比べてもいいでしょう。だとするなら、この「極細 手延べそうめん」は確実に「揖保乃糸 上級品」を越えています。もし、両者がスーパーにあれば、私は絶対に「極細 手延べそうめん」を選びます。だって、値段は同じくらいで、断然こっちのほうがおいしいんだもん。

この細さは相当な手間と技術を要します。なのにこの値段は逆にどうかと思うくらい。

gokuboso-arie-somenの画像

パッケージ裏には番号。もしこの「46」が製造者番号だとするなら、生産者は松嶋由幸氏。松嶋さん、100種以上の素麺を食べてきた人間から言わせてもらいます。これは素晴らしい素麺です。

ぜひぜひ、一度買ってみて下さい。「揖保乃糸 上級品」を越えてます。これがおいしい素麺なんです。

限りなく星6に近い星5を進呈します。ありがとう。ごちそうさま。

ついでにもうひとつ。生産者の顔を見せている長崎県有家手延素麺協同組合のホームページも素晴らしいです。それだけの責任と自信をもって、そうめんを作っているということでしょう。その姿勢にも感服です。

DATA
名称極細 手延べそうめん 寒製作り
原材料名小麦粉、食塩、綿実油、ごま油、コーンスターチ
製造者長崎県有家手延素麺協同組合
評価★★★★★

gokuboso-arie-somenの画像成城石井 長崎県島原産 寒製づくり 手延べ素麺 300g

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ