「揖保乃糸 平づくり」は平べったくて独特な食感のそうめん。舌触り、喉ごしが楽しくて、薬味や具、汁がよくからみます。

ibonoito-hiradukuri-somenの画像

揖保乃糸にはいくつもの種類があります。小麦粉の質や細さ、製造時期などの違いによってわかれています。そんな揖保乃糸シリーズに2015年に加わったのが「揖保乃糸 平づくり(ひらづくり)」。

このピンクがなんかいいねw 夏祭り的賑やかさがあって。

ibonoito-hiradukuri-somenの画像

その名の通り、平たいです。素麺の形に関する規格はないので、直径(この場合は幅といった方が適切かw)が1.7mm以下であれば手延べそうめんと称することができます。

どうでもいいのですが、スマホのカメラが変わったから、写真が超きれいw

ibonoito-hiradukuri-somenの画像

茹で時間は約2分と表示されています。1分半ほどであげました。

ibonoito-hiradukuri-somenの画像

最初は何もつけず、そのまま食べました。いやぁビックリ。歯切れ・コシはそこまで強くありません。優しめ。面白いのが食感です。なんだろう。不思議。そうめんでもひやむぎでもきしめんでもない。けど何かに似てるような……。

あ! 日清のカップヌードル! あの感じ。あくまでも食感、舌触り、喉ごしの話ですよ。平たい素麺が舌に触ると、得も言われぬ気持ちよさ。おいしいし楽しいなこりゃ。

今回は、薄めの麺つゆで和え、納豆、黄身をトッピングしてみたのですが、平たいせいか、これらがすごくよく絡みます。

これはいいですよ。特にいろいろ素麺を食べてきた、素麺を食べ比べているという人に絶対おすすめ。他にはない独特な食感が新鮮で、「ここのところ立て続けにそうめんで、正直ちょっと飽きてきた」なんて人にぜひお勧めしたい。

ナチュラルに平べったいそうめんはありましたが、意識して平たく延ばし、それをウリにしている素麺は初めてでした。目先が変わってとてもいい。私はsanwa(スーパー三和) 祐天寺店で見つけました。もしどこかで目にしましたら、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

素麺 揖保乃糸 特級品 50g×20束

DATA
名称揖保乃糸 平づくり
原材料名小麦粉、食塩、食用植物油
製造者兵庫県手延素麺協同組合
評価★★★★☆

記事のシェアはこちらから

こちらの記事もあわせてどうぞ