セブンイレブンの「そうめん」は笑えるほどまずい。素麺にそれほどおいしい・まずいの差があるの?という方にお勧めです。まずい素麺がどれほどのものかを体験できるいいサンプルなので。

おそらく日本全国のセブンイレブンで売っているであろうセブン&アイグループと藤原製麺(株)の共同開発商品、つまりはセブンイレブンのプライベートブランドの素麺「そうめん」。360gで188円。かなり安いです。

まあ、間違いなくまずいはず。食べる前、いや、買う前からわかります。けど、セブンイレブンは全国にありますからね。これがもしまずかったら、"被害"の範囲も相当に広くなります。ここは私が人身御供となり、しっかりとレポートせねば……変な"正義感"が「そうめん」をレジへと運ばせましたw

折れている素麺も多く、これだけでダメなことはわかるのですが、この画像をご覧下さい。テーブルに白い粉が落ちてますよね。こうして袋から出しただけでも粉が落ちる。それだけ麺が弱いということ。悪い予感が的中する期待感に胸を弾ませます。

まずい素麺は茹でる段階でもわかります。お湯の中でかき混ぜると、箸にまとわりつくような重さがあるのです。この素麺もそう。きたきたw

茹でた素麺は冷水で洗うようにしっかり冷やします。

まずはひと口、そのまま食べてみます。うん、想像通りw ヌメっとした舌触り。ドロッとした食感。コシは一切なく、もったり。濃いめの麺つゆをたっぷりつければ、麺つゆでまずさをわずかに誤魔化せ、かろうじて食べ進められます。これは素麺ではありません。小麦粉を伸ばして乾燥させた、笑えるほどまずい何か。

製造は藤原製麺(株)。公式サイトを見てみると、藤原製麺は永谷園の子会社でした。永谷園と言えば、「永谷園のそうめん」。これもクソまずいのですが、なるほど同じ会社(or系列企業)でしたか。納得納得。

普段、セブンイレブンに行くという人も多いかと思います。もしかしたら、この「そうめん」を目にする人もいることでしょう。けど、間違っても手を出さないで下さい。

この世にまずい素麺があるということをご存じなく、それが一体どれほどのものか、怖いもの見たさに体験してみたい、そんな方にはお勧めです。

トップバリュの素麺よりもほんの少しマシに感じたということで、星0.2を与えたいところではありますが、星に小数点はないので、今回も余裕で星ゼロ。永谷園系はこれで2冠達成!

DATA
名称そうめん
原材料名小麦粉、食塩
製造者藤原製麺株式会社
評価☆☆☆☆☆

記事のシェアはこちらから